MENU

HONDA

検索

Round15タイタイGP

MotoGP

チャーン・インターナショナル・サーキット

第15戦 タイGP

マルク・マルケス、最高峰クラス4連覇なるか

10月4日から6日までの3日間、タイのチャーン・インターナショナル・サーキットで、第15戦タイGPが開催されます。チャーン・インターナショナル・サーキットは、2015年にスーパーバイク世界選手権(SBK)が行われ、MotoGPは18年に初回大会が行われました。今年が2回目の開催となります。

チャーン・インターナショナル・サーキットは、首都バンコクから東に約400kmの場所に位置します。カンボジア国境に面するブリーラム県にあり、コースは一周、4.554km。前半区間はロングストレートが続き、中盤から後半にかけては中速コーナーが続くテクニカルセクションとなります。パッシングポイントの少ない難しいレイアウトのため、予選から激しい戦いが予想されます。

14戦を終えて総合首位のマルケスは、総合2位のアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)に98ポイント差をつけ、タイトルに王手をかけた状態で今大会を迎えます。マルケスは昨年、72ポイント差でタイGPを迎え、決勝レースでドヴィツィオーゾとのし烈な優勝争いを制し、タイトル獲得に王手をかけました。今年は最高峰クラス4連覇、通算6回目のタイトル獲得に世界中が注目することになります。

昨年は、最高気温が32℃、路面温度が49℃という厳しい条件の中でレースが行われました。マルケスは、予選、決勝ともにすばらしい走りを見せてポールトゥウイン。初開催のMotoGPを見ようと集まった10万人を超える大観衆を魅了しました。今年は14戦を終えて8勝を含む13回の表彰台獲得と安定した戦いを続けてきました。今大会もRC213Vのパフォーマンスを存分に発揮し、大会2連覇とタイトル獲得に挑みます。

14戦を終えて総合9位のカル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)は、昨年の大会ではタイヤのパフォーマンスをうまく引き出せませんでしたが、厳しい状況の中で7位とまずまずの結果を残しました。フリー走行は3番手と好調なスタートでしたが、最終的に、暑さと厳しい路面コンディションにセットアップを合わせ切れませんでした。今年は昨年の課題を参考にセットアップを進め、RC213Vのパフォーマンスを引き出し、今季3回目の表彰台獲得に挑みます。

中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は、後半戦に入って、さらに大きなステップを刻む意気込みです。昨年の大会では、レース序盤に転倒を喫し、再スタートを切りましたが22位という残念な結果でした。フリー走行、予選はまずまずの内容だっただけに悔しい結果でした。今年は昨年の経験を活かし好リザルトを目指します。そして、ホームグランプリとなる次戦日本GPに向けて勢いをつける意気込みです。

ケガから復帰4戦目となるホルヘ・ロレンソ(Repsol Honda Team)は、体調も徐々に回復しており、今大会はベストリザルトを目標に挑みます。ドゥカティで参戦した昨年は、初日のフリー走行で転倒を喫し大会を欠場しました。今年は、フリー走行、予選、決勝と着実に前進していく意気込みです。

 

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 総合1位)
「アラゴンはすばらしい週末になりました。ホームの観客の前で優勝できてとてもうれしい気持ちになりました。この自信とエネルギーをタイでもキープし、力強い週末にしたいと思います。環境が変わってもレースウイークへのアプローチは変わりません。日曜日の決勝レースで、できる限り強くなれるように自分の仕事をします。昨年のタイGPはとてもエキサイティングなレースになりました。今年もファンのためにいいレースができることを願っています」

カル・クラッチロー(MotoGP 総合9位)
「ミサノに比べて、アラゴンではかなりいいレースができました。引き続きタイGPとそれに続く遠征シリーズで前進できることを願っています。昨年は力強いレースができたので、今週末もいいレースができると思います。マシンのブレーキングと自分の走り方を活かせれば、いくつかのコーナーでアドバンテージを築けると思います。Hondaとチームのスタッフは、いつもすばらしい仕事をしてくれています。みんなの努力が結果に反映されることを願っています」

中上貴晶(MotoGP 総合12位)
「ヨーロッパを離れての遠征戦は、僕にとって本当に重要なレースになります。前戦アラゴンGPを終えて、いったん日本に戻り、それからタイに向かいました。短い移動なので、時差ぼけも少なくて済みます。タイのサーキットは好きです。とてもシンプルなレイアウトですが、簡単ではありません。しかし、Hondaとは相性がいいサーキットだと思います。天候と路面コンディションに合うベストな戦略を見つけたいと思います。目標はすべてのセッションでトップ10に入ることです。チャンスがあれば、決勝ではトップ6かトップ7を狙います。これが今週末の目標です。いい天気になることを願っています」

ホルヘ・ロレンソ(MotoGP 総合19位)
「昨年のタイGPはあまりいい週末ではありませんでした。大きな転倒をしてしまい、レースに出られなくなってしまいました。今年はレースを完走したいと思います。昨年のマルク(マルケス)の走りを見るとマシンはこのサーキットとの相性もよく、いいレースができると思います。アラゴンは難しいレースでしたが、今週末はいい週末になることを願っています。プラクティスセッションで、ペースがよくなってきていることを感じています。このポテンシャルを発揮することが、今大会の目標です」

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2019 第15戦 タイGP MotoGP プレビュー

ニュース