MENU

HONDA

検索

Round06イタリアイタリアGP

MotoGP

2019.06.02(日)

ムジェロ・サーキット
天候:晴れ
気温:29℃
コースコンディション:ドライ
観客:8万3761人(3日間:13万9329人)

第6戦 イタリアGP

し烈な優勝争いでマルケス2位。優勝を逃すもチャンピオンシップのトップを守る

第6戦イタリアGPは、連日、好天に恵まれ、決勝日は最高気温が29℃、路面温度が49℃ともっとも厳しい条件となりました。夏の到来を感じさせるその暑さの中で、今季4回目のポールポジション(PP)から好スタートを切ってトップグループに加わったマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、ホームグランプリに闘志を燃やすダニーロ・ペトルッチ、アンドレア・ドヴィツィオーゾのドゥカティ勢とし烈な優勝争いを繰り広げ、2位でフィニッシュしました。最終ラップの1コーナーで、マルケスとドゥカティ勢2人の3人が並んだシーンは、ムジェロに集まった8万3千人のファンを興奮させました。今大会、順調にセットアップを進めたマルケス。2014年以来の優勝の期待が膨らみましたが、わずか、0.043秒、届きませんでした。

5年ぶりの大会制覇と今季4勝目は逃しましたが、総合2位のドヴィツィオーゾに先着したことで、12ポイント差へと広げ、総合3位で今大会4位のアレックス・リンス(スズキ)との差も、27ポイントへと広げました。

予選10番手から決勝に挑んだ中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)が、好スタートを切ってオープニングラップ6番手。グランプリ2年目にして初めてトップグループに加わると、最終的に5位でフィニッシュしました。昨年のバレンシアGPの6位をしのぐベストリザルトとなった中上は、今シーズン初めてインディペンデントチームライダーのトップでフィニッシュ。チームのホームグランプリで好走をみせ、スタッフも大喜びでした。

予選6番手から決勝に挑んだカル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)は、好スタートを切ってトップグループに加わるも、中盤になってタイヤの消耗に苦しみ、8位に終わりました。ヨーロッパラウンドに入って3戦連続で優勝戦戦に加われなかったクラッチロー。次戦カタルニアGPの雪辱に闘志を燃やしていました。

予選17番手と厳しいグリッドから決勝に挑んだホルヘ・ロレンソ(Repsol Honda Team)は、粘り強い走りをみせて13位でチェッカーを受けました。ロレンソは、最高峰クラスで3度のタイトルを獲得。イタリアGPで6回の優勝をしています。それだけに13位というのは厳しい結果となりましたが、次戦カタルニアGPに向けて、チーム一丸となって改善に取り組みます。

 

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 2位)
マルク・マルケス 「今日は守りのレースをしました。このサーキットはあまり相性がよくありませんが、最後までベストを尽くしました。落ち着いて、最終ラップまで勝負のときを待ちました。しかし最終ラップの1コーナーでミスをしてしまい、2人にオーバーテイクされてしまいました。今日のペトルッチはとてもいい走りをしていました。優勝したペトルッチにおめでとうと言いたいです。今日のレースの目標はドヴィツィオーゾとリンスの前でフィニッシュすることでした。それができたのでうれしいです。Moto2クラスで優勝した弟のアレックスにもおめでとうと言いたいです。彼もすばらしいレースをしました。Repsol Honda Teamは、今大会も優勝争いができるように一生懸命取り組んでくれました。感謝しています」

中上貴晶(MotoGP 5位)
中上貴晶 「今日はいいスタートが切れました。そのおかげで1コーナーでは、思い通りのラインを通ることができてポジションを上げることができました。その後も落ち着いて、力強い走りができました。ペースは、全体的にそれほど速いものではありませんでしたが、トップグループについていくのはさすがに簡単ではありませんでした。しかし、今日はカル(・クラッチロー)についていったことで、いいリズムをつかむことができました。ストレートでは厳しい走りになりましたが、今回はセクター2とセクター3でとてもいい走りができていたので、その区間でトップグループのライダーたちとの差も縮めることができました。今大会は予選を終えた時点で前後ミディアムで行くことに決めました。タイヤの選択に迷いがなかったことも、強い気持ちでレースを戦えた要因でした。今日は初めてトップグループで走れたことで、自分の速いパート、そうでないパートをしっかり見ることができました。今日の経験を、次戦以降、しっかり活かしたいです。今大会はチームのホームグランプリだったので、自己ベストはもちろん、インディペンデントチームライダーの中でトップでゴールできたことで、少しは期待に応えられたかなと思っています。グランプリに来てから、今日は1番いいレースになりました。すばらしいバイクに仕上げてくれたチームに感謝しています」

カル・クラッチロー(MotoGP 8位)
カル・クラッチロー 「今日はとても難しいレースでした。今シーズン一番ひどいレースだったかもしれません。トップグループで走行していましたが、そこからポジションを落としてしまいました。昨年まで、このようなレースはあまりなかったと思います。とにかく、切り返すときのマシンのフィーリングがよくありませんでした。これは今週末ずっと抱えていた問題です。そのため切り返しで力強い走りができませんでした。残り14周くらいで、リアタイヤがかなり消耗してきて、自分のペースをキープすることができませんでした。レース後にチームやミシュランと状況を確認したところ、リアタイヤのラバーに異常が見つかりました。なぜこうしたことが起きたのか、ミシュランが調査してくれると思います。厳しいレースでした。思っていたような結果ではありませんでしたが、ポイントを獲得できてよかったです」

ホルヘ・ロレンソ(MotoGP 13位)
ホルヘ・ロレンソ 「今日は思った通りのレースとなりました。速いペースで走ることができず、マシンもあまり快適ではありませんでした。ウォームアップで調整し、少し改善した部分もありますが、期待以上でも以下でもありませんでした。しかし、僕もHondaもあきらめずに解決策を探します。これから日本に行ってHondaとマシンを改善するための仕事をして、次戦に向けて準備をします」

MotoGP リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
19D.ペトルッチドゥカティ41'33.794
293マルク・マルケスHonda+0.043
34A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+0.338
442A.リンススズキ+0.535
530中上貴晶Honda+6.535
612M.ビニャーレスヤマハ+7.481
751M.ピッロドゥカティ+13.288
835カル・クラッチローHonda+13.937
944P.エスパルガロKTM+16.533
1020F.クアルタラロヤマハ+17.994
1141A.エスパルガロアプリリア+20.523
1236J.ミルスズキ+20.544
1399ホルヘ・ロレンソHonda+20.813
1417K.アブラハムドゥカティ+27.298
1529A.イアンノーネアプリリア+28.051
1688M.オリベイラKTM+30.101
175J.ザルコKTM+41.857
RT43J.ミラードゥカティ+8Laps
RT63F.バニャイアドゥカティ+12Laps
RT55H.シャーリン KTM+14Laps
RT46V.ロッシヤマハ+16Laps
RT21F.モルビデリヤマハ+18Laps
RT53T.ラバトドゥカティ-

MotoGP ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
193マルク・マルケスHonda115
24A.ドヴィツィオーゾドゥカティ103
342A.リンススズキ88
49D.ペトルッチドゥカティ82
546V.ロッシヤマハ72
643J.ミラードゥカティ42
735カル・クラッチローHonda42
812M.ビニャーレスヤマハ40
930中上貴晶Honda40
1044P.エスパルガロKTM38
1121F.モルビデリヤマハ34
1220F.クアルタラロヤマハ31
1341A.エスパルガロアプリリア27
1499ホルヘ・ロレンソHonda19
1536J.ミルスズキ12
165J.ザルコKTM10
1751M.ピッロドゥカティ9
1863F.バニャイアドゥカティ9
1988M.オリベイラKTM8
2029A.イアンノーネアプリリア7
216ステファン・ブラドルHonda6
2217K.アブラハムドゥカティ2
2355H.シャーリン KTM2
2453T.ラバトドゥカティ2
2538B.スミスアプリリア0

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1Honda121
2ドゥカティ115
3スズキ88
4ヤマハ88
5KTM38
6アプリリア31

チーム

順位 チーム 総合ポイント
1MISSION WINNOW DUCATI185
2Repsol Honda Team134
3Monster Energy Yamaha Moto112
4Team SUZUKI ECSTAR100
5LCR Honda82
6Petronas Yamaha SRT65
7Pramac Racing51
8Red Bull KTM Factory Racing48
9Aprilia Racing Team Gresini34
10Red Bull KTM Tech 310
11Reale Avintia Racing4

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース