MENU

HONDA

検索

2018年10月16日(火)

中上貴晶選手、2019年もLCR Honda IDEMITSUから参戦

中上貴晶選手、2019年もLCR Honda IDEMITSUから参戦

FIMロードレース世界選手権(MotoGP)MotoGPクラスに「LCR Honda IDEMITSU(エルシーアール・ホンダ・イデミツ)」より参戦中の日本人ライダー中上貴晶が、2019年シーズンも引き続き、同チームより参戦することが決まりました。

中上貴晶は、2012年にMoto2クラスへ初参戦。Hondaが進めてきた、世界で活躍するアジア人ライダーを育成する取り組みの一環として、2014年からは「イデミツ・ホンダ・チーム・アジア(IDEMITSU Honda Team Asia)」より参戦し、これまでに2回優勝をしました。
2018年は、MotoGPクラスに昇格し、LCR Honda IDEMITSUより参戦。現在ランキング20位(第15戦終了時点)につけ、ルーキー・オブ・イヤーの獲得を目指しています。

※ FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称

コメント

中上貴晶選手 | LCR Honda IDEMITSU「2019年もLCR Honda IDEMITSUでMotoGPに参戦できることを、本当にうれしく思います。多大な支援をいただいている出光興産さま、私を信頼して、戦える環境を用意してくれるHonda、HRCには感謝してもしきれません。LCR Honda IDEMITSUはプロフェッショナル集団で、最高峰クラスへのデビューシーズンに臨んだ私にとっては、最高のチームでした。代表のルーチョ、そしてチームクルーたちと引き続き戦えることがとてもうれしいです。新シーズンが待ちきれない思いですが、今週末のもてぎでのホームレース、そしてシーズン残りの戦いにも集中してがんばっていきます」

ルーチョ・チェッキネロ | LCR Hondaチームプリンシパル&CEO「中上選手の最高峰クラスデビューシーズンをともに戦えることは光栄でしたので、出光興産さま、ならびにHondaとHRCが中上選手への支援を来シーズンも継続してくれることを本当にうれしく思います。MotoGPクラスへのデビューはライダーにかなりの苦労を強いますが、タカ(中上選手)は非凡な才能と学習意欲を発揮し、ルーキーの中では最高レベルの走りを見せてくれています。チームを代表して、出光興産さま、Honda、HRCへ感謝するとともに、タカとの新たな挑戦を成功させるべく全力を尽くします」


■中上貴晶(なかがみ たかあき)選手のプロフィール

生年月日 1992年2月9日 26才
出身 千葉県
身長・体重 174cm・64kg

■主な戦績

2011年 全日本ロードレース選手権 J-GP2 チャンピオン
2012年 MotoGP世界選手権Moto2 15位
2013年 MotoGP世界選手権Moto2 8位
2014年 MotoGP世界選手権Moto2 22位
2015年 MotoGP世界選手権Moto2 8位
2016年 MotoGP世界選手権Moto2 6位
2017年 MotoGP世界選手権Moto2 7位
2018年 MotoGP世界選手権MotoGP 20位(第15戦終了時点)

■LCR Honda

チームプリンシパル&CEO ルーチョ・チェッキネロ (Lucio Cecchinello)
設立 1996年
チーム拠点 モナコ公国
モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  中上貴晶選手、2019年もLCR Honda IDEMITSUから参戦