MENU
HONDA
検索

ROUND 13

サンマリノサンマリノGP ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ 2017.09.08(金)・1日目フリー走行

第13戦 サンマリノGP

ジャンアントニオが初日トップタイムを記録

2017年9月8日(金)・フリー走行
天候:晴れ  気温:26℃  コースコンディション:ドライ

Moto3クラスは、ホームグランプリに気合満点のファビオ・ディ・ジャンアントニオ(Del Conca Gresini Racing Moto3)が今季初のトップタイムをマーク。予選では初のフロントローを狙います。ホームで絶好のスタートを切ったジャンアントニオは、この日は単独走行でベストタイムをマークし、自信を得ることに成功しました。

2番手にはチームメートのホルヘ・マルティンで、ところどころウエットパッチが残り、路面コンディションが微妙だった午前中の走行をキャンセル。完全ドライコンディションとなった午後のセッションではチームメートと僅差の2番手につけました。3番手には、一昨年の大会で初優勝を達成したエネア・バスティアニーニ(Estrella Galicia 0,0)で2戦連続表彰台と今季初優勝に向けて絶好のスタートを切りました。

上位3位までを独占したHonda勢。以下、5番手には総合3位のロマーノ・フェナティ(Marinelli Rivacold Snipers)、6番手には総合首位のホアン・ミル(Leopard Racing)、8番手には総合2位のアーロン・カネット(Estrella Galicia 0,0)と、トップ10に6台のHonda勢が名前を連ねました。

以下、チームのホームグランプリに気合を入れている鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が16番手、鳥羽海渡(Honda Team Asia)が21番手、佐々木歩夢(SIC Racing Team)は25番手でした。

コメント

ファビオ・ディ・ジャンアントニオ(Moto3 1番手)
「フリープラクティスで素晴らしパフォーマンスができました。このサーキットは自分にとっては常に難しいところだったので、今日のパフォーマンスには少し驚いています。今日は素晴らしいラップタイムを出すことができました。最初からマシンは快適でした。一人で走ってタイムを出すことができました。もっと前進できると思います。予選は、特に終盤のアタックで少し頭をつかわなければなりません。でもこのスピードを維持できれば、スリップストリームを使わなくてもいい予選結果を出せると思います」

ホルヘ・マルティン(Moto3 2番手)
「ポジティブな日でした。まず、足の痛みは少なくなりました。まだ自分が思うようにリアブレーキを使うことはできませんが、満足しています。ブレーキングをもっと改善しなければなりません。今日は5月下旬に行ったテストのときほど戦闘的ではありませんが、最初のアタックではスリップを使って1分43秒5を出しました。この方向性で引き続き取り組み、日曜日に優勝できるようにしたいと思っています」

エネア・バスティアニーニ(Moto3 3番手)
「前夜からの雨のためにFP1は、まだ路面が濡れているところがあってグリップがよくありませんでした。そういう状況の中で4周目の8コーナーで転倒してしまいました。幸いにもケガもなく、午後のセッションでは順調にタイムを短縮して3番手で終えることができました。まだまだ改善の余地があるので、明日も引き続き、セットアップに集中したいです」

鈴木竜生(Moto3 16番手)
「午前中は路面にウエットパッチが残っている中途半端なコンディションだったので思ったように走れませんでした。そのためFP2がFP1のようになって、いろいろ試さなくてはいけなことがあり思うようにタイムを出すことができませんでした。ミサノは夏休み中にテストしているので、そのときのデータを比較しながらの一日になりました。今日はトップから1秒差だったので、明日はトップから0.3秒差くらいまでつめていきたいですし、トップ10を目標にしたいと思います」

鳥羽海渡(Moto3 21番手)
「ここは5月に2日間のテストをしているので、走り出しから順調でした。5月のテストはコンディションがあまりよくなかったのですが、コース攻略に時間はかからなかったし、初日としてはまずまずだったと思います。マシンもオーストリアGPでベースのセッティングがよくなり、そのおかげで、テストのときよりもペースもフィーリングもよかったです。明日に向けて足回りのセッティングを調整し、ギアをロングにして走ってみます。ここはタイムが接近しているので予選ではできるだけいいポジションを狙いたいです」

佐々木歩夢(Moto3 25番手)
「午前中は12番手だったのですが、午後は思うようにタイムを伸ばせず25番手までポジションを落としました。今日はミディアムで連続周回したときに出したタイムがベストで、ソフトを履いたときにタイムを伸ばせなかったのが残念でした。そのため、マシンのセッティングを試して一日が終わりました。明日はソフトタイヤでしっかりタイムを出して、いいグリッドを獲得したいです」

Moto3 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
121ファビオ・ディ・ジャンアントニオHonda1'42.620
288ホルヘ・マルティンHonda+0.071
333エネア・バスティアニーニHonda+0.169
419G.ロドリゴKTM+0.304
55ロマーノ・フェナティHonda+0.476
636ホアン・ミルHonda+0.656
742M.ラミレスKTM+0.669
844アーロン・カネットHonda+0.692
923N.アントネッリKTM+0.833
1012M.ベッツェッカマヒンドラ+0.892
1111リビオ・ロイHonda+1.017
128N.ブレガKTM+1.036
1364B.ベンドスナイダーKTM+1.085
147アダム・ノロディンHonda+1.111
1516A.ミニョKTM+1.121
1624鈴木竜生Honda+1.134
1751K.ザノノニKTM+1.134
1817ジョン・マクフィーHonda+1.217
1965P.エッテルKTM+1.372
2058J.ゲバラKTM+1.431
2127鳥羽海渡Honda+1.506
2248L.ダラ・ポルタマヒンドラ+1.526
2314トニ・アルボリーノHonda+1.532
2495ジュール・ダニーロHonda+1.635
2571佐々木歩夢Honda+1.666
2696M.パリャーニマヒンドラ+1.711
2775A.アレナスマヒンドラ+1.994
2841ナカリン・アティラプワパHonda+2.048
2915J.マシアKTM+2.678
3084J.コーンフェールプジョー+2.698
316M.エレーラKTM+3.112
324P.プルキネンプジョー+3.505
3357A.ファブリマヒンドラ+3.690

ニュース