MENU
HONDA
検索

MotoGP

2009年参戦体制

MotoGPクラス

ロードレース世界選手権シリーズ(WGP)の最高峰、MotoGPクラスでは、ライダー、コンストラクター、チームタイトル3冠の奪還を目指して、サテライトチームを含む計6名のライダーで戦います。マシンは、先進技術を投入し、さらなる進化を遂げた“RC212V”を6台投入します。

ワークスチームのレプソル・ホンダ・チームは、今年でMotoGPクラス参戦4年目となるダニ・ペドロサと、新たにワークスチームに加入しペドロサのチームメートとなったアンドレア・ドヴィツィオーゾの2名体制で戦います。また、サテライトチームより、250ccクラスからMotoGPクラスにステップアップを果たした高橋裕紀が参戦。MotoGPクラス唯一の日本人として活躍が期待されます。

250ccクラス

250ccクラスには、合計4チーム6名のライダーが参戦します。青山博一、ラファエレ・デ・ロサ、そしてラタパーク・ウィライローの3名は“RS250RW”で出場。また、今年は昨年まで全日本ロードレース選手権GP250クラスに参戦していた富沢祥也が世界選手権シリーズにステップアップを果たし、活躍の場を広げます。富沢を含めバスティン・シェゾーとトニー・ウィルシングの3名は“RS250R”を駆り、戦います。