MENU

HONDA

検索

X-Trial Round03ハンガリーハンガリー

2020年1月19日(日)・決勝

ブダペスト

第3戦 ハンガリー

トニー・ボウが接戦を制してXトライアルで65勝目を得る

Repsol Honda Teamのエースにして、21世紀のトライアル絶対王者であるトニー・ボウ。1月19日、ハンガリーの首都ブダペストで開催された2020年Xトライアルですが、シーズンは2019年のうちに始まっていたので、今回の大会は、早くも2020年の第3戦となります。

今大会、ボウはいつものように実力を遺憾なく発揮。2位と大接戦となったものの、見事な勝利を飾りました。この勝利は、ボウの65回目のXトライアル勝利となります。もちろん前人未到の大記録を更新中です。

今回のブダペスト大会は、パップ・ラズロ・ブダペスト・スポーツアリーナが会場でした。スリリングに設定された6つのセクションを前に、詰めかけたハンガリーの観客は、ボウの妙技への期待にあふれていました。

オープニングの勝負となる予選ラウンド、第2セクションではボウを含む8名の参加ライダーすべてが5点になるハプニングがありましたが、続く第3セクションでは、ボウ以外の7名が全員5点となる中、唯一ボウだけが1点で通過し、結果、ここでの点差がボウのアドバンテージを決定づけました。ボウ6点、2位のアダム・ラガ(TRRS)が10点で、予選ラウンドであるラウンド1を順当に通過しました。

トニー・ボウ

この後、ラウンド2(セミファイナル)でのボウは、ラウンド2ヒート2に出走し、ガブリエル・マルセリ(モンテッサ)とハイメ・ブスト(ヴェルティゴ)と対戦、ここでは第2と第4の2カ所で5点となったボウですが、2位以下にはほぼダブルスコアに近い点差をつけて、セミファイナルをトップ通過。決勝戦は、同じくラウンド2ヒート1で勝利を収めていたラガと対戦することになりました。

世界トップレベルのライディングスキルを発揮するボウとラガ。2人の対戦は手に汗握る展開となりました。決勝戦は、用意された6つすべてのセクションを使用して雌雄を決します。ボウは第1セクションをクリーンして幸先のよいスタートを切りましたが、第4セクションでまさかの失敗。ラガがここを1点で抜けたことで、この時点でのスコアは15対12と追う展開となりました。その後、第5、第6とボウは連続クリーンで勝負を盛り上げるものの、結果、ボウとラガは15点で同点となります。クリーン数はボウ3、ラガ0とライバルを圧倒していますが、Xトライアルでは、同点の場合はタイブレークを行うことになっています。

ところがこのタイブレークで、両者はともに5点。勝負がつきません。この場合、定められたレギュレーションによって、勝敗はラウンド2でのスコアによって決められることとなっていました。ラウンド2では、ボウ10点に対し、ラガは13点。これによって、辛くもボウの2020年シーズン3勝目が決定したのでした。第4セクションでの5点によって苦境に立たされたボウが、第5、第6を連続クリーンすることで勝ち取った見事な勝利でした。

非常に厳しい戦いとなりました。これはボウにとっての65勝目の栄冠でした。3戦3勝で、2020年ランキングテーブルでも2位に15点もの大差をつけてのランキングトップを守っています。

この後、チームは2月2日の日曜日、Xトライアルの華ともいえるスペインのバルセロナで開催されるXトライアル第4戦に挑みます。

コメント

トニー・ボウ(優勝)
トニー・ボウ「本当にたいへんなトライアルでした。今日の(アダム・)ラガはとても好調で、よい走りをしていました。私たちはラウンド1とラウンド2で、ラガのスコアを上回ることができました。決勝ではすべてを注ぎ込んで戦いましたが、このときの私は、あまりいいフィーリングでライディングをしていたとはいえませんでした。バランスを見いだすことができなかったのです。それでも最後まで、力の限り戦いました。それが、最終的に勝利を引き寄せたポイントとなりました。今シーズン、ラガを打ち負かすのは非常に厳しいという現実を、改めて突きつけられました。今日はラガに大きな祝福を贈りたいと思います」

ミケル・シレラ|チームマネージャー
「今日は、ボウがたいへん困難な状況の中、最後に勝利を収めたトライアルとなりました。ライバルのアダム・ラガは、ボウと我々にとって、常にすばらしいライバルです。しかし今日、私はモンテッサに乗るガブリエル・マルセリのすばらしいショータイムをハイライトの一つにあげたいと思います。Xトライアルへのフル参戦の最初の年にして、マルセリはすばらしいパフォーマンスを発揮し3位を獲得しました。いつものように、私たちはこの場にいて、偉大な結果を残したチーム全体に最高の賛辞を贈りたいと思います。そしてすべての皆さんに感謝を申し上げます」

リザルト

順位 ライダー マシン R1 R2 RF Final
1 トニー・ボウ Honda 6 10   15
2 A.ラガ TRRS 10 13   15
3 G.マルセーリ モンテッサ 11 18 5  
4 J.ファハルド シェルコ 11 25 5
5 J.カサレス ガスガス 13 25    
6 J.ブスト ヴェルティゴ 11 25    

ポイントランキング

ライダー

順位 ライダー マシン 総合ポイント
1 トニー・ボウ Honda 60
2 A.ラガ TRRS 45
3 J.ブスト ヴェルティゴ 22
4 J.ファハルド シェルコ 21
5 M.ゲラバート ヴェルティゴ 20
6 G.マルセーリ モンテッサ 18

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  トライアル世界選手権 >  2020 X-Trial 第3戦 ハンガリー 決勝

ニュース