MENU
HONDA
検索

ROUND 07

チェコチェコ ソコロフ 2017.09.10(日)・トライアル

第7戦 チェコ

最終戦を待たずに、ボウがアウトドア11連覇を決める

2017年シーズンも終盤に入り、迎えた1戦。トライアル世界選手権の第7戦は、チェコ共和国での戦いとなりました。この日、記念すべき一日となるのが確定的となっていたトニー・ボウ(Repsol Honda Team)は、意外にも苦戦を強いられることになりました。ただそれでも、2位表彰台を獲得。2017年のシーズンチャンピオンに輝きました。ボウはこれで、アウトドア世界選手権で11連覇を達成。インドア世界選手権の11連覇と合わせて、22個目となる世界タイトルの獲得です。

つかの間の夏休みを挟んでこの大会に臨んだボウは、歴史的偉業を前に、やはり緊張感に包まれていました。今シーズン、これまでにも増して圧倒的な強さを発揮していたボウは、最終戦イタリア大会を前にしたこのチェコ大会で、4位に入賞すればチャンピオンが確定。ボウにとっては決して難しくない使命ではありましたが、それだけに緊張感にあふれる試合となったのでした。

この日の2位は十分な結果で、ボウはタイトル獲得を記念したチャンピオンTシャツを着て、チームの面々と記念写真に収まりました。ボウとチームの、すべての喜びが爆発した瞬間でした。

ボウのチームメートであるハイメ・ブストは、今回も表彰台を獲得しました。しかも今回は、1ラップ目をトップで折り返すという見事な活躍でした。2ラップ目に減点を増やしてしまいましたが、3位表彰台を獲得。ブストはシリーズランキングでも3位となっており、最終戦を残し、ランキング4位に10点のリードを保っています。

藤波貴久(Repsol Honda Team)もまた、いい走りを披露してくれました。今回の藤波はスタートが早く、雨と湿気の多い会場をよく攻略し、1ラップ目を4番手で折り返しました。2ラップ目には雨が降り、よりアグレッシブな戦いを余儀なくされる中、表彰台争いを繰り広げた結果、3位に5点差、2位に6点差で5位となりました。藤波は、ランキング4位に2点差でシリーズランキング5位につけています。

次の第8戦は、2017年シリーズの最終戦となります。翌週、イタリアのアルコ・ディ・トレントで9月17日(日)の開催となります。

コメント

トニー・ボウ(2位 2017年シーズンチャンピオン)
トニー・ボウ 「今日は試合序盤から難しい戦いとなりました。もちろん勝利のために戦っていましたが、今日は勝利することはできませんでした。今日のより大きな目的は、タイトルを獲得することでした。今日の戦いでは、問題を多く抱えていましたが、無事にタイトルを獲得できて、私は非常に幸せです。今日のような、濡れた地形は私にとってもマシンにとっても、得意というわけではありませんでしたが、表彰台に上がることができ、結果的にはとてもいい日になりました。今シーズンは、開幕戦での勝利と、ライバルの失点が多かった2日間の日本大会が重要なポイントとなりました。そしてまた、アメリカ大会での2日間の勝利も、今シーズンを決定づけたものだったと思います」

ハイメ・ブスト(3位)
ハイメ・ブスト 「序盤はとてもいい走りができました。減点はほとんどなく、いい成績が期待できるものでした。しかしセクションは難度が高く、快適なトライアルとは言い難いものでした。終盤に向かって、徐々に減点がかさんでいき、2ラップ目で順位を落としてしまいました。苦労して、苦労して、それでも最後に3位表彰台を手にしたのは、チャンピオンシップを戦う上では、非常に重要な結果になったと思っています」

藤波貴久(5位)
藤波貴久 「アウトドアでの11回目の世界チャンピオンとなったトニー・ボウに、最大の祝福を送りたいと思います。今日のトライアルは簡単ではありませんでした。濡れて難しく、そして地形も簡単ではありませんでした。ブストと私は、今日はポンジションを争うライバルとして、とても緊張感のある戦いを強いられました。私はもっとうまく走ることができたと思います。3位表彰台の可能性はあったのですが、2つの5点がそれをさまたげ、5位となってしまいました。来週は、ランキング4位となるために、最後に踏ん張りたいと思います」

ミゲール・シレラ監督
「今日は難しい戦いになりました。なにが起こったか、どのような戦いだったかを、冷静に分析する必要のある一日でした。ボウはこの難しい戦いを、最後の最後まで苦しんでいました。しかし一日の戦いが終わった今は、彼の偉大なタイトル獲得を祝う時間となっています。これが、我々の最大の目的でしたから。もちろん、ボウの偉大なタイトルは、チーム全体の偉業でもあります。ここにいるメンバーだけでなく、ファクトリーに残って仕事をしている、多くのスタッフがいます。勝利は常に難しいものです。我々は、また大きな可能性を実証することができました」

リザルト

順位 No. ライダー マシン ラップ1 ラップ2 総減点
1 67 A.ラガ TRS 18 17 36
2 1 トニー・ボウ Honda 26 22 53
3 69 ハイメ・ブスト Honda 18 33 54
4 47 J.ファハルド ヴェルティゴ 34 17 54
5 3 藤波貴久 Honda 28 31 59
6 37 A.カベスタニー シェルコ 33 25 64

ポイントランキング

順位 ライダー マシン 総合ポイント
1 トニー・ボウ Honda 172
2 A.ラガ TRS 147
3 ハイメ・ブスト Honda 118
4 J.ファハルド ヴェルティゴ 108
5 藤波貴久 Honda 106
6 A.カベスタニー シェルコ 95
18 エディー・カールソン Honda 10

ランキング詳細

フォトギャラリー

Repsol Honda Team

トニー・ボウ

トニー・ボウ

トニー・ボウ

トニー・ボウ

トニー・ボウ

トニー・ボウ

トニー・ボウ

トニー・ボウ

トニー・ボウ

トニー・ボウ(左)、ハイメ・ブスト(右)

トニー・ボウ(左)、ハイメ・ブスト(右)

ハイメ・ブスト

ハイメ・ブスト

ハイメ・ブスト

ハイメ・ブスト

ハイメ・ブスト

ハイメ・ブスト

ハイメ・ブスト

ハイメ・ブスト

藤波貴久

藤波貴久

藤波貴久

藤波貴久

藤波貴久

藤波貴久

ニュース