衝突安全性能

すべての基本は、強い骨格づくりから。

すべての基本となるボディー骨格は、各所に軽量かつ強度に優れた素材を配置することで、衝突安全性能に貢献。また、相手車両や歩行者の安全まで視野に入れ、相手車両に与えるダメージも軽減する「コンパティビリティー対応ボディー」とともに「歩行者傷害軽減ボディー」を採用しています。

衝突安全設計ボディー

ボディー構造モデル

■ボディー構造モデル

側面衝突に備えたエアバッグもご用意。

さまざまな体格や衝突状況に対応するHonda独自の「連続容量変化タイプ」運転席用 i-SRSエアバッグシステムを全タイプに標準装備。さらに、万一の側面衝突に備えて、胸部へのダメージを低減するサイドエアバッグと、頭部や頚部を保護するサイドカーテンエアバッグもご用意。

側面衝突に備えたエアバッグもご用意。

タイプ別設定

■助手席にはSRSエアバッグシステムを全タイプに標準装備しています。

写真は機能説明のため、エアバッグが展開した状態を合成したものです。

チャイルドシートを、
確実・容易に
固定するために。

衝突時、チャイルドシートの前方への移動を効果的に抑制するために。汎用型ISOFIXチャイルドシートを確実・容易に装着できる固定金具(アンカレッジ)をリア左右席にご用意しています。さらに、i-Sizeチャイルドシートにも対応。

i-Sizeチャイルドシート対応 ISOFIXロアアンカレッジ+トップテザーアンカレッジ

i-Sizeチャイルドシート対応 ISOFIXロアアンカレッジ+トップテザーアンカレッジ

写真はi-Sizeチャイルドシートを装着したものです。
チャイルドシートはディーラーオプションです。

■各技術の能力には限界があります。つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。ご使用の前に、必ず取扱説明書をお読みください。

■運転席用i-SRSエアバッグシステム&助手席用SRSエアバッグシステムは、横方向や後方向からの衝撃には作動しません。前方向からの、設定値以上の衝撃を感知したときのみ作動します。

■エアバッグシステムは、あくまでもシートベルトを着用することを前提として開発されたシステムです。くれぐれもシートベルトの正しい着用をお願いします。

■前席用i-サイドエアバッグシステムおよびサイドカーテンエアバッグシステムは、実際の衝突時には衝突側のみ展開します。i-サイドエアバッグシステムおよびサイドカーテンエアバッグシステム装備車は、システムを正しく機能させるための注意事項があります。

■ISOFIXとは、誤使用防止、車両適合性の向上、取り付け方法の国際的な統一を目的とした、ISO(国際標準化機構)規格のチャイルドシート固定方式です。

■必ず適合するチャイルドシートをお選びください。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「主要装備表」「主要諸元表」をご覧ください。