VEZEL LIVE

ここは、ドライビングミュージックだけが
奏でられる特別なLIVE HOUSE。
変わりゆく街と人を彩る音楽を、この場所から。

  • Vol.1 2019.12.20 FRI O.A.
  • Vol.2 2019.1 O.A.
  • Vol.3 2019.2 O.A.
  • Vol.4 2019.2 O.A.
  • Vol.5 2019.3 O.A.

TVCM

「PLAY VEZEL」篇
楽曲提供アーティスト紹介

King Gnu

東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイター常田大希が2015年にSrv.Vinciという名前で活動を開始。
その後、メンバーチェンジを経て、常田大希(Gt.Vo.)、勢喜遊(Drs.Sampler)、新井和輝(Ba.)、井口理(Vo.Key.)の4名体制へ。
SXSW2017、Japan Nite US Tour 2017出演後、2017年4月、バンド名をKing Gnuに改名し新たなスタートをきった。独自のポップセンスと色気が凝縮されたトーキョー・ニュー・ミクスチャーと称されるサウンドはもとより、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL等大型フェスへの出演、盟友クリエイティブレーベル「PERIMETRON」と制作するMV・アートワークで注目を集め、LIVEチケットは毎回即完。音楽・映像・アートワーク、LIVE全ての面において、唯一無二の世界観を築きあげている。
2019年1月にアリオラジャパンよりメジャーデビューアルバム「Sympa」をリリースし、翌2月には日本テレビ系土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」主題歌『白日』を配信リリース。2019年最大級のロングランヒットを記録中。春に初の全国ツアー「King Gnu One-Man Live Tour 2019 "Sympa"」を完遂し、春~夏にかけて数多のフェスに出演。8月に「飛行艇」(ANA「ひとには翼がある」篇TVCMソング)、10月に新曲「傘」(ブルボン「アルフォート」CMソング)を配信リリースした。

Friday Night Plans

Friday Night Plans(フライデー・ナイト・プランズ)は、東京をベースに活動するボーカルのMasumiを主体とした音楽プロジェクト。東京都出身で日本人の父とフィリピン人の母を持つMasumiは、2018年7月からFriday Night Plansの活動を開始し、その楽曲がSpotifyやApple Musicを中心に国内外で話題となり、昨年12月にリリースした竹内まりやの「Plastic Love」カバーが海外で高く評価される。浮遊感と独特な倍音を持つMasumiのボーカルと、初期作品からFriday Night Plansの楽曲を数多くプロデュースするアーティスト、Tepppei のダークでアカデミックなサウンドと交わって独自の世界観を表現している。11/15(Fri)リリースされた2nd EP“Complex”は、ポジティブで直接的な表現が主流の現代において、土臭い人間の内省や精神世界を詩的に表現しており、ネガティブを否定せずに直視することによって、どこか次の段階を模索するための“今”が描かれている。同作品はiTunes R&B/ソウル ランキングにて1位を獲得している。
なお、CMで使用されている「HONDA」は12/6(Fri)にリリース。

VEZEL

機種サイトTOPへ