MENU
HONDA
検索

Round08日本富士スピードウェイ

2020年11月29日(日)

静岡県 駿東郡

富士スピードウェイ

RAYBRIG NSX-GTが劇的な逆転優勝でシリーズチャンピオンを獲得

11月28日(土)~29日(日)、富士スピードウェイ(静岡県)で2020年度SUPER GTシリーズ最終戦第8戦が開催され、GT500クラスに5台の2020年型NSX-GT、GT300クラスに3台のNSX GT3が出走しました。シリーズ最終戦では競技規則により参加全車がすべてのウエイトハンデを降ろし、車両本来の実力で戦うことになります。

シリーズ最終戦としては例年よりほぼ1カ月遅い時期にレースを迎えた土曜日の富士スピードウェイは快晴となりましたが冷えた風が吹き、気温は13℃、路面温度は17℃と予想通りコンディションは低温でした。

土曜日午前中の公式練習では、シリーズランキング4番手の#100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)が6番手、シリーズランキングトップの#17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)が7番手、シリーズランキング5番手の#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)が8番手のタイムを記録しました。

午後の公式予選では、持ち込みタイヤの特性と路面コンディションがかみ合わずNSX-GT勢はタイムアタックに苦戦、最上位は#64 Modulo NSX-GT(伊沢拓也/大津弘樹)の5番手、#100 RAYBRIG NSX-GT(山本/牧野)は7番手にとどまりました。#8 ARTA NSX-GT(野尻/福住)、#17 KEIHIN NSX-GT(塚越/バゲット)、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/笹原右京)はQ2進出ができず、それぞれ11番手、12番手、14番手に終わりました。

日曜日の富士スピードウェイは雲が多いながらも晴れましたが気温は9℃で路面温度17℃というコンディションの中、午後1時に65周の決勝レースが始まりました。オープニングラップの順位は#17 KEIHIN NSX-GT(バゲット)が7番手、#100 RAYBRIG NSX-GT(牧野)が8番手、#64 Modulo NSX-GT(伊沢)が11番手でしたが、#17 KEIHIN NSX-GT(バゲット)、#100 RAYBRIG NSX-GT(牧野)はコーナーでの速さを活かしてじりじりと上位に迫り始めました。

13周目、#100 RAYBRIG NSX-GT(牧野)が#17 KEIHIN NSX-GT(バゲット)をかわしてNSX-GT最上位の4番手へ進出すると14周目には3番手、21周目には2番手へと順位を上げましたが、この時点でトップを走る37号車との間隔は16秒以上に広がっていました。ここで#100 RAYBRIG NSX-GT(牧野)はピットイン、山本へ交代しました。

トップを走る37号車は24周目にピットストップとドライバー交代を行いコースへ復帰しました。全車がドライバー交代を行った段階でトップの37号車と#100 RAYBRIG NSX-GT(山本)の間隔は9秒弱あり、背後には36号車が迫っている状態でした。#100 RAYBRIG NSX-GT(山本)は36号車を振り切ると37号車との間隔を縮めようとスパートしましたが、間隔はなかなか縮まりません。チャンピオン争いでは先にフィニッシュした方がシリーズチャンピオンを獲得する計算で、#100 RAYBRIG NSX-GTが王座を獲得するには37号車をオーバーテイクする必要があります。

2車の間隔がわずかながら縮まり始めたのは50周を過ぎた頃で、1周に1秒弱ずつギャップが縮まり始めました。しかし最終ラップに突入した段階で2車の間隔は2秒7あり、勝負はついたかに見えました。ところがフィニッシュ目前の最終コーナーでトップを走る37号車が突然スローダウンしました。

#100 RAYBRIG NSX-GT(山本)はストレートを立ち上がったところで37号車に追いつき、ついに首位に躍り出ると、その直後にチェッカーフラッグを受けました。この結果、NSX-GTは前戦に続き連勝を果たし、劇的な逆転優勝を遂げた#100 RAYBRIG NSX-GT(山本/牧野)がシリーズチャンピオンに輝くこととなりました。レースをフィニッシュした#100 RAYBRIG NSX-GT(山本)は、チェッカーフラッグを受けた後に燃料を使い果たしウイニングラップ途中でコース上にマシンを止めました。まさに薄氷の勝利、全力を絞り尽くした大激戦でした。

#17 KEIHIN NSX-GT(塚越/バゲット)はシリーズランキング3位、#8 ARTA NSX-GT(野尻/福住)はシリーズランキング5位で2020年シーズンを終えました。

コメント

山本尚貴(優勝)#100 RAYBRIG NSX-GT 山本尚貴/牧野任祐
「今年はSUPER GTで11年目のシーズンだったのですが、今日ほど自分の経験がすべて活きて、すべて自分が思い描いた通りになったレースは過去にはありません。スピードだけを比べたら37号車の方がチャンピオンにふさわしいレースをしていたのかもしれませんが、僕たちも、タイヤのセーブ、燃費のセーブなどについて常に無線でチームと確認し合いながらペースアップのタイミングも計っていたので、そのがんばりが報われたのかなと思います。スポンサーのレイブリックさんが今年でブランドを終了なさるという締めくくりのレースで、牧野選手とチャンピオンになり高橋国光総監督に表彰台の高いところに上がってもらい恩返しすることもできて本当にうれしいです」

牧野任祐(優勝)
「富士に入る前にチームといろんなことを準備してきたので、それがチャンピオンという形になってよかったです。今回のレースではタイヤのウォームアップが厳しいけれども、その後のペースは悪くないとは想定していました。でも、マシンを尚貴さんに引き継ぐ直前の段階では37号車と15秒も離れていて、そこからは見守ることしかできませんでした。正直、想像もできない結末になったのでチェッカーの瞬間は、何が起きたのかよく分からない気分でした。レイブリックというブランドのラストランをチャンピオン獲得という形で締めくくれて本当にうれしいです」

佐伯昌浩 | 株式会社本田技術研究所 Honda GT プロジェクトリーダー
「今日は、我々も燃料をギリギリまで使った厳しいレースでしたが、『クラス1』規定導入初年度にシリーズチャンピオンを獲得する結果となってたいへんうれしいです。コロナウイルスの影響で開発が遅れる中、よくここまで来られたと思います。シリーズチャンピオンは獲りましたが、1シーズン戦い終えて我々が勝っているところ、劣っているところが明らかになりました。勝っているところはさらにそれを伸ばし、劣っているところは解決するということをしなければ来年はたいへんなことになると今から気を引きしめています。来年も引き続きHonda Racingへの応援をよろしくお願いします」

決勝リザルト

GT500

順位 No. マシン ドライバー 周回数 タイム/差
1100RAYBRIG NSX-GT山本尚貴/牧野任祐651:40'38.010
237KeePer TOM'S GR Supra平川亮/山下健太65+5.940
336au TOM'S GR Supra関口雄飛/S.フェネストラズ65+16.060
417KEIHIN NSX-GT塚越広大/ベルトラン・バゲット65+45.619
58ARTA NSX-GT野尻智紀/福住仁嶺65+50.414
63CRAFTSPORTS MOTUL GT-R平手晃平/千代勝正65+52.705
 
1164Modulo NSX-GT伊沢拓也/大津弘樹63+2Laps
1216Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT武藤英紀/笹原右京63+2Laps

GT300

順位 No. マシン ドライバー 周回数 タイム/差
152埼玉トヨペットGB GR Supra GT吉田広樹/川合孝汰611:42'00.517
256リアライズ 日産自動車大学校 GT-R藤波清斗/J.P.デ・オリベイラ60+1Lap
36ADVICS muta MC86阪口良平/小高一斗60+1Lap
465LEON PYRAMID AMG蒲生尚弥/菅波冬悟60+1Lap
59PACIFIC NAC D'station Vantage GT3藤井誠暢/篠原拓朗60+1Lap
610TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-R星野一樹/石川京侍60+1Lap
755ARTA NSX GT3大湯都史樹/松下信治60+1Lap
 
1734Modulo KENWOOD NSX GT3道上龍/ジェイク・パーソンズ59+2Laps
2518UPGARAGE NSX GT3小林崇志/松浦孝亮58+3Laps

ポイントランキング

GT500 ドライバー

順位 No. ドライバー マシン 総合ポイント
1100山本尚貴/牧野任祐RAYBRIG NSX-GT69
237平川亮KeePer TOM'S GR Supra67
317塚越広大/ベルトラン・バゲットKEIHIN NSX-GT59
436関口雄飛/S.フェネストラズau TOM'S GR Supra56
58野尻智紀/福住仁嶺ARTA NSX-GT54
623松田次生/R.クインタレッリMOTUL AUTECH GT-R51
 
1264伊沢拓也/大津弘樹Modulo NSX-GT31
1416武藤英紀/笹原右京Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT25

GT500 チーム

順位 No. チーム 総合ポイント
1100TEAM KUNIMITSU90
237TGR TEAM KeePer TOM'S86
3 17 KEIHIN REAL RACING 80
4 36 TGR TEAM au TOM'S 77
5 23 NISMO 72
6 14TGR TEAM WAKO'S ROOKIE 68
78ARTA68
 
1164Modulo Nakajima Racing46
1316TEAM Red Bull MUGEN42

GT300 ドライバー

順位 No. ドライバー マシン 総合ポイント
156藤波清斗/J.P.デ・オリベイラリアライズ 日産自動車大学校 GT-R71
252吉田広樹/川合孝汰埼玉トヨペットGB GR Supra GT62
365蒲生尚弥/菅波冬悟LEON PYRAMID AMG59
455大湯都史樹ARTA NSX GT345
561井口卓人/山内英輝SUBARU BRZ R&D SPORT44
611平中克幸/安田裕信GAINER TANAX GT-R43
755高木真一ARTA NSX GT338
 
1518小林崇志/松浦孝亮UPGARAGE NSX GT315
2134道上龍/ジェイク・パーソンズModulo KENWOOD NSX GT38
2355松下信治ARTA NSX GT37

GT300 チーム

順位 No. チーム 総合ポイント
156KONDO RACING95
252埼玉トヨペット Green Brave82
3 65 K2 R&D LEON RACING 81
4 55 ARTA 67
5 11 GAINER 65
6 61 R&D SPORT 64
 
1418TEAM UPGARAGE33
1834Modulo Drago CORSE31

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  SUPER GT >  2020 第8戦 富士スピードウェイ 決勝

ニュース