MENU
HONDA
検索

Round03日本鈴鹿サーキット

2020年8月23日(日)

三重県 鈴鹿市

鈴鹿サーキット

RAYBRIG NSX-GTが2位でフィニッシュ

8月22日(土)~23日(日)に、鈴鹿サーキット(三重県)で2020年度SUPER GTシリーズ第3戦が開催され、GT500クラスに5台の2020年型NSX-GT、GT300クラスに3台のNSX GT3が出走しました。

新型コロナウイルス感染拡大に伴うイベント開催自粛を受けて見直された年間スケジュールにより、シリーズ開幕戦と第2戦は富士スピードウェイでの連戦となりましたが、第3戦は真夏の鈴鹿サーキットへ舞台を移しての開催となりました。ただし今回も無観客開催です。

土曜日の鈴鹿サーキットは上空に薄く雲がかかるものの真夏の太陽が照りつけ、午前中の練習走行が始まる時点で気温は32℃に達しました。NSX勢は練習走行から好調で、GT500では#64 Modulo NSX-GT(伊沢拓也/大津弘樹)がトップタイムを記録しました。以下、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/笹原右京)が4番手、#17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)が6番手、#100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)が9番手、#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)が11番手でした。

午後の公式予選Q1セッションも真夏の太陽の下で始まりました。公式予選でも#64 Modulo NSX-GT(大津)は快調で早々にトップタイムを記録、そのまま逃げきる形でQ2セッション進出を決めました。その他にも#17 KEIHIN NSX-GT(塚越)、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(笹原)、#100 RAYBRIG NSX-GT(山本)を合わせ、Q2セッションに進出できる8台のうち4台をNSX-GTが占めました。Q2セッションでも#64 Modulo NSX-GT(伊沢)は快調で、トップタイムを記録するとそのままポールポジションを獲得しました。伊沢にとっては初めて、NSX-GTにとっては第2戦に続き2戦連続のポールポジションとなりました。

日曜日は天候悪化の予想もされましたが、鈴鹿サーキットの上空は快晴となりました。決勝レーススタート時点で気温は30℃を超え、路面温度は50℃に達して前日よりも厳しいコンディションでレースがスタートしました。

ポールポジションからスタートした#64 Modulo NSX-GT(伊沢)はオープニングラップでセーフティカーがコースインするという混乱の中、トップを守ってレースを始めましたが、10周を過ぎてペースが鈍り、15周目のダンロップコーナーやデグナーカーブで後続の先行を許し、7番手までポジションを下げました。一方、8番グリッドからレースを始めた#100 RAYBRIG NSX-GT(牧野)は、慎重に順位を上げて、15周目に#64 Modulo NSX-GT(伊沢)をかわして、NSX-GT勢トップの4番手に進出すると16周目には前を走る2台も抜いて2番手となりました。なお、5番グリッドからスタートした#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(笹原)は、セーフティカー明けの再スタート時、最終コーナー立ち上がりでコースオフ、リタイアとなりました。

2番手に上がった#100 RAYBRIG NSX-GT(牧野)はそのまま23周を走りきってピットイン、山本へステアリングを引き継ぎました。給油とタイヤ交換を行ないコースに戻った段階で、トップを走る23号車と#100 RAYBRIG NSX-GT(山本)の間隔は5秒ほどもありましたが、猛然と追い上げた結果その間隔はみるみる縮まって1秒を切るまでとなりました。

しかしレース終盤、#100 RAYBRIG NSX-GT(山本)のペースは上がらなくなり、トップとの間隔は逆に少しずつ開き始め、最終的には3秒725差で2位のチェッカーフラッグを受けることとなりました。4位で#64 Modulo NSX-GT(伊沢/大津)、8位で#17 KEIHIN NSX-GT(塚越/バゲット)が完走しましたが、レース後半まで4番手を走っていた#8 ARTA NSX-GT(野尻/福住)は前走車に追突してリタイアを喫しました。

なおGT300クラスではUPGARAGE NSX GT3(小林崇志/松浦孝亮)が2位入賞を果たしました。

コメント

佐伯昌浩 | 株式会社本田技術研究所 Honda GT プロジェクトリーダー
「予選では伊沢選手、決勝では山本選手と、ベテランの開発ドライバーががんばってくれました。ただ、全体を見るとミスが目立ちました。結果的に2台がリタイアしています。ここを改善していかないと、チャンピオン争いはできません。またマシンの方でも、GT300クラスの集団を処理した後など、いわゆるピックアップも含めてグリップダウンが起き、その回復に時間がかかる傾向がみえます。これらのことにしっかり取り組んでいこうと思います」

山本尚貴(2位)(左から)山本尚貴、牧野任祐
「予選ではミスがあったとはいえポールを獲れるような速さはなかったので、遅くまでチームと話して対応を考えたところ、今日は過去3戦の中では最もいい状態で走れました。牧野選手ががんばってあのポジションでマシンを引き継いでくれたので、感謝しています。僕が走り出したときには『勝てる』と思ったのですが、その後ペースが上げられなくなってしまったので、その変化を解析して次のツインリンクもてぎのレースに向けてもっといいマシンに仕上げられたらと思います。このマシンはできたてほやほやで理解度は十分ではないのですが、今回のレースで理解度が深まり、まだまだ伸びしろがあってもっと速くできるという手応えを感じたレースでした。優勝こそできませんでしたが、今のところ3戦連続でポイントを取っていますし、チャンピオン争いにしぶとく食らいついて最後には勝つつもりでがんばります」

牧野任祐(2位)牧野任祐
「予選では僕自身ミスをしてしまったこともあるのですが、前に出るだけの力がマシンにもなく厳しい状況でした。決勝前までいろいろとマシンをいい方向へ持っていこうと努力して、いい方向へ行ったからこそ前半で順位を上げられたのかなと思います。この方向性は間違ってはいないと感じるので、ここにプラスアルファを積み重ねていけば、もっと速いマシンに仕上がるのではないかと思います。次のツインリンクもてぎではそこそこウエイトが乗ってしまうので戦い方も変わってくるのでしょうが、今日の結果に満足することなくまずは優勝を目指し、チャンピオンになるためがんばります」

決勝リザルト

GT500

順位 No. マシン ドライバー 周回数 タイム/差
1 23 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/R.クインタレッリ 52 1:58'43.467
2 100 RAYBRIG NSX-GT 山本尚貴/牧野任祐 52 +3.725
3 36 au TOM'S GR Supra 関口雄飛/S.フェネストラズ 52 +12.279
4 64 Modulo NSX-GT 伊沢拓也/大津弘樹 52 +18.598
5 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra H.コバライネン/中山雄一 52 +20.933
6 3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 平手晃平/千代勝正 52 +21.180
           
8 17 KEIHIN NSX-GT 塚越広大/ベルトラン・バゲット 52 +24.251
13 8 ARTA NSX-GT 野尻智紀/福住仁嶺 36 +16Laps
  16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 武藤英紀/笹原右京 4 +48Laps

GT300

順位 No. マシン ドライバー 周回数 タイム/差
1 11 GAINER TANAX GT-R 平中克幸/安田裕信 50 2:00'15.804
2 18 UPGARAGE NSX GT3 小林崇志/松浦孝亮 50 +4.049
3 2 シンティアム・アップル・ロータス 加藤寛規/柳田真孝 50 +15.952
4 61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口卓人/山内英輝 50 +16.626
5 10 TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-R 星野一樹/石川京侍 50 +23.442
6 65 LEON PYRAMID AMG 蒲生尚弥/菅波冬悟 50 +27.180
           
19 34 Modulo KENWOOD NSX GT3 道上龍/ジェイク・パーソンズ 49 +1Lap
26 55 ARTA NSX GT3 高木真一/大湯都史樹 47 +3Laps

ポイントランキング

GT500 ドライバー

順位 No. ドライバー マシン 総合ポイント
1 36 関口雄飛/S.フェネストラズ au TOM'S GR Supra
41
2 37 平川亮/N.キャシディ KeePer TOM'S GR Supra
33
3 100 山本尚貴/牧野任祐 RAYBRIG NSX-GT 26
4 14 大嶋和也/坪井翔 WAKO'S 4CR GR Supra
24
5 17 塚越広大/ベルトラン・バゲット KEIHIN NSX-GT 23
6 23 松田次生/R.クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
22
         
10 64 伊沢拓也/大津弘樹 Modulo NSX-GT 9
14 8 野尻智紀/福住仁嶺 ARTA NSX-GT 4
17 16 武藤英紀/笹原右京 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 1

GT500 チーム

順位 No. チーム 総合ポイント
1 36 TGR TEAM au TOM's 50
2 37 TGR TEAM KeePer TOM's 41
3 100 TEAM KUNIMITSU
35
4 14 TGR TEAM WAKO'S ROOKIE 33
5 23 NISMO 30
6 17 KEIHIN REAL RACING 29
       
10 64 Modulo Nakajima Racing 14
13 8 ARTA 8
14 16 TEAM Red Bull MUGEN 5

GT300 ドライバー

順位 No. ドライバー マシン 総合ポイント
1 11 平中克幸/安田裕信 GAINER TANAX GT-R 35
2 2 加藤寛規/柳田真孝 シンティアム・アップル・ロータス 31
3 52 吉田広樹/川合孝汰 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 25
4 61 井口卓人/山内英輝 SUBARU BRZ R&D SPORT 23
5 65 蒲生尚弥/菅波冬悟 LEON PYRAMID AMG 19
6 56 藤波清斗/J.P.デ・オリベイラ リアライズ 日産自動車大学校 GT-R 16
7 18 小林崇志/松浦孝亮 UPGARAGE NSX GT3 15
8 55 高木真一/大湯都史樹 ARTA NSX GT3 15
         
11 34 道上龍/ジェイク・パーソンズ Modulo KENWOOD NSX GT3 7

GT300 チーム

順位 No. チーム 総合ポイント
1 11 GAINER 43
2 2 Cars Tokai Dream28 40
3 52 埼玉トヨペット Green Brave 34
4 61 R&D SPORT 29
5 65 K2 R&D LEON RACING 27
6 56 KONDO RACING 25
7 18 TEAM UPGARAGE 23
8 55 ARTA 22
       
11 34 Modulo Drago CORSE 16

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  SUPER GT >  2020 第3戦 鈴鹿サーキット 決勝

ニュース