MENU

HONDA

検索

Round06日本オートポリス

2019.09.08(日)

大分県 日田市

オートポリス

不安定な天候の中で行われた決勝で、
#17 KEIHIN NSX-GTが今季ベストの2位

9月7日(土)~8日(日)、オートポリスインターナショナルレーシングコース(大分県)で、2019年度SUPER GTシリーズ第6戦が開催され、GT500クラスに5台の2019年型NSX-GT、GT300クラスに3台のNSX GT3が出走しました。台風13号と15号が日本列島に接近したことで天候が不安定になる中、レースの各セッションは進みました。

土曜日午後2時50分、GT500クラスの公式予選がドライコンディションで始まりました。15分間のQ1セッションでは、午前の公式練習でもトップタイムを出していた#17 KEIHIN NSX-GT(ベルトラン・バゲット)が1番手、#8 ARTA NSX-GT(伊沢拓也)が7番手のタイムを記録。8台で争われるQ2セッションへ進出しました。

GT300クラスの予選Q2を挟み、10分間で行われるGT500クラスのQ2セッションは、午後3時33分に始まりました。セッションが残り1分ほどとなったところでARTA NSX-GT(野尻智紀)が1分33秒967を記録して暫定首位に立ちましたが、その直後KEIHIN NSX-GT(塚越広大)が1分33秒262でトップを奪いました。そのあとは、2台のNSX-GT勢を上回るタイムを出すマシンは現れず、ポールポジションはKEIHIN NSX-GT(塚越/バゲット)が獲得。2番手にはARTA NSX-GT(野尻/伊沢)が続いて、2台のNSX-GTがフロントローに並ぶことになりました。

日曜日の決勝レースは、黒い雲が発生しながらも薄日射す中、全車がスリックタイヤを装着してスタートしました。ポールシッターのKEIHIN NSX-GT(塚越)は周回ごとに後続との差を広げて首位の座を固める一方、2番手スタートのARTA NSX-GT(伊沢)は、ライバルたちの追撃を受け、徐々に順位を下げていきました。

KEIHIN NSX-GT(塚越)が15周を終えるころ、コースの一部で雨が降り始め、一時的に弱まる時間帯はあったものの、30周を走り終えるころにはコースが濡れだすコンディションとなりました。KEIHIN NSX-GTは34周を走り終えた段階で、チームはバゲットへのドライバー交代と給油を行うため、マシンをピットへ呼び戻し、あえてスリックタイヤを装着してバゲットをコースへ送り出しました。しかし、コンディションはさらに悪化し、スリックタイヤでの走行は難しい状況になっており、この作戦は裏目に出てしまいました。

ところが、KEIHIN NSX-GT(バゲット)がコース復帰した直後に、他車のアクシデントの影響によりセーフティカーが介入しました。この時点で KEIHIN NSX-GTは4番手につけていましたが、前を行くライバル3台はまだピットイン義務を終えていなかったため、ピットストップのロスタイムを最小限に留められる展開となりました。この状況を受けて、41周目にレースが再開されると、KEIHIN NSX-GTのチームは42周を終えた段階で再びタイヤ交換を行う決断を下し、スリックタイヤからレインタイヤへ交換してコースへ送り返しました。その直後、濡れた路面で車両のコースオフが相次ぎ、再びセーフティカーが介入したため、KEIHIN NSX-GTは2度目のピットインによるロスタイムも取り戻すかたちとなり、5番手でリスタートを迎えることができました。

KEIHIN NSX-GTは50周目からハイペースで追い上げを始めると、51周目には3番手、53周目には2番手へ順位を上げ、さらに首位との間隔を縮め続けました。しかし、最終盤にはコースが乾きつつあったこともあって、レインタイヤが消耗してしまったため首位奪回はならず、2位でチェッカーを受けることとなりました。ARTA NSX-GT(野尻/伊沢)は5位、#64 Modulo Epson NSX-GT(ナレイン・カーティケヤン/牧野任祐)は7位でレースを終え、シリーズポイントを獲得しました。

また、GT300クラスに参戦した#55 ARTA NSX GT3(高木真一/福住仁嶺)がクラス6位に入賞しました。

コメント

佐伯昌浩 | 株式会社本田技術研究所 Honda GT プロジェクトリーダー
「今回は、NSX-GTの中では、ウエイトハンデの軽いほうである17号車(KEIHIN NSX-GT)がドライでもウエットでも活躍してくれるだろうと期待していました。期待通り、フリー走行から予選までトップを守って順調だったのですが、今日のような天候になると展開が荒れ、選ぶべきはドライタイヤなのかウエットタイヤなのかという非常に微妙なコンディションになってしまいました。最後は追い詰めきれずに、ほんの少しの差ではありましたが2位に終わりました。勝てるレースを落としてしまったという意味で残念です。予選結果からポジションを落としはしましたが、17号車と8号車(ARTA NSX-GT)がしっかりポイントを稼げたため、後半戦につなげることができたと思います」

塚越広大(2位)
#17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)「勝てたはずの速さがあったので、この結果はとても残念です。とはいえ、荒れた天候になってしまったので、仕方のない2位だったと思います。(マシンを引き継ぐ際)あのコンディションでは、スリックとレイン、どちらにすべきかの判断はつきませんでした。『僕だったらスリックかな』ということはピットに伝えましたが、スリックで出たバゲットは無理だということになってしまいました。でも、そこでセーフティカーが出て、僕らにとっては救いになりました。そのあと、バゲットがよく追い上げてくれたので感謝しています。次のSUGO戦では勝つためにプッシュしようと思います」

ベルトラン・バゲット(2位)
「この週末は非常にいいペースで走れていたので、優勝できなかったのはがっかりしています。昨日まではすべてのセッションでトップだったのに、今日のコンディションは非常に難しくトリッキーで、どんなタイヤで走ればよかったのか、答えは出せませんでした。余計なタイヤ交換をしたため、タイムを無駄にしてしまいましたが、終盤は非常にいいペースで走れ、順位を上げられました。最後はフロントタイヤが終わってしまい、あれ以上の追い上げはできませんでした。でも、表彰台に上がれたことはうれしく思っています」

決勝リザルト

GT500

順位 No. マシン ドライバー 周回数 タイム/差
1 39 DENSO KOBELCO SARD LC500 H.コバライネン/中山雄一 65 2:19'15.779
2 17 KEIHIN NSX-GT 塚越広大/ベルトラン・バゲット 65 +3.774
3 37 KeePer TOM'S LC500 平川亮/N.キャシディ 65 +24.137
4 38 ZENT CERUMO LC500 立川祐路/石浦宏明 65 +27.931
5 8 ARTA NSX-GT 野尻智紀/伊沢拓也 65 +32.440
6 6 WAKO'S 4CR LC500 大嶋和也/山下健太 65 +32.676
7 64 Modulo Epson NSX-GT ナレイン・カーティケヤン/牧野任祐 65 +34.575
           
14 16 MOTUL MUGEN NSX-GT 武藤英紀/中嶋大祐 63 +2Laps
RT 1 RAYBRIG NSX-GT 山本尚貴/ジェンソン・バトン    

GT300

順位 No. マシン ドライバー 周回数 タイム/差
1 60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 吉本大樹/宮田莉朋 62 2:19'33.864
2 720 McLaren 720S 荒聖治/A.パロウ 62 +12.332
3 88 マネパ ランボルギーニ GT3 小暮卓史/元嶋佑弥 62 +19.792
4 4 グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口信輝/片岡龍也 62 +27.054
5 96 K-tunes RC F GT3 新田守男/阪口晴南 62 +30.349
6 55 ARTA NSX GT3 高木真一/福住仁嶺 62 +32.743
           
9 18 UPGARAGE NSX GT3 小林崇志/松浦孝亮 62 +45.965
11 34 Modulo KENWOOD NSX GT3 道上龍/大津弘樹 62 +56.071

ポイントランキング

GT500 ドライバー

順位 No. ドライバー マシン 総合ポイント
1 6 大嶋和也/山下健太 WAKO'S 4CR LC500 65
2 37 平川亮/N.キャシディ KeePer TOM'S LC500 55
3 39 H.コバライネン/中山雄一 DENSO KOBELCO SARD LC500 40
4 38 立川祐路/石浦宏明 ZENT CERUMO LC500 38.5
5 23 松田次生/R.クインタレッリ MOTUL AUTECH GT-R 38.5
6 8 野尻智紀/伊沢拓也 ARTA NSX-GT 31
7 1 山本尚貴/ジェンソン・バトン RAYBRIG NSX-GT 29
8 17 塚越広大/ベルトラン・バゲット KEIHIN NSX-GT 26
 
14 64 ナレイン・カーティケヤン/牧野任祐 Modulo Epson NSX-GT 8.5
15 16 武藤英紀/中嶋大祐 MOTUL MUGEN NSX-GT 8

GT500 チーム

順位 No. チーム 総合ポイント
1 6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S 81
2 37 LEXUS TEAM KeePer TOM'S 73
3 39 LEXUS TEAM SARD 55
4 38 LEXUS TEAM ZENT CERUMO 53.5
5 23 NISMO 49.5
6 8 ARTA 45
7 1 TEAM KUNIMITSU 40
       
9 17 KEIHIN REAL RACING 37
14 64 Modulo Nakajima Racing 22.5
15 16 TEAM MUGEN 19


GT300 ドライバー

順位 No. ドライバー マシン 総合ポイント
1 55 高木真一/福住仁嶺 ARTA NSX GT3 41.5
2 88 小暮卓史/元嶋佑弥 マネパ ランボルギーニ GT3 36.5
3 96 新田守男/阪口晴南 K-tunes RC F GT3 36
4 56 平峰一貴/S.フェネストラズ リアライズ 日産自動車大学校 GT-R 35
5 87 高橋翼/アンドレ・クート T-DASH ランボルギーニ GT3 29
6 11 平中克幸/安田裕信 GAINER TANAX GT-R 28
         
15 34 道上龍/大津弘樹 Modulo KENWOOD NSX GT3 19
20 18 小林崇志/松浦孝亮 UPGARAGE NSX GT3 12

GT300 チーム

順位 No. チーム 総合ポイント
1 55 ARTA 58.5
2 88 JLOC 54.5
3 56 KONDO RACING 52
4 96 K-tunes Racing 50
5 11 GAINER 46
6 4 GOODSMILE RACING & TeamUKYO 44.5
       
12 34 Modulo Drago CORSE 35
14 18 TEAM UPGARAGE 28

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  SUPER GT >  2019 第6戦 オートポリス 決勝

ニュース