MENU

HONDA

検索
Driver's Interview ジェンソン・バトン
Driver's Interview ジェンソン・バトン

F1元世界王者がSUPER GT引退


2019年のSUPER GT最終戦を前にTEAM KUNIMITSUのジェンソン・バトンが、19年シーズン限りでSUPER GTからの引退を発表した。「元F1王者としてSUPER GTではどのような走りをみせるのか?」と昨シーズン開幕前から話題を集めると、期待に応えるかのようにデビュー戦で2位表彰台を獲得。18年の最終戦ではシリーズタイトルを争うライバルとの直接対決を制し、参戦初年度にもかかわらず、山本尚貴とともにチャンピオンに輝いた。

タイトル連覇が期待された19年は速さはみせるものの、第5戦での2位が最高位と結果が伴わない苦しいシーズンとなった。それでもHonda勢の中では2番目の総合順位だった。バトンがSUPER GTから引退する理由、TEAM KUNIMITSUで戦った2シーズン、チームメートへの思いを語った。

──SUPER GTでの2年間の戦いを終え、今どのような気持ちですか?

ジェンソン・バトン(以下、JB):SUPER GTでの2シーズンは、本当にすばらしい経験だった。F1を戦っていたときからSUPER GTに興味を持ってフォローしていたし、いつかHondaのマシンで出場したいと思っていた。その夢が叶っただけでなく、参戦1年目でシリーズチャンピオンになれたのだから、これ以上はないくらい素敵なチャレンジだったと言える。高橋国光さんというレジェンドのもとで、TEAM KUNIMITSUの若いスタッフと力を合わせてタイトルを獲得することができて本当によかったし、感動を分かち合えてうれしかった。

TEAM KUNIMITSUは2018年最終戦でシリーズチャンピオンを獲得

──参戦1年目の2018年は、序盤なかなか思うように走れなかったのでは?

JB:SUPER GTと並行して、LMP1でWEC(FIA 世界耐久選手権)にも数戦出場したが、LMP1はF1と比較的似たクルマだったから問題なく、すぐ自分のものにすることができた。しかし、GT500は全く違うタイプのクルマで、完全に乗りこなすまでに時間がかかってしまい、正直かなり苦労した。これまでずっとダウンフォースが大きいクルマで戦ってきたから、どのように走らせたらいいのか、なかなかつかめなかったんだ。もし、ダウンフォースがより小さい(GT300クラスの)GT3マシンに乗っていたら、GT500よりもさらに苦労していただろう。

──それでも参戦初年度に山本尚貴選手とともに優勝し、シリーズチャンピオンにも輝きました。

JB:ナオキとは2年間、1台のクルマをシェアして一緒に戦ってきた。うれしいときも、辛いときも常に一緒だった。自分にとっては、初めて心から友達と思えるチームメートだった。なぜなら、F1などフォーミュラのレースで、チームメートは常に倒すべき存在だったから。チームメートに速く走ってほしいと思ったのは、初めてだったよ(笑)。ナオキは本当に速いドライバーだし、SUPER GTでの経験が豊富だったので、彼から多くのことを学べて本当によかった。20年からはレギュレーションが変わり、クルマが完全に新しくなるけれど、彼の新しいチャレンジが成功することを心から願っている。

山本尚貴(写真)については「速いドライバー」と語り、多くのことを学んだと振り返った

── 一緒に戦った山本選手は、どのようなドライバーでしたか?

JB:すばらしいチームメートだった。ナオキと自分のドライビングを比べると、ナオキの方がややアグレッシブだった。それでもクルマのセッティングの方向性は似ていたし、大きな妥協を強いられることはなかった。19年のドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)ホッケンハイム戦には僕だけが出場し、NSX-GTを自分好みのセッティングに仕上げていったが、きっとナオキがドライブしても満足してくれたと思う。それくらい僕らの目指す方向性は似ていたし、仕事をしやすい相手だった。ただし、唯一シートポジションの違いだけは苦労した。僕とナオキは身長が20cmほど違うので、お互い我慢する必要があった。ホッケンハイムでは初めて自分好みのシートポジションに合わせることができて、とても快適に感じられた。

──参戦2年目の19年は優勝に手が届かず、タイトルを防衛することもできませんでした。

JB:僕らにとって厳しいシーズンになってしまった。通常、僕もナオキもほとんどクラッシュをしないけれど、19年はなぜか多かった。自分たちのミスだけでなく、巻き添えになってしまった不運なアクシデントもあり、なかなか思うような結果を得られなかった。それでも富士のレースでは表彰台に立ったし、シーズン全体を通して見れば、充実した内容だったと言える。特に、第7戦SUGOはウエットコンディションでタイヤのグリップをうまく引き出し、トップを走ることができた。結果こそ残らないレースだったが、自分としてはいい仕事ができたと思える1戦だった。SUGOは未知なるコースだったけれど、初年度の18年に初優勝した場所でもあるし、お気に入りのサーキットになったよ。

2019年第7戦のレース序盤は、後続を大きく引き離す速さをみせた

──クルマにもサーキットにも慣れたこのタイミングで、なぜSUPER GTを離れるのですか?

JB:新しいことに挑むためだ。自分の人生は常に挑戦の連続で、F1を辞めてSUPER GTに活動の場を移したのもビッグチャレンジだった。1台のクルマをシェアし、速度が違うGT300を抜きながら走るのは初めての経験だったが、それでも参戦1年目にタイトルを獲得できた。そして2年目のシーズンを戦う中で、次なる挑戦に踏み出すときが訪れたと感じた。まだ引退するような年齢ではないけれど、このタイミングを逃してしまうと新しいチャレンジが難しくなると思ったんだ。

──最後に、日本のファンにメッセージをお願いします。

JB:2年間応援してくれた多くのファンやレース関係者の皆さんに、感謝の気持ちを伝えたい。本当にありがとう。カートのレースに出場するため1997年に初めて日本を訪れたとき、日本人選手のレベルの高さにとても驚いたのを覚えている。僕は日本の人々や文化をとてもリスペクトしているし、SUPER GTでの2年間はかけがえのないすばらしい時間だった。このようなすばらしいチャンスを与えてくれたチームとHondaにとても感謝している。またいつか、Hondaのクルマでレースに出る機会が訪れるかもしれないから、そのときを楽しみにしているよ。

ジェンソン・バトン
モータースポーツ >  SUPER GT >  Driver's Interview ジェンソン・バトン~SUPER GT引退インタビュー~