MENU

HONDA

検索

Round05日本富士スピードウェイ

決勝

2018年8月5日(日)

静岡県 小山町

第5戦 富士スピードウェイ 決勝

#17 KEIHIN NSX-GTが3位表彰台獲得!
#100 RAYBRIG NSX-GTとともに王座争いの一角へ

8月4日(土)~5日(日)、静岡県の富士スピードウェイで2018年度SUPER GTシリーズ第5戦が開催されました。異常気象とも言える猛暑が続く中ですが、多くの観衆が詰めかけ、レースウイークが始まりました。

薄く流れる雲のすき間から太陽が照りつけ、気温・路温とも急上昇する厳しいコンディションとなった土曜日の練習走行では、#16 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/中嶋大祐)が5番手、#17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/小暮卓史)が8番手につけました。しかし午後の公式予選では、#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也)が8位に食い込んだものの、#17 KEIHIN NSX-GTがセンサートラブルで出走できず、さらに他のNSX-GT勢もQ2進出を果たせませんでした。またGT300クラスの#34 Modulo KENWOOD NSX GT3は、公式練習でクラス3番手となる好タイムを記録しながら、セッション中に他車に追突されて車両が破損したため、残念ながら今大会への出走を見合わせることとなりました。Modulo Drogo Corseは、今月末に迫った鈴鹿10時間耐久レースに間に合わせるよう準備を進めていくことになります。

日曜日午後1時30分、真夏の太陽の下で今シーズン最長の500マイル(約800km)にも及ぶ決勝レースが始まりました。NSX-GT勢予選最上位だった#8 ARTA NSX-GTは8番手のポジションを守りながら序盤を戦い、さらに14番グリッドから着実に追い上げてきた#17 KEIHIN NSX-GT、そして序盤にイエローフラッグ中の追い越しによるペナルティーを受けた#100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)が続く展開となりました。

高温の中の長距離レースを戦う過程で上位車がトラブルやミスで順位を落とす一方、#8 ARTA NSX-GTを先頭にした3台のNSX-GTは確実に予定のピット作業とドライバー交代を消化しながら、安定したペースで周回を重ね、揃って順位を上げていきました。長いレースも折り返して後半に入り、3回目のピット作業を終えた段階で#17 KEIHIN NSX—GTが#8 ARTA NSX-GTをオーバーテイクして5番手へ浮上。その後も3台のNSX-GTは5秒から10秒の間隔を保って安定したペースで走行を続け、チェッカーフラッグを目指しました。

最終的に#17 KEIHIN NSX-GTは3位まで順位を上げてフィニッシュ、4位に#8 ARTA NSX-GT、5位に#100 RAYBRIG NSX-GTと続いて、それぞれシリーズポイントを獲得しました。この結果、5位に入賞した#100 RAYBRIG NSX-GTの山本/バトン組は8点を加え、シリーズランキングでは2位と同点の3位(優勝回数差による)につけました。塚越/小暮組も2点差でこれを追う僅差の展開で、残り3戦のチャンピオンシップ争いに加わっていくことになります。

コメント

佐伯昌浩 プロジェクトリーダー
「今回は結果的に全車、今シーズン2基目のエンジンを積んでレースを戦うことになりました。予選ではウエイトが軽いクルマに対して苦しい展開になるのは分かっていましたが、我々は高温での耐久性を見越してタイヤを選択して持ち込んでいたので、レースになれば上位へ行けると予想していました。今年のNSX-GTは、ウエイトを積んだ状態でもうまく走れるようにと狙って進化させましたが、タイヤも含めた開発がうまく噛み合って機能した結果が出たと感じています」

塚越広大選手
「走っていれば上位に行ける速さがあったと思うので、予選に出走できなかったのは残念です。ただ、長距離のレースに向けて決勝で速いクルマ作りをしてきましたから、慌てず少しずつ着実に順位を上げようと集中しました。戦略もピット作業もドライバーも、みんなができる限りの力を出した結果、表彰台に上がれたのでとてもうれしいです。僕たちは今回ウエイトハンデが50kgと重かったので、ここで1ポイントでも獲って、燃料流量を絞られてもウエイトを下ろそうと思っていました(ウエイトハンデは最大50kgまでで、それ以上は燃料リストリクターとの組み合わせでハンデ調整される)。次のレースに向けて狙い通りになりました」

小暮卓史選手
「予選を走れずに、最後尾に近いところからスタートしたのに、表彰台まで追い上げることができて、すばらしい結果になりました。チームと、レース向けのクルマ作りをしてきたので、着実に走ればそれなりの順位まで上がれると思っていましたが、表彰台まで来られるとは思いませんでした。ここまで僕たちは決勝がうまくいかない傾向があって、なんとかしようとチームが前回のレースで得られたデータを元にうまくクルマを作ってくれました。猛暑の中、長いレースでしたが、前半は少し暑い感じがしたものの後半は涼しくなったので体力的には何の問題もありませんでした。次のレースは勝負ですね」

決勝リザルト

GT500

順位 No. マシン ドライバー 周回数 タイム/差
136au TOM'S LC500中嶋一貴/関口雄飛1774:40'08.601
21KeePer TOM'S LC500平川亮/N.キャシディ177+1.564
317KEIHIN NSX-GT塚越広大/小暮卓史177+21.184
48ARTA NSX-GT野尻智紀/伊沢拓也177+26.906
5100RAYBRIG NSX-GT山本尚貴/ジェンソン・バトン177+32.197
624フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-RJ.P.デ・オリベイラ/高星明誠/大嶋和也177+52.449
 
1364Epson Modulo NSX-GTベルトラン・バゲット/松浦孝亮166+11Laps
1416MOTUL MUGEN NSX-GT武藤英紀/中嶋大祐162+15Laps

GT300

順位 No. マシン ドライバー 周回数 タイム/差
155ARTA BMW M6 GT3高木真一/S.ウォーキンショー1644:41'14.166
20グッドスマイル 初音ミク AMG谷口信輝/片岡龍也 163 +1Lap
331TOYOTA PRIUS apr GT嵯峨宏紀/平手晃平163 +1Lap
465LEON CVSTOS AMG黒澤治樹/蒲生尚弥163 +1Lap
525HOPPY 86 MC松井孝允/坪井翔163 +1Lap
6 88マネパ ランボルギーニ GT3 平峰一貴/マルコ・マペッリ 162 +2Laps
 
17 777CARGUY ADA NSX GT3 横溝直輝/木村武史 160 +4Laps

ポイントランキング

GT500

ドライバー

順位 No. ドライバー 総合ポイント
11平川亮/N.キャシディ47
236関口雄飛40
3100山本尚貴/ジェンソン・バトン40
417塚越広大/小暮卓史38
539H.コバライネン35
623松田次生/R.クインタレッリ35
78野尻智紀/伊沢拓也34
 
1816武藤英紀/中嶋大祐8
1964ベルトラン・バゲット/松浦孝亮3

チーム

順位 No. チーム 総合ポイント
1 1 LEXUS TEAM SARD 62
2 36 LEXUS TEAM au TOM'S 54
3 100 TEAM KUNIMITSU 54
4 17 KEIHIN REAL RACING 50
5 6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S 49
6 23 NISMO 48
       
8 8 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 45
14 16 TEAM MUGEN 15
15 64 Epson Nakajima Racing 12

GT300

ドライバー

順位 No. ドライバー 総合ポイント
155 高木真一/S.ウォーキンショー51
231嵯峨宏紀/平手晃平45
365黒澤治樹/蒲生尚弥39
411平中克幸/安田裕信37
525松井孝允/坪井翔35
60谷口信輝/片岡龍也34
 
1634道上龍/大津弘樹5

チーム

順位 No. チーム 総合ポイント
1 55 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 65
2 31 apr 57
3 65 K2 R&D LEON RACING 53
4 11 GAINER 50
5 0 GOODSMILE RACING & TeamUKYO 49
6 25 つちやエンジニアリング 44
       
15 34 Modulo Drago CORSE 12
22 777 CARGUY Racing 8

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  SUPER GT >  2018 第5戦 富士スピードウェイ・決勝

ニュース