MENU

HONDA

検索

Round02日本富士スピードウェイ

決勝

2018年5月4日(金)

静岡県 駿東郡

第2戦 富士スピードウェイ 決勝

GT500クラスは#8 ARTA NSX-GTが8位入賞
GT300クラスは#34 Modulo KENWOOD NSX GT3が初入賞

5月3日(木)~4日(金)、富士スピードウェイ(静岡県)で2018年SUPER GTシリーズ第2戦が開催されました。初日木曜日の午前は、発達した低気圧の影響で朝から風雨が強まり霧で視界不良となったため、フリー走行は中止となりました。午後には天候が回復しましたが、タイムスケジュールの関係から、予選は通常の一次予選・二次予選の形式ではなく、GT300クラス、GT500クラスそれぞれ20分間の計時セッションを行って決定することになりました。その結果、#16 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀選手/中嶋大祐選手)がHonda勢最上位の6番手につけました。

金曜日の決勝レースは、通常より長い500kmの長丁場。5万5000人の大観衆が見守る快晴の空の下でレースがスタートしました。

#16 MOTUL MUGEN NSX-GTは6番手のポジションを守ってレースをスタートしますが、その背後には予選で12番手と奮わなかった#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀選手/伊沢拓也選手)、さらに、その後方に#100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴選手/ジェンソン・バトン選手)が続きました。

#8 ARTA NSX-GTは最初のドライバー交代が終わった段階でHonda勢のトップに立ち、#100 RAYBRIG NSX-GT、#16 MOTUL MUGEN NSX-GTがそれを追う形となりました。2回目のドライバー交代を終えた#8 ARTA NSX-GTはそのまま110周のレースを走りきり8位に入賞、#100 RAYBRIG NSX-GTは30kgのウエイトハンデを抱えながらも9位でフィニッシュして、ともにシリーズポイントを獲得しました。

開幕戦優勝の#17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大選手/小暮卓史選手)は惜しくも11位。#16 MOTUL MUGEN NSX-GTはタイヤトラブルで中嶋選手、武藤選手が相次いで予定外のピットストップを行って順位を落とし、#64 EPSON MODULO NSX-GTはトラブルで無得点に終わりました。シリーズランキングでは#17 KEIHIN NSX-GTが2位、#100 RAYBRIG NSX-GTが3位につけています。

GT300クラスでは#34 Modulo KENWOOD NSX GT3(道上龍選手/大津弘樹選手)がクラス8位に入賞し、今シーズン初ポイントを獲得しました。

コメント

佐伯昌浩 プロジェクトリーダー
「事前テストのときからこのコースに合わせきれていなかったうえ、悪天候のためフリー走行の走り込みができなかったので、予選で苦戦してしまいました。エンジンの煮詰めももう一歩必要でしたし、タイヤ選択も分かれ目になりました。決勝レースでは、ベストラップという点ではライバルに対し遜色なかったのですが、路面温度の変化に対してラップタイムが安定せず少しずつ差をつけられてしまいました。第3戦はホームコースの鈴鹿なので、いい結果を出せるようがんばります」

野尻智紀選手(8位)
「富士はダウンフォースの少ないサーキットで、セットアップで対応するのは難しく、予選では苦戦しました。しかし、決勝に向けてなんとかグリップを出そうとチームと考えて決勝に臨みました。レースではマシンを乗りこなそうと格闘しました。その中で、まだまだセットアップやドライビングを今年のマシンに合わせて工夫する必要があるなと、いろいろ気づいたこともありました。次のレースまで時間はありませんがHondaのホームサーキットでいい成績を出せるよう準備をします」

伊沢拓也選手(8位)
「僕が担当した第1スティントでは抜きつ抜かれつの状態になりましたががんばりました。しかし、2回目のスティントではペースを上げられず、今後に課題が残りました。とはいえ、予選12番手からポイント圏内まで順位を上げられたのでほっとしています。もう少し上の成績ならよかったのですが、ドライバーもチームもミスなくレースをした結果今シーズン初ポイントを獲得できたので、次につながったかなと思います。鈴鹿は得意なコースですから、チャンスはあると思っています」

決勝リザルト

GT500

順位 No. マシン ドライバー 周回数 タイム/差
1 23 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/R.クインタレッリ 110 2:52'02.048
2 39 DENSO KOBELCO SARD LC500 H.コバライネン/坪井翔 110 +9.738
3 38 ZENT CERUMO LC500 立川祐路/石浦宏明 110 +23.450
4 36 au TOM'S LC500 J.ロシター/関口雄飛 110 +33.144
5 6 WAKO'S 4CR LC500 大嶋和也/F.ローゼンクヴィスト 110 +35.326
6 12 カルソニック IMPUL GT-R 佐々木大樹/J.マーデンボロー 110 +36.216
           
8 8 ARTA NSX-GT 野尻智紀/伊沢拓也 110 +1'02.192
9 100 RAYBRIG NSX-GT 山本尚貴/ジェンソン・バトン 110 +1'17.582
11 17 KEIHIN NSX-GT 塚越広大/小暮卓史 108 +2Laps
14 16 MOTUL MUGEN NSX-GT 武藤英紀/中嶋大祐 108 +2Laps
RT 64 Epson Modulo NSX-GT ベルトラン・バゲット/松浦孝亮 45 +65Laps

GT300

順位 No. マシン ドライバー 周回数 タイム
1 55 ARTA BMW M6 GT3 高木真一/S.ウォーキンショー 102 2:52'07.982
2 31 TOYOTA PRIUS apr GT 嵯峨宏紀/平手晃平 102 +25.929
3 11 GAINER TANAX GT-R 平中克幸/安田裕信 102 +34.470
4 65 LEON CVSTOS AMG 黒澤治樹/蒲生尚弥 102 +48.147
5 0 グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口信輝/片岡龍也 102 +49.116
6 7 D'station Porsche 藤井誠暢/S.ミューラー 102 +1'10.287
           
8 34 Modulo KENWOOD NSX GT3 道上龍/大津弘樹 101 +1Lap
26 777 CARGUY ADA NSX GT3 横溝直輝/木村武史/ケイ・コッツォリーノ 83 +19Laps

ポイントランキング

GT500

順位 No. マシン ドライバー 総合ポイント
1 23 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/R.クインタレッリ 26
2 17 KEIHIN NSX-GT 塚越広大/小暮卓史 21
3 100 RAYBRIG NSX-GT 山本尚貴/ジェンソン・バトン 17
4 39 DENSO KOBELCO SARD LC500 H.コバライネン/坪井翔 15
5 1 KeePer TOM'S LC500 平川亮/N.キャシディ 15
6 38 ZENT CERUMO LC500 立川祐路/石浦宏明 15
         
12 8 ARTA NSX-GT 野尻智紀/伊沢拓也 3
14 16 MOTUL MUGEN NSX-GT 武藤英紀/中嶋大祐 1

GT300

順位 No. マシン ドライバー 総合ポイント
1 55 ARTA BMW M6 GT3 高木真一/S.ウォーキンショー 26
2 18 UPGARAGE 86 MC 中山友貴/小林崇志 20
3 7 D'station Porsche 藤井誠暢/S.ミューラー 20
4 11 GAINER TANAX GT-R 平中克幸/安田裕信 17
5 65 LEON CVSTOS AMG 黒澤治樹/蒲生尚弥 16
6 31 TOYOTA PRIUS apr GT 嵯峨宏紀/平手晃平 15
         
11 34 Modulo KENWOOD NSX GT3 道上龍/大津弘樹 3

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  SUPER GT >  2018 第2戦 富士スピードウェイ・決勝

ニュース