ホンダ ステップ ワゴンを選ぶべき理由 Writing by 価格.com

  • 記事

使い勝手のよさと独自機能でファミリー層も大満足

競合ひしめくミニバン市場において、抜群の使いやすさで高い評価を得ているホンダ「ステップ ワゴン」。本特集では、そんな「ステップ ワゴン」に注目し、ライバル車とはひと味違う、同車のキラリと光る個性をレポートしていく。

ライバル社との違い

群雄割拠のミニバン市場でキラリと光る個性を放つ

ファミリー層から絶大な支持を獲得し、国内の自動車市場において一大カテゴリーを築き上げているミニバン。ところが、各メーカーから発売されているモデルに対して、「外観の違いはわかるけど、個々の性能や機能の違いまでは把握していない」「なんとなく、メーカー名や見た目で選んでいる」という人は少なくない。しかし、ミニバン購入後の満足感を決定づける最大の要因は「使い勝手」。ここをしっかりとチェックしておかないと、のちのち後悔することもあるのだ。では、ミニバンを選ぶにあたって、個々のモデルの使い勝手を把握するにはどうすればよいのか? その最も簡単な方法は、実際に購入して乗っている人の声に耳を傾けることだろう。

そこで価格.comでは、価格.com「ミニバン」カテゴリーに属するモデルのユーザーレビューをつぶさにチェックしてみることに。すると、あるクルマに対して、「非常に使いやすい」「むちゃくちゃ便利」「素晴らしい」といった、使い勝手のよさに関する声が集中していることに気がついた。その「あるクルマ」とはホンダ「ステップ ワゴン」。まずは、同車に対するユーザーからのリアルなコメントをご覧いただきたい。

  • 「わくわくゲート」の便利さは使わないと理解できないと思います。開け閉めに力がいりませんし、後方が狭くても開閉できて便利です!

  • 「わくわくゲート」は子育て世代には必需品だと思います。

  • キャンプによく行くのですが、そこで「わくわくゲート」が大活躍します。カーサイドタープやテントを張った状態で、少し荷物を取り出すのにいちいちリアハッチを跳ね上げる必要がない。 これは使った人にしかわからない大きな利点です。

  • 「マジックシート」が便利です。3列目まで人が座ることはほとんどないので基本畳んで格納しています。跳ね上げ式だと見た目がやぼったいですが、格納式なのですっきりしていて、そこで子どもが遊んだり、ゴロゴロしたりしています。

  • 3列目が床下に収納できる「マジックシート」が素晴らしい。この3列目の仕様を見て即座に購入を決めました。

  • 低床フロアのおかげで乗り降りが非常に楽。特に重い荷物を持っている際や、子どもをチャイルドシートに乗せる際に、クルマのステップに上がる必要があるかないかは、小さいことですが子育て世代にはかなり重要な項目と思います。

※2020年1月15日時点、価格.com「ステップ ワゴン」「ステップ ワゴン ハイブリッド」製品ページに投稿されたユーザーレビューの一部を抜粋・編集しています。

ユーザーレビューの中で、とりわけひんぱんに出てくる単語が「わくわくゲート」と「マジックシート」。これらに対して、「使った人にしかわからない」「子育て世代の必需品」「素晴らしい」など、絶賛の声が寄せられているのだ。「わくわくゲート」や「マジックシート」とは一体どんな装備で、どんな機能を備えているのか? 次章以降では、これらをひも解きながら、「ステップ ワゴン」が支持されている理由を価格.comのスタッフ家族に探ってもらうとしよう。

「ステップ ワゴン」が支持される理由を探るために用意したのは、2.0Lエンジンに、発電用と走行用の2つのモーターが装備された「e:HEV SPADA G・Honda SENSING」。ボディサイズは4,760(全長)×1,695(全幅)×1,840(全高)mmで、ボディカラーはプラチナホワイト・パールだ

カンタン見積りシミュレーション

こちらの記事もおすすめ