STEP WGN HISTORY あのころの暮らしが、きっと目に浮かぶ。ステップ ワゴンの歴史を世の中の変化とともに振り返ります。 STEP WGN HISTORY ステップ ワゴンの歩み

scroll

あのころの暮らしが、きっと目に浮かぶ。
ステップ ワゴンの歴史を
世の中の変化とともに振り返ります。

scroll

  1. 1996年1996年
  2. 2001年2001年
  3. 2005年2005年
  4. 2009年2009年
  5. 2015年2015年

初代ステップ ワゴン

Photo: G

Photo: W

Photo: G

家族みんなの“楽しい”が、

生活のまんなかに。

人の価値観がモノからコトへと変化した時代。
流行の中心となったのは、大人と子どもが
一緒に楽しめる遊びやアウトドアレジャーでした。

世の中では週休二日制が定着。
休日にお出かけする家族が増えていったころ、
みんなが楽しく使えるクルマとして、
初代ステップ ワゴンが誕生しました。

エンジンをクルマの前方にレイアウトするパッケージで、
クラス最大級の広さを実現。画期的な広さと使いやすさが
子育て世代を中心とした家族から支持され、
ファミリーカーの新しい基準をつくりました。

ここがポイント!

  • 大人8人が乗っても広々なFF低床、高い天井の大空間
  • 家族みんながゆったりくつろげる多彩なシートアレンジ
  • 大きな荷物を出し入れラクラク。大開口テールゲート&大容量カーゴスペース

※ 5ナンバー2,000ccクラスミニバンにおいて。1996年5月現在。Honda調べ。

2代目ステップ ワゴン

Photo: I

Photo: D

Photo: D

新しい時代を、

子どもと一緒に楽しみたい。

21世紀を迎え、FIFAワールドカップや
アテネオリンピックの開催で活気があふれていた日本。
この時代を “子どもと一緒に楽しみたい”と、家族の行動はアクティブになっていきました。

「子どもが笑顔なら、家族もきっと笑顔になる」。
その発想から、クルマを子どもの目線に立って考え直し、
誕生した2代目ステップ ワゴン。

子どもが車内でのびのびと過ごせるように、
レストランモードをはじめとする多彩なシートアレンジや
室内の居心地にもこだわり、質感の高いインテリアとしました。

ここがポイント!

  • “遊・食・寝・積”の4シーンを満喫できるシートアレンジ
  • どの席にいても気持ちよく過ごせる広々とした居住空間
  • リビングルームをイメージしたインテリア設計

3代目ステップ ワゴン

Photo: G

Photo: G

Small, but big fun.

それが家族の正解でした。

iPhoneが誕生したり、SNSなどのWebサービスが普及したり、
ITの進化とともに、家族の暮らしも現代化していった時代。
テレビやデジカメなどの家電も薄型化・小型化していきます。

この流れと時を同じくして、
日常で使いこなせるアイテムへ進化を遂げた3代目。
今まで以上に低い床を採用し、
天井を下げても広さはそのまま、誰にとっても扱いやすいボディーサイズとしています。
床が低いから乗り降りもラクになり、
運転する人、後ろに座る人、それぞれの使い心地も高めました。

ここがポイント!

  • 乗り降りしやすい低床・低重心プラットフォーム
  • リビングのように心地よく過ごせる、乗用車初のフローリングフロア
  • 3列目の乗り降りもスムーズな、大開口の両側スライドドア

※2005年5月時点。Honda調べ。

4代目ステップ ワゴン

Photo: G・Lパッケージ

Photo: G・Lパッケージ

コスパのいいクルマと、

かしこく暮らそう。

ファストファッションが流行し、
LCCでおトクに旅行を楽しむ人が増えていたころ。
より実用的でコスパのいいものを選びたい、
そんな考え方が定着し始めていました。

この流れの中で、ステップ ワゴンの広さは
室内を「限界まで使いきる」ような大空間に進化。
3列目のシートは床下へすっぽり収納でき、
家族のたくさんの荷物を無駄なく積めます。
毎日の暮らしをもっとラクに、楽しみつくす、
時代にフィットした4代目の登場でした。

ここがポイント!

  • 低床で、すみずみまで広げたクラス最大※1の室内空間
  • クラス初※2、空間の可能性を広げる3列目シートの床下収納
  • 気兼ねなく使えてお財布にうれしい、クラストップ※1の低燃費

※1: 5ナンバー2,000ccクラスミニバンにおいて。2009年10月現在。Honda調べ。

※2: 5ナンバー2,000ccクラスミニバンにおいて。2009年10月時点。Honda調べ。

5代目ステップ ワゴン

Photo: SPADA HYBRID G・Honda SENSING

3世代みんなが、

気持ちよく使えるクルマへ。

スマートフォンやオンラインゲームが世代を超えて普及し、
使いこなせる人が増えていった時代。
その結果、子どもと祖父母とのつながりも強くなり、
子育てと家族のかたちは変化していきました。

だからこそ、3世代みんなが気持ちよく使える
“ホスピタリティ”をつめ込んだ5代目ステップ ワゴン。
ハイブリッドシステムを搭載し、
誰もがラクに運転できるように。
さらにHonda SENSINGも用意し、運転する人はもちろん
乗る人にも安心を届けていきました。

ここがポイント!

  • 快適な走りと低燃費を両立した2モーターハイブリッドシステム
  • 車外からでも簡単に操作ができる3列目分割床下シート
  • 先進の安全運転支援システムHonda SENSING

2022年〜 多様な考え方を認め合う時代に、家族みんなに求められるクルマへ。

テレワークなどで働き方が変化し、
男性・女性それぞれが育児休暇を取得するなど、

家族のかたちが決してひとつではなくなった時代。

住宅や家電、仕事着や制服、
ランドセルなど家族にまつわるものも、

さまざまな価値観で
選ばれるようになってきました。

いつの時代も家族のことを
考えてきたステップ ワゴンは、

これからもそんな変化に応えていきます。

インテリアは、
家族が並んで座っても、離れて座っても

自由に気持ちよく過ごせる余裕を持たせました。

エクステリアは、メッキをアクセントに使い、

上品さの中にも
存在感のあるプロポーションを表現。

さらに、運転が得意な人も、
そうでない人も自由に安心して出かけられるよう、

視界や運転をサポートする機能をはじめ、
静かに走る快適性と余裕ある

伸びやかな加速を両立した
ハイブリッドシステムも備えています。

家族のひとりひとりが自由に、自分らしくいられる、
新しいステップ ワゴン。

2022年春、ついに誕生です。

 このページをシェアする。

  • Twitter
  • Facebook