MENU

HONDA

検索

arrowSEEVERT GALLERY TOP

SEEVERT GALLERY
INDEX BACK NEXT
1961年ホッケンハイム/高橋国光日本人初優勝!
Honda RC162-250cc GP Racer
(1961) Honda RC162-250cc GP Racer



1961年、Hondaは第2戦西ドイツGPから世界GP250ccクラスに4気筒レーサー"RC162"を投入した。このモデルは前年型の"RC161"をエンジン、車体共に一新したもので中でもダブルバックボーンフレームの採用等による車体回りの変更は効果的で空力特性も良くなり、それまでMVアグスタが記録していた各コースのラップレコードを大幅に更新した。5月14日の西ドイツGPでは、高橋国光がチームメイトのジム・レッドマンを僅差で抑え、日本人ライダーとして世界GP初優勝を達成、その後のレースでもHonda勢の快進撃は続き、表彰台を9回独占し全11戦中10勝を挙げた。結果この年マイク・ヘイルウッドが世界タイトルを獲得したほか、ランキング5位までをHonda・ライダーが独占した。Hondaは125ccクラスのタイトルも獲得し、日本のメーカーとして初の偉業を達成、1954年のマン島TT出場宣言より7年、世界GP参戦3年目の快挙であった。

 
高橋国光(Kunimitsu Takahashi)
高橋国光(Kunimitsu Takahashi)

Honda NSX Le Mans RACER
(1995) Honda NSX Le Mans RACER
 


1940年1月29日、東京都小金井市に生まれる。13歳で初めてオートバイに乗った高橋国光は、‘58年、18歳のときに浅間高原で行われた全日本クラブマン・レースでジュニア・クラス優勝を果たし、その後、‘59年にHonda・スピード・クラブ(Hondaのワークス・チーム)に加わった。翌'60年には前年から世界グランプリ挑戦を開始したHonda・チームの一員としてヨーロッパのレースに3戦出場。そして、1961年5月14日にホッケンハイムで行われた西ドイツGP250ccクラスで、日本人ライダーとして世界グランプリ初優勝を飾った。Honda・ライダーの優勝としては、前戦スペインGPでのトム・フィリスに続く二勝目となったのである。メインポールに翻る日の丸の下に立つ高橋国光は、まだそのとき弱冠21歳で、あどけなさを残していた。その後、‘61年にはさらにアルスターGP(アイルランド)の125ccクラスでも優勝した高橋は、'62年には本格的に日本人初の世界チャンピオンをめざした。5月のスペインGPとフランスGPの125ccクラスで立て続けに優勝した高橋は乗りに乗っていた。しかし、6月に行われたマン島TTレースの際に転倒し、瀕死の重傷を負ってしまう。負傷から立ち直った高橋だったが、その後はマシンがワークス・マシンではなくなったこともあり、本来の才能を発揮することができなかった。そして、1964年5月のフランスGPを最後に二輪レースから引退し、四輪ドライバーに転向したのである。その後、“国さん"の愛称で大勢のレース関係者やファンに親しまれた高橋国光は、Honda NSXを駆ってルマン24時間耐久レース等にも出場したが、1999年一杯で現役からの引退を表明した。

Text by Yoko Togashi
INDEX BACK NEXT
このページの先頭へ
Copyright (c) Seevert Works 個人的に鑑賞する以外の転用はご遠慮ください