MENU

HONDA

検索

arrowSEEVERT GALLERY TOP

SEEVERT GALLERY
INDEX BACK NEXT
RC143/2RC143 世界グランプリ初優勝
Honda RC143-125cc GP Racer
(1960-61) Honda RC143-125cc GP Racer 



1954年に本田宗一郎社長が「マン島TTレース出場宣言」を発表してから5年後の1959年に、Hondaは念願のマン島TTレース初出場を果たした。そのときに谷口尚己等5名のライダーが駆ってウルトラライト・クラス(125cc)に出場したのが、4ストローク、空冷並列2気筒DOHC、4バルブ、べべルギヤ駆動エンジンを搭載するRC142だった。鋼管バックボーン・フレームとボトムリンク式フロントフォークを持つこのマシンを駆ったHonda・チームは、谷口が6位に入賞し、さらに“メーカーチーム賞"を獲得した。しかし、同時に、車体の剛性不足による操安性の問題やブレーキ性能が劣っているといったマシンの問題点も露呈し、帰国直後から翌年に向けての開発が進められたのだった。

その結果、1960年の世界グランプリには、テレスコピック・フォークを持つRC143が投入された。従来の直立シリンダーを35°前傾させたエンジンの出力もRC142が17.4ps/14,000rpmであったのに対して23ps/14,000rpmまでアップしたのである。2年目の1960年にHonda・チームは、マン島TTレースだけではなく、計6戦の世界グランプリに参戦し、125ccと250ccの両クラスに出場した。RC143に乗るライダーでは、ジム・レッドマンがダッチTT(オランダGP)とイタリアGPの2戦で4位に入賞し、マシンの性能が表彰台獲得まであと一歩のところに近づいていることを証明。翌'61 年開幕戦スペインGP、次期マシン開発の遅れのため引き続き投入されたRC143/トム・フィリスは、トップを独走のマイク・ヘイルウッド/EMCのトラブルに助けられた形ではあったものの、Hondaにとって初の世界グランプリ優勝を達成した。
 
Honda 2RC143-125cc GP Racer
(1961) Honda 2RC143-125cc GP Racer
 


1960年に投入された125cc世界グランプリ・マシン、RC143は1961年にはダブルバックボーン・フレームを持つRC144に進化する予定だった。しかし、2バルブ・ギヤトレーン駆動のRC144型エンジンは、パワー不足のため実戦には投入されず、急遽RC144のフレームにアタッチメントをつけて4バルブ・べべルギヤ駆動のRC143型エンジンを搭載した2RC143というマシンが誕生した。ただし、前年までフロート室別体だったキャブレターは一体型に変更された。

世界グランプリ開幕戦スペインGPの125ccクラスを旧型RC143により制しHondaにとって初の世界グランプリ優勝を達成したトム・フィリスはその後、改良型のエンジンに剛性の向上した車体を持つこのマシンを使い、さらに3勝を加えたほか、ルイジ・タベリが2勝、高橋国光とマイク・へイルウッドが1勝ずつを挙げ、11戦中8勝を記録したのである。ちなみにこの年、4勝を挙げたトム・フィリスは、見事125cc世界チャンピオンに輝いている。
トム・フィリス (Tom Phillis)
トム・フィリス (Tom Phillis)



1934年、4月9日にオーストラリアのシドニーで生まれる。少年時代には自転車レースに出場していたが、その後、16歳のときにBSAのディーラーでメカニックとして働くようになり、‘54年、20歳のときにモーターサイル・ロードレースにデビュー。最初のうちはオーストラリアの国内選手権で活躍するが、'58年に渡欧し、ヨーロッパ各地のレースに参戦して頭角を現した。‘60年に前年から世界グランプリ参戦を開始したHonda・チームの一員となる。'61年開幕戦スペインGP125ccクラスでRC143を駆って優勝。Hondaにとって初の世界グランプリ優勝を達成した。この年(‘61年)はその他にも3戦で優勝し、125cc世界チャンピオンに輝き、250ccクラスでもマイク・へイルウッドに次いでランキング2位に入った。しかし、翌'62年6月6日にマン島TTレースの350ccクラスに出場した彼は、コースアウトして石壁に激突し、不帰の客となった。温厚で親しみやすい性格のフィリスはパドックでも人気者であったと同時に、彼の才能とファイティング・スピリットは高く評価されていた。
 

Text by Yoko Togashi
INDEX BACK NEXT
このページの先頭へ
Copyright (c) Seevert Works 個人的に鑑賞する以外の転用はご遠慮ください