MENU

HONDA

検索


arrowSEEVERT GALLERY TOP

SEEVERT GALLERY
INDEX BACK NEXT
マン島TT初出場
Honda RC142
(1959) Honda RC142
 



RC142-125cc Isle of Man TT Racer

マン島TT出場宣言から5年後にあたる '59年6月3日Hondaはその公約を果たすこととなった。DOHC4バルブ2気筒RC142と2バルブRC141は、Hondaスピードクラブの中から選出された 4人の日本人ライダーに加え、浅間火山レースなどに参加していた在日米国人ライダーのビル・ハントに託され、マン島TTライトウエイト125ccクラスに出場した。結果、B・ハント (RC141 )はレース序盤で転倒リタイアに終わるものの、谷口尚巳 (RC142) が 6位入賞、田中禎助(RC141)7位、鈴木義一 (RC142) 8位、ブレーキトラブルに見舞われタイムロスを余儀なくされた鈴木淳三 (RC142) 11位と、マン島TT初挑戦にしてはまずまずの成績を残し、チームメーカー賞の栄誉を受けることなる。しかし6位谷口のタイムは1時間34分8秒、このレースに優勝したMVアグスタ/タルキニオ・プロビーニの記録に遅れること6分43秒、平均周回速度にしては10km/h近く下回りMVアグスタ、MZなど世界の一線級エンジンには一歩及ばず、本田宗一郎の宿願であったマン島TTレースでの勝利は '61年シーズンまで待たなければならなかった。

谷口尚巳

1936年東京都生まれ。第一回のマン島派遣メンバーとして選出され、同じくTT 出場が決定されていながら、映画の撮影中の事故で他界した秋山邦彦の遺影を携え、マン島TTライトウエイト125ccクラスに出場、クリプスコース(*'59年までの軽排気量クラスのレースではマウンテンコースは使用されなかった。)を粘り強い走りで完走し6位に入賞、上位入賞者にのみに与えられるシルバ−レプリカトロフィーを獲得した。高橋国光、北野元などの血気盛んな若いライダー達を日本人ライダーのリーダーとしてまとめ、Hondaのグランプリ活動を築いた。

 
INDEX BACK NEXT
このページの先頭へ
Copyright (c) Seevert Works 個人的に鑑賞する以外の転用はご遠慮ください