MENU
HONDA
検索

2020年2月21日(金)

Honda、2020年FIMスーパーバイク世界選手権ワークスチーム「Team HRC」ローンチイベントで、CBR1000RR-R FIREBLADE SPマシンカラーリングを初披露

Honda、2020年FIMスーパーバイク世界選手権ワークスチーム「Team HRC」ローンチイベントで、CBR1000RR-R FIREBLADE SPマシンカラーリングを初披露

Hondaは本日、Honda ウエルカムプラザ青山にて、2020年FIM*スーパーバイク世界選手権・HRCワークスチーム「Team HRC」のチームローンチを行いました。

ライブ配信で世界中に発信されたこのメディア向けローンチイベントでは、チームライダーのアルバロ・バウティスタ選手とレオン・ハスラム選手の手によりCBR1000RR-R FIREBLADE SPマシンカラーリングが初めて披露されました。このマシンは来週、2020年スーパーバイク世界選手権の第1ラウンド、オーストラリアのフィリップアイランドでレースデビューを果たします。

会見は、Honda常務執行役員二輪事業本部長、安部典明及びHRC代表取締役社長、野村欣滋の挨拶でスタート。Hondaが18年ぶりにワークスチームとしてシリーズに参戦するにあたり、チャンピオンシップ、CBR1000RR-R FIREBLADE SP、チームライダーの計画について語りました。

次に、チーム監督、ジャウメ・コロン氏が登場し、バウティスタ選手、ハスラム選手を紹介しました。チームライダー両名とも、新たなプロジェクト、新たなチームでこの先Team HRCが取り組むチャレンジに意欲、そして自信を見せました。

次に、サテライトチーム「MIE Racing Althea Honda Team」も紹介され、ステージにはチーム代表、森脇緑氏とHRCワークスライダーの高橋巧選手が登壇しました。

ローンチイベントを終え、両チームはこれからオーストラリアに移動、2日間にわたる最終テストに参加したのちに、今月27・28日にフィリップアイランドで行われる2020年スーパーバイク世界選手権開幕戦に挑みます。

*FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称

コメント

本田技研株式会社 常務執行役員 二輪事業本部長 安部典明
「スーパーバイク世界選手権にワークスチームとして参戦することと新しいCBR1000RR-R FIREBLADE SPを同時にローンチしたのは、レース活動がHondaにとって製品を開発していく上で重要な役割を果たしているからです。スタート当初から、HRCライダーや技術者とともにデザイン・開発を進め、情報を交換することで、そのままレースが可能なスーパースポーツ・モデルが完成しました。MotoGPマシンからもさまざまなパラメータを持ち込みました。ボア・ストロークはRC213Vと同じで、同マシンで培ったテクノロジーの数々、エンジンの基礎部分を適用することで燃焼効率を上げ、内部摩擦を下げることに成功。さらに、ウイングレットを始め、MotoGPマシンで学んだことが空力面に大きく貢献しています。今後、タフなチャレンジになることは分かっていますが、ワークスチーム、そしてMIE Racing Althea Honda Team共々最良の結果を目指します。開幕後の数レースで表彰台が狙える位置に行けると確信しています」

株式会社ホンダ・レーシング 代表取締役社長 野村欣滋
「1982年以来、HRCは全てのモータースポーツのトップカテゴリーに参戦してまいりました。スーパーバイク世界選手権に今年からまたワークスチームとして、CBR1000RR-R FIREBLADE SPでチャレンジすることを、非常に誇りに感じています。HRCが参戦する各カテゴリーには、それぞれテクニカルなチャレンジがあり、エンジニアの経験アップや成長につながっています。そういった目的のためにも、スーパーバイク世界選手権はHondaのロードバイクを極めてシビアなレギュレーションの中で開発していく最良の舞台だと考えています。最終的なゴールはもちろん優勝することですが、これが簡単ではないことは分かってています。そのため、MotoGPとダカールチームと同じバルセロナの本拠地に、ベストな技術者を揃えたチームを新たに結成しました。ワークスチーム・ライダーのバウティスタ選手、ハスラム選手はともに豊富な経験とスピードを兼ね備えたライダーです。今年もMIE Racing Althea Honda Teamは、HRCワークスライダーの高橋 巧選手とともにサテライトチームとして参戦します。来週末にオーストラリアで開幕を迎えるスーパーバイク世界選手権での、、Team HRC、そしてMIE Racing Althea Honda Teamの健闘を祈ります」

アルバロ・バウティスタ|Team HRC
「HondaとHRCにとって重要なこのプロジェクトに参加できることを、大変嬉しく思います。Hondaやチームがこのプロジェクトに取り組む様子からは、非常にポジティブなエネルギーが伝わってきます。自分にとっても重要なことです。大きなチャレンジだと認識していますし、さまざまな難関があることも分かっています。我々は、少しでも早くトップの座にたどり着けるように、一緒に成長している新たなチームです。Hondaの戦闘力が高く、間違いなくトップを狙えるマシンで、強く、早く走ることがゴールです。ファンにとっても、自分にとっても楽しいシーズンになることを期待しています」

レオン・ハスラム|Team HRC
「今回、東京に来て、何もかもがリアルに感じています。Hondaの本社に来て、開幕戦はすぐそこに迫っています。夢がカタチになったようです。結果を出したいし、それが実現できるマシンだからこそ、自分は非常にエキサイトしていて、なおかつ少しナーバスな気持ちです。ベストを尽くし、いい結果を出す準備はできています。開幕戦のフィリップアイランドは過去にいい結果を出した、相性のいいコースです。もちろん、ライバルがどう出るかはその時にならないと何とも言えませんが、非常に楽しみです」

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  Honda、2020年FIMスーパーバイク世界選手権ワークスチーム「Team HRC」ローンチイベントで、CBR1000RR-R FIREBLADE SPマシンカラーリングを初披露

ニュース