MENU

HONDA

検索

Round05イタリアイタリア

2019年05月12日(日)・決勝 レース2

イモラ・サーキット

SPレースで清成龍一16位。レース2は雨のため中止となる

SPレースで清成龍一16位。レース2は雨のため中止となる

第5戦イタリア・イモラ大会は、12日、スーパーポール(SP)レースとレース2が行われる予定でしたが、午後2時スタート予定のレース2は、レース進行直前に激しい雨になり中止になりました。激しい雨のため、レース2は午後3時15分にスタートが延期され、午後2時55分にスタート進行が再開されました。そして一度はグリッドに選手は整列しましたが、再び、強い雨になり、レースディレクションは中止を決定しました。

この日は、雨が降る中、一日が始まりました。朝のウォームアップはウエットコンディションで行われましたが、その後、雨は上がり、10周のSPレースはドライコンディションでスタートが切られました。このレースで15番グリッドから決勝に挑んだ清成龍一(Moriwaki Althea Honda Team)は、オープニングラップ17番手からミケーレ・リナルディ(ヤマハ)と何度もポジションを入れ替え、最終的に16位でフィニッシュしました。

ウエットコンディションとなった朝のウォームアップでは、トップタイムのジョナサン・レイ(カワサキ)から約2秒差の6番手。今季ベストポジションで走行を終えました。今季、10年ぶりにスーパーバイク世界選手権に復帰した清成ですが、レースをこなす毎に着実にCBR1000RR SP2のパフォーマンスを引き出しています。ドライコンディションではまだ十分発揮とはいえませんが、これからのヨーロッパラウンドに期待が膨らみます。

前日の予選スーパーポールで前車の転倒を避けきれず転倒し、左肩の靱帯を痛め、レース1を欠場したレオン・キャミアは、その後、活動の本拠地としているアンドラ公国に戻り、数日中には再検査を受ける予定です。復帰の時期などについては、再検査を結果を待って決めることになります。

コメント

清成龍一(SPレース/16位)
清成龍一 「朝のウオームアップは、ウエットコンディションの中で行われ、とてもいい感触がありました。思っていた以上に速く走ることができました。そのため、今日はウエットレースを期待しましたが、SPレースはドライコンディションになり、レース2は雨のため中止になり、とても残念でした。レースでいい結果を出したかったです。安全性を考慮しての中止なので、それに従わなければなりません。もし事故が起きても、時間を戻すことはできないからです。レースをキャンセルしたことは正しい決断だったと思います」

リザルト

スーパーポール

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11J.レイカワサキ1017'45.405
27C.デイビスドゥカティ10+2.141
319A.バウティスタ ドゥカティ10+6.864
460M.ファン・デル・マークヤマハ10+10.817
522A.ローズヤマハ10+14.212
691L.ハスラムカワサキ10+14.522
           
1623清成龍一 Honda10+36.371
1852アレッサンドロ・デルビアンコHonda10+42.406

ポイントランキング

ライダー

順位 ライダー マシン 総合ポイント
1A.バウティスタ ドゥカティ263
2J.レイカワサキ220
3A.ローズヤマハ140
4M.ファン・デル・マークヤマハ134
5L.ハスラムカワサキ108
6C.デイビスドゥカティ85
       
15レオン・キャミアHonda26
16清成龍一 Honda12
20 アレッサンドロ・デルビアンコ Honda 4
22 トロイ・ハーフォス Honda 0

マニュファクチャラー

順位 マシン 総合ポイント
1ドゥカティ265
2カワサキ220
3ヤマハ160
4BMW73
5Honda32

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース