徹底的に、妥協なく、走る喜びを追い求めた
独創のミッドシップ・オープンスポーツ。

Hondaにしかできない、多くの人が楽しめる、心揺さぶるスポーツカーを。すべてはこの想いから始まった。

ボディーフォルムは開放感あふれるオープン・2シーターとし、
そこに高い旋回性が得られる低重心・低慣性のMR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)レイアウトを融合。

軽自動車という厳しいサイズの制約の中、MRがもたらす運動性能を最大限に引き出し、
しかもそれをオープンボディーで成立させる。
開発は困難を極めたが、「走る・曲がる・止まる」の基本性能を本質から見つめ直し、
低い重心高と、45:55の理想的な前後重量配分を実現。

そして、このミリ単位で積み上げたパッケージングを軸に、
スタイリング、エンジン、シャシー、ボディーのパーツひとつひとつまで、すべてを走る喜びに向かって磨き抜いた。

走行テストは、世界中の過酷な路面環境を再現した、北海道・鷹栖のテストコースで走り込みを徹底。
スポーツカーだからこそ、高剛性・高強度ボディーをより軽量でつくりあげるためにも幾多の知恵を注いだ。

夢の実現のためにできることを、徹底的にやり遂げる。
Hondaの挑戦心が生んだ一台で、いま、走りの常識を変えていく。

MORE