MENU
HONDA
検索

今回の深化は、S2000のひとつの到達点。さらに深いクルマとの一体感を味わえる仕上がり。開発責任者 上原 繁

人間を中心に置き、これまでにない価値を提供する。それが、Hondaのスポーツカーづくりのスタイルです。

開発の現場では、
ハードウェアを丹念に研ぎ澄まし、“やり切る”ことが大切だと考えています。
さらにもうひとつ。意志入れと言うか、想い入れですね。
「スポーツカーを創る」という気持ちが大切だと思います。
我々は、“HardとHeart”と言っていますが、それが高い次元で
融合しなければ、スポーツカーにならないと思いますね。

S2000は、他に類を見ないリアルオープンスポーツとして登場し
現在まで、エクステリアのマイナーチェンジを含めて
サスペンションセッティングの熟成、エンジンを2.2L化するなど
より洗練した走り、そして所有するよろこびを求めて進化を行ってきました。

そしてこのたび、VSAを標準装備させ
より安心して、高い次元でS2000の走りを楽しめるよう進化させました。
さらに、空力を利用して走りを特化させたTYPE Sを追加して
S2000の位置づけをしっかりしたものにしようと取り組みました。

標準装備したVSAは、もちろんS2000専用にセッティングしたもので
リアルスポーツカーであるS2000の走りを
より安心して味わえる仕様になっていますから、
これまで以上に深くドライビングを楽しんでいただけると思います。

一方、TYPE Sは単に空力パーツを付加しただけでなく、
サスペンションまで含め、トータルでのセッティングを施してあります。
セッティングのフィールドとなったのは、
北海道の鷹栖プルービンググラウンドです。
鷹栖にある、クルマにとって非常に厳しいワインディングを
さらに高い次元で気持ちよく走れるよう、徹底的にテストを重ねました。
高い次元で気持ちよく走れるクルマを作るということは、
それ以下のスピード領域、たとえば一般道を普通にクルージングする領域でも
とても扱いやすく、クルマとの一体感をより深く味わうことができます。

今回の進化は、1999年の登場以来進化を続けたS2000の、
ひとつの到達点とも言えるものだと自負しております。
その進化のほどを、ぜひ味わっていただければと思います。

BACK1234NEXT