MENU

HONDA

検索

Honda R& D Co.,Ltd 株式会社本田技術研究所

  • Hondaの研究・開発機関として
  • 研究開発システム
  • 組織運営
  • 各研究所案内
  • 二輪R&Dセンター
  • 四輪R&Dセンター(和光)
  • 四輪R&Dセンター(栃木)
  • パワープロダクツR&Dセンター
  • 航空機エンジンR&Dセンター
  • R&DセンターX
  • HondaイノベーションラボTokyo
  • HRD Sakura
  • PG管理室 栃木プルービンググラウンド
  • PG管理室 鷹栖プルービンググラウンド
  • 海外事業所
  • 会社概要・関連会社
  • お知らせ

PG管理室(鷹栖プルービンググラウンド) 寒冷地走行を中心に 走りを鍛える総合テストを実施

全景

鷹栖プルービンググラウンドは、北海道の豊かな自然環境の中、寒冷地テストを中心に走りを鍛える総合テストを目的に建設されたテストコースです。1周6.8kmの高速周回コースは、極限の高速走行条件下における車体、足回り、エンジンなどのテストを行う、これまでのオーバルコースの概念を一掃する極めてタフなコースといえます。ワインディングコースは、1周6.2km、最大高低差57.5mのなかに160Rから9Rまでの異なるコーナーと、路面変化等を設定した、開発過程での妥協を許さない難コースです。地球環境を凝縮したこれらのテストフィールドこそ、Honda製品の新しい「ふるさと」といえるでしょう。

高速周回コース(バンク)

高速周回コース(バンク)

  高速周回コース(バイパスレーン)

高速周回コース(バイパスレーン)

ワインディングコース

ワインディングコース

  ワインディングコース

ワインディングコース

ワインディングコース

ワインディングコース

  ATVコース(除雪機)

除雪機テスト

総合コース(緊急対応訓練)

総合コース(緊急対応訓練)

   

EU郊外コースト旋回コース

EU郊外コース

EUコース

2003年に完成したEU郊外コースは、ヨーロッパの走行環境を代表するイギリス・ドイツの一般道を再現し、さらにドライ、ウェット、スノーの厳しい環境下でのお客様の満足度を評価できるコースとなっています。

旋回コース

旋回コース

旋回コースは2001年に完成。路面管理が行き届いた平坦性のよい円状のコースで一年を通して、ドライ、ウェット、スノー路面を造りあげることができます。今後ますます進化する車体制御技術(ABS・TCS・VSA・4WD)のテストに対応したコースになっています。