MENU

HONDA

検索

Honda R& D Co.,Ltd 株式会社本田技術研究所

  • Hondaの研究・開発機関として
  • 研究開発システム
  • 組織運営
  • 各研究所案内
  • 二輪R&Dセンター
  • 四輪R&Dセンター(和光)
  • 四輪R&Dセンター(栃木)
  • パワープロダクツR&Dセンター
  • 航空機エンジンR&Dセンター
  • R&DセンターX
  • HondaイノベーションラボTokyo
  • HRD Sakura
  • PG管理室 栃木プルービンググラウンド
  • PG管理室 鷹栖プルービンググラウンド
  • 海外事業所
  • 会社概要・関連会社

Hondaの研究・開発機関として新しいモビリティーの開発を通して、次世代に貢献します。

人が生きるということの尊さとその喜びを、一貫してHondaは何よりも大切に考えてきました。未来に希望を託して生きる世界中の人々のために、そして人を育んできた地球と社会のために、Hondaにしかできないことは何か―。私たちHonda R&Dは、Hondaの研究開発機関として存在しています。半世紀を越えるさまざまな技術の蓄積を基盤とし、常に時代をリードする技術開発や研究を行ないながら、新しいモビリティーの提供を通じ、次世代に人と地球と社会に積極的に貢献していくことこそが、私たちに与えられた役割であると考えています。
21世紀―Honda R&Dでは、さまざまな分野で未来に対する新しい挑戦が始まっています。

「技術者である前に人間であれ」(本田宗一郎)描いた未来を技術や商品で具現化していく。それを実現するための技術力と強い「志」は、創業者 本田宗一郎から受け継がれている「人づくり」をとおして培われています。先を読み未来へ導いていくための洞察力にも磨きをかけ、Hondaのドライビングフォースとしてこれからも世界中の人々に喜んで迎えていただける技術・商品を創り出してまいります。代表取締役社長 松本 宜之

社 是

我々は本田技研と不可分の関係に立ち、
多分野にわたる高度の研究に即応する独自の組織を活用し、
個性と能力の自由な発揚を計り、
その成果である商品図面を販売する。