MENU

HONDA

検索

Honda R& D Co.,Ltd 株式会社本田技術研究所

  • Hondaの研究・開発機関として
  • 研究開発システム
  • 組織運営
  • 各研究所案内
  • 二輪R&Dセンター
  • 四輪R&Dセンター(和光)
  • 四輪R&Dセンター(栃木)
  • パワープロダクツR&Dセンター
  • 航空機エンジンR&Dセンター
  • R&DセンターX
  • HondaイノベーションラボTokyo
  • HRD Sakura
  • PG管理室 栃木プルービンググラウンド
  • PG管理室 鷹栖プルービンググラウンド
  • 海外事業所
  • 会社概要・関連会社

HRD Sakura 究極の技術の頂点を目指し、チャレンジを続けるレースは、人と技術を進化させ、社会へと貢献しています。

外観

HRD SakuraはHondaの四輪モータースポーツの技術開発を行う研究所です。
Hondaのモータースポーツ活動を永続的に発展させ、世界中のモータースポーツファンに喜びと夢を提供することを使命として取り組んでいます。
中でも、2015年から再び参戦したF1のパワーユニット開発は、高度なテクノロジーが求められる最高峰カテゴリーへの挑戦です。
豊かな自然を感じられる敷地内に先進的な開発環境と設備を整備し、レースでの勝利に向けた最先端の技術開発を行っています。
これら実際のレース現場で鍛えられた技術は、Honda製品の開発にもフィードバックしています。

設計

設計

  車体組立

車体組立

エンジン組立

エンジン組立

  材料開発

材料開発

パワーユニット単体試験

パワーユニット単体試験

  車体試験

車体試験

完成車シミュレーター

完成車シミュレーター

  レストア活動

レストア活動

F1パワーユニット

F1 Power Unit

2014年から適用されているF1パワーユニットのレギュレーションでは、エンジンが1.6L-V6直噴ターボとなり、 これに併せてERS(エネルギー回生システム)が「MGU-K(減速時の運動エネルギー)」と「MGU-H(排気の熱エネルギー)」の 2種類のエネルギー回生システムを有するハイブリッドシステムとなっています。
また、燃料流量を厳しく制限される事で高出力化と共に非常に高い熱効率が要求され、MGU-Kへのエネルギーも制限される事でエンジンと2種類のMGUの緻密な協調制御によるエネルギーマネージメントが必要となります。
更に、年間で使用できるユニット台数が年々抑えられる事でより高い耐久信頼性も求められ、あらゆる項目で高度な技術が必要となる 「究極のパワーユニット」と言えます。