MENU
HONDA
検索

2016-2017 FIM世界耐久選手権シリーズ 最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会へ参戦予定のステファン・ブラドル選手、健康上の理由により参戦の取り止めを決定

「2016-2017 FIM※1世界耐久選手権シリーズ最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第40回記念大会」(以下、鈴鹿8耐)にF.C.C. TSR Hondaより出場予定だったステファン・ブラドルは7月24日(月)より体調不良により入院。25日(火)の午前中に担当医より中耳炎と診断され、耳の内部で炎症を起こしているため、日本への渡航に対してドクターストップがかかり、参戦の取り止めを決定しました。

ステファン・ブラドルのコメント
ステファン・ブラドル鈴鹿8耐に参戦することを1年間心待ちにしていただけに、今回参戦できなくなったことを非常に残念に思います。不運にも、内耳・鼓膜が炎症を起こしていて、医者から飛行機に乗るべきではないと診断されました。鈴鹿でのテストを通じて、確かな手ごたえを感じていただけに本当に残念に思います。TSRのチームスタッフ・ライダー、Hondaチームのみんなが鈴鹿8耐本番で良い結果を得られるように心から応援しています。

なおチームは、ステファン・ブラドルに代わり、2015年の鈴鹿8耐 第38回大会にF.C.C. TSR Hondaより出場、2位表彰台を獲得、今大会ではTeam SuP Dream Honda より参戦予定だったジョシュ・フックを起用。F.C.C. TSR Honda はドミニク・エガーター、ランディ・ドゥプニエ、ジョシュ・フックの3名で優勝を狙います。
またジョシュ・フックが参戦予定だったTeam SuP Dream Hondaは リザーブライダーとして登録されていたダミアン・カドリンが第3ライダーとなり、伊藤 真一、グレッグ・ブラックとの3名体制で上位入賞を目指します。

※1FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称


> GO BEYOND ~勝利に向けた3チームの限りなき挑戦を追う~ #5 F.C.C. TSR Honda
> チーム紹介 - #5 F.C.C. TSR Honda
> チーム紹介 - #79 Team SuP Dream Honda

モータースポーツ >  2017 鈴鹿8耐 >  2016-2017 FIM世界耐久選手権シリーズ 最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会へ参戦予定のステファン・ブラドル選手、健康上の理由により参戦の取り止めを決定

News