MENU

HONDA

検索

レースで勝つために ニューマシン、Hondaの挑戦 レースで勝つために ニューマシン、Hondaの挑戦

CBR1000RR SP2 レースベース車

2017年3月、Hondaはレースマシンのベースとして使用されている「CBR1000RR SP」のフルモデルチェンジを行いました。そして、17年4月には、「CBR1000RR SP2 レースベース車」を発売。このマシンが、各チームの手によって鈴鹿8耐仕様となり、今年のレースに参戦します。

第1回 CBR1000RR SP2 レースベース車

race base Model CBR1000RR SP2 レースベース車 CBR1000RR SP2 レースベース車 CBR1000RR SP2 レースベース車 CBR1000RR SP2 レースベース車 CBR1000RR SP2 レースベース車 CBR1000RR SP2 レースベース車 CBR1000RR SP2 レースベース車 CBR1000RR SP2 レースベース車

新型「CBR1000RR SP2」をベースに、ラジエーター、オイルクーラーをレース専用品に変更するなど、レーシングマシンへのモディファイを前提としたパーツ構成のモデル。レースに不要な灯火器などを取り外すなど、よりローコストでレースに参戦できる装備となっている。

灯火器類

① 灯火器類 スプリントレースでは不要となる灯火器類は廃止。
ヘッドライト部にはケースのみを装着。

レーシングマシンへのモディファイを前提としたパーツ類 レーシングマシンへのモディファイを前提としたパーツ類 レーシングマシンへのモディファイを前提としたパーツ類 レーシングマシンへのモディファイを前提としたパーツ類 レーシングマシンへのモディファイを前提としたパーツ類 レーシングマシンへのモディファイを前提としたパーツ類

② レーシングマシンへのモディファイを前提としたパーツ類 市販モデルで採用されていた塗装やストライプは廃止。カウル類はCBRのシルエットを残しつつ、インナーカウルやリアフェンダーなどを廃止。

また、CBR1000RR(スタンダード)で採用されている、TOKICO製フロントブレーキキャリパー、SHOWA製前後サスペンションに変更され、前後ホイールはENKEI製を採用。

排気パーツでは、公道車両の法規適合のために搭載されている排気バルブ、キャタライザーが廃止され、メーターはABS非搭載モデルでも使用可能な北米向け仕様を装着。フューエルタンクは、スチール製に変更。

フロントブレーキキャリパー & 前後サスペンション

③ エンジン冷却装置高密度化されたラジエーターや、オイルクーラー、ウォーターホースのエンジン冷却装備をレース専用部品に変更。

モータースポーツ >  2017 鈴鹿8耐  >  レースで勝つために──ニューマシン、Hondaの挑戦

News