MENU

HONDA

検索
Hondaホームページ
モータースポーツ
Pokka 1000km
Honda Racing
インターナショナル ポッカ 1000km
モータースポーツTOPへ
鈴鹿サーキット Pokka 1000km
2004 August,22
決勝
コメント
TVオンエア情報
リザルト
  1 #18 道上/フィリップ/伊藤組
  2 #100 中野/加藤組
  3 #20 和田/影山/光貞組
    リザルト一覧
Honda NSX-GTが2年連続の1-2フィニッシュを飾る

決勝日:8月22日(日) サーキット:三重県鈴鹿サーキット 決勝周回数:173周(1004.611km) 天候:曇り一時雨 気温:28.2℃(15:00現在) コースコンディション:ドライ 観客:3万1000人(主催者発表)

 8月22日(日)、三重県・鈴鹿サーキットにおいて第33回を迎える真夏のスポーツカーレースの祭典、「2004年 第33回インターナショナル ポッカ 1000km」の決勝レース(173周)が行われ、ポールポジションからスタートした#18 TAKATA童夢NSX(道上 龍/セバスチャン・フィリップ/伊藤大輔 組)が優勝。続く2位に#100 RAYBRIG NSX(中野信治/加藤寛規 組)が入り、Honda NSX-GTが1-2フィニッシュを果たした。この優勝はHonda NSX-GTにとって2年連続4回目。道上 龍選手にとっては2年連続3回目となった。

 21日(土)に行われた予選は、TAKATA童夢NSXの道上 龍選手が2回目のタイムアタックで1分57秒722をマークし、見事ポールポジションを獲得した。RAYBRIG NSXは1分58秒901のタイムを記録し、3番手グリッドを獲得した。

 決勝日の天候は曇り、気温28.2℃と今夏では比較的条件の良いコンディションとなった。5クラス総参加台数30台のマシンは午後1時5分にローリングスタートを切った。レース序盤はポールポジションスタートの道上 龍選手(TAKATA童夢NSX)がトップを走行、加藤寛規選手(RAYBRIG NSX)が3位を走行する。レース序盤はトップを走る道上選手が背後につける2位の飯田章選手(iDC大塚家具サードスープラ)を抑える展開が続き、バックマーカーを丁寧に抜きながらトップを堅持する。25周目のスプーンカーブで2位となるものの、その直後に敢行した素早いピット作業が功を奏し、すぐさまトップの座を奪い返した。道上選手から引き継いでドライブする伊藤大輔選手(TAKATA童夢NSX)は安定した走行を続け、2位のサードスープラが37周目にマシントラブルのためスローダウンし、バックストレート脇でマシンを止めたため、以降はHonda NSX-GTが1-2体制を築くこととなった。

 54周終了時にTAKATA童夢NSXが伊藤選手からセバスチャン・フィリップ選手にドライバー交代を行い、60周終了時に中野信治選手から加藤選手へ交代したRAYBRIG NSXとともに着実な走りを見せる。残り20周余りとなった18時30分頃に一時的な小雨が降り、各チームがレインタイヤを用意するハプニングが起きたものの、アンカーを務めるフィリップ選手と中野選手は冷静なドライビングを続けた。

 Honda NSX-GTの2台は1000kmの長丁場をトラブルも無く安定したラップタイムで刻み続け、各6回のピットイン作業もスムーズにこなした。その結果、トータル173周を6時間8分47秒528で走りきった#18 TAKATA童夢NSX(道上 龍/セバスチャン・フィリップ/伊藤大輔 組)が優勝。#100 RAYBRIG NSX(中野信治/加藤寛規 組)が2位でチェッカーを受け、Honda NSX-GTは2年連続となる1-2フィニッシュを果たした。

コメント ページトップへ

永長 真(Shin Nagaosa)NSX-GTプロジェクト・プロジェクトリーダー
Honda NSX-GTの2台が、1000kmという長丁場のレースを走り抜き、2年連続の1-2フィニッシュを達成することができました。これはドライバーとチームが一丸となってプロフェッショナルな仕事をしてくれた結果だと思います。今回のレースでは後半戦に使用する予定のニューバージョンを投入したのですが、何のトラブルも無く完走しました。この勢いを弾みにして次のもてぎラウンドでは、何とか優勝をもぎ取りたいと思いますので、今まで以上のご声援を宜しくお願い致します。長時間のご声援ありがとうございました。

優勝 #18 TAKATA 童夢 NSX
道上 龍(Ryo Michigami)選手
2年連続優勝は本当に嬉しいですね。決勝ではコース上の混雑が激しくて精神的なコントロールが難しかったですね。でも、セッティングが良かったので気にはしていませんでした。今回は予選から手応えを感じていたし、ハンディウエイトを積んでいない状態でライバルと対等に戦えたので、JGTC残り3戦が楽しみですね。

セバスチャン・フィリップ(Sebastien Philippe)選手
レース序盤から道上選手と伊藤選手が頑張って走ってくれて、チームのピット作業もスムーズだったので走りきれば良いという感じでした。安定して走ることを心がけていたので、逆に集中力を維持するのに苦労しました。JGTCでも優勝をねらって走りますので応援を宜しくお願い致します。

伊藤大輔(Daisuke Ito)選手
Honda NSX-GTが1-2フィニッシュを飾れたことは本当に嬉しいですね。僕は昨年2位だったのでなおさら嬉しいです。それに、今回は助っ人として参加して結果を出すことができたのでホッとしています。マシンは着実に進歩していますし、次戦のJGTCではこの経験を生かして本来のチームであるARTAで好成績を残したいと思います。

2位 #100 RAYBRIG NSX
中野信治(Shinji Nakano)選手
表彰台に乗れたことを嬉しく思います。最後に雨が降りましたが、とにかく自分をコントロールして走りました。今シーズンは久々の国内レースに参戦しているのですが、こうやって走ることができるのもファンやスポンサーやチームの皆さんのおかげだと実感し、深く感謝しています。JGTC後半戦も全力を尽くして頑張ります。

加藤寛規(Hiroki Katoh)選手
 優勝することはできませんでしたが、トラブルも無く確実に走ることができたので2位という結果に満足しています。マシンは大きく進歩したと感じていますし、チーム内のコミュニケーションも良くなっているので、JGTCでは是非とも優勝を目指して頑張りたいと思います。

決勝リザルト ページトップへ
順位 No. クラス 車名/ドライバー Lap タイム/差
1 18 GT500 TAKATA童夢NSX
道上龍/セバスチャン・フィリップ/伊藤大輔
173 6:08'47.528
2 100 GT500 RAYBRING NSX
中野信治/加藤寛規
173 +1'30.402
3 20 GT300

FK/マッシモADVANポルシェGT3-RSR
和田博/影山正美/光貞秀俊

161 +12Laps
4 72 GT300 インタークルーアドバンBOROポルシェ
平川晃/福山英朗/砂子塾長
161 +12Laps
5 2 GT300 プリヴェチューリッヒ・クムホ・NSX
高橋一穂/渡辺明/ザヴィエル・ポンピドウ
161 +12Laps
6 9 GT300 Gulf K-stadium MT-R
谷川達也/山下潤一郎/周防彰悟
159 +14Laps
7 69 GT300 PCJダンロップポルシェGT3-RS
和田雅英/井上貴志/竹内浩典
157 +16Laps
8 5 GT300 フランクーミューラー (株)アクセル マッハFC
木本正広/玉中哲二/堀田誠
156 +17Laps
9 112 OPEN ARKTECH ADVAN GT3-CUP MOND SPEED
斉藤多聞/吉川とみ子/芳賀重光
151 +22Laps
10 14 OPEN Tomei Sport GT3R ADVAN
小山雅也/渡辺史彦/袖山誠一
150 +23Laps


オンエア ページトップへ
スポーツ・アイESPN
「2004 インターナショナル ポッカ 1000km耐久レース」
10月3日(日) 22:30〜24:30(初回)
10月31日(日) 19:00〜21:00
11月8日(月) 19:00〜21:00
11月13日(土) 16:00〜18:00

※スカパー!、スカパー!110、ケーブルテレビで放送中

※放送日時は変更になる場合があります。最新の情報は、各放送局にお問い合わせください
 
Honda Racing モータースポーツTOPへ

フッタ ホームへ 検索へ お客様窓口へ ご意見・ご感想へ マップへ ホットニュースへ ホームへ