MENU

HONDA

検索
Hondaホームページ
モータースポーツ
ニュース
ニュース・インデックス
Honda Racing
モータースポーツTOPへ
ヘレステストレポート ジェンソン・バトン
2005年2月14日

ヘレステストレポート(2月11日)

ヘレステストで、B・A・R Hondaがトップタイムを記録

 Lucky Strike B・A・R Hondaは、ウィンターテストの舞台をスペイン南部のヘレスに移し、精力的に開発プログラムを消化した。今回のテストには4人のドライバーがフル参加し、4日間の日程で実施された。新車投入後の3週間はバレンシアで走り続けていただけに、コース特性の違うサーキットで、初めてニューマシンB・A・R Honda 007を走らせるテストとなった。

 テスト初日午前中は、前夜の雨で路面がまだ濡れていたために、ほとんど走行することができなかった。ほどなくコースインしたアンソニー・デビッドソンは、ニューマシン1号車でタイヤ評価とセットアップ作業を行った。しかし午後のセッションが始まって早々、佐藤の乗った2号車のリアウィングが、1コーナーに進入する際に脱落するアクシデントが発生。マシンはコースオフして、タイヤバリアに激突。幸い佐藤にほとんど怪我はなかったものの、この日のテストはこれで打ち切りとなった。ウイングの脱落原因についての調査は継続中だが、このウイングの製造上の問題という可能性が高いようだ。

 2日目のデビッドソンは、昨年のマシンでタイヤコンパウンドの評価を中心にメニューをこなし、実に154周、680km以上を走破した。一方、新車のステアリングを握った佐藤は、午前中はギアボックストラブルに見舞われ、午後は10コーナーでスピン、コースアウトを喫するなど、思うように周回できず。マシンへのダメージはそれほどでなかったものの、この日のテストは予定より早く切り上げられた。

 3日目にテストに合流したバトンは、007の2号車をドライブ。まずはこのサーキット用のマシンの初期セットアップと、バトン自身の習熟走行を重ねる。ところが前日の佐藤と同様のコースアウトを、同じ場所で喫してしまう。タイヤバリアに衝突し、マシン前部を破損。とはいえメカニックの敏速な作業のおかげで、午後にはコースに復帰した。その後セッション終了までに、ショートランでのタイヤ評価と空力プログラムを消化した。この日のバトンは72周を周回。一方の佐藤は006で主にタイヤ開発に集中し、129周を走行した。

 そしてテスト4日目、金曜日のバトンは、タイヤプログラムを中心にニューマシンで129周を走行。Hondaのニューエンジンは、この時点での目標走行距離を達成した。また、この日テストに加わったエンリケ・ベルノルディは、空力とロングランでのタイヤテストをこなし、122周を走りきった。

 3日目まではトラブルに見舞われたこともあり、若干欲求不満気味のテストだったが、金曜日にマシンの真のポテンシャルをうかがわせる結果を出せ、チームには明るい雰囲気が流れた。チームとしてはこの時点まで信頼性の確認と、新たなレギュレーションの下で、タイヤがどのような性能を発揮するかのテストの重点を置いていた。しかし、チームはこの日初めて燃料搭載量を軽くしてのタイムアタックにチャレンジ。その結果はバトンが1分15秒680という、今週を通しての最速タイムとなって表れた。バトンは、翌土曜日にはウエットテストに参加し、今回のテストを締めくくった。

ジェンソン・バトン
「テストをはじめた時は、けっこう大変だった。リアウイングの問題が出たし、琢磨も僕も同じコーナーでミスを犯したしね。そんな感じで3日間過ぎて、最終日の今日こそは何か具体的な進歩の形を出したかった。僕らは、タイヤテストでかなりの収穫が得られたし、マシンのフィーリングは素晴らしく、何より安定して速い。これは新レギュレーションの下では、とても重要なことだと思うよ」

佐藤琢磨
「今回のヘレステストは苦難の連続でしたが、同時に進化の手ごたえも感じました。特に最初の2日間は幾つかのトラブルに見舞われてしまいましたが、そこでの収穫は多く、さらに前進できたと思います。木曜日は順調に129周を走行でき、膨大なデータが収集できたはずです。次回は再びバレンシアに戻りますが、ここでもさらに前進したいですね。気持ちはもうすでに開幕戦のメルボルンですよ」

アンソニー・デビッドソン
「山あり谷ありのテストだった。初日は路面が濡れてたのとリアウイングの問題で、満足に周回できなかった。でも翌日は、今季用の空力に対応した006で、154周も走れた。おもにロングランでのタイヤ評価と、各種システム開発が目的だった。ニューマシンがどんどん良くなって行くことは嬉しいよ。とにかく昨年のマシンより、はるかに進化したクルマであることは確かだと思うよ」

エンリケ・ベルノルディ
「今回はテストの最終日からチームに合流した。メニューはロングランでのタイヤ評価と、空力比較だった。今日の結果には満足しているし、マシンをさらに進化させるために、今後も頑張るよ」

アンドリュー・オズワース B・A・R Hondaテストチームマネージャー
「今回のヘレステストでは、新車のあらゆる分野でさまざまな試みを行った。いくつか問題は出たものの、全般的にはB・A・R Honda 007の信頼性とパフォーマンスには力づけられた。ライバル達に比べてだいたいどの程度のポジションにいるのか知ることも、目的の一つだった。次週はバレンシアに戻って、予定されたプログラムを続行する」

中本修平 エンジニアリング・ディレクター Honda Racing Development
「最初の3日間は、色々なことがありました。そのため期待していたほどは走行距離が稼げませんでしたが、最終日が非常に有意義な1日になり、かなりの部分で挽回できました。メルボルンでの開幕戦までのウィンターテストも、いよいよバレンシアであと2回を残すのみとなりました」

Honda Racing F1 TOPへモータースポーツTOPへ

フッタ ホームへ 検索へ お客様窓口へ ご意見・ご感想へ マップへ ホットニュースへ ホームへ