MENU
HONDA
検索

モータースポーツ > Honda Racing Gallery > F1 第三期 > B・A・R Honda 006

見えていた初優勝

2004/B・A・R Honda 006(B・A・R ホンダ 006[4輪/レーサー])

2004年、シーズンを通じて優勝争いを展開した006佐藤琢磨の快走は日本人の夢を近づけ、表彰台へと持ち上げた

Text/Tetsuo Tsugawa  Photos/Katsuyoshi Kobayashi

2004/B・A・R Honda 006(B・A・R ホンダ 006[4輪/レーサー])

第9戦アメリカGP出場車 No.10 佐藤琢磨

最強の存在として君臨した“跳ね馬”を追いかけ回したB・A・R Honda 006。

最強の存在として君臨した“跳ね馬”を追いかけ回したB・A・R Honda 006。

2004年、日本のF1ファンは大きな夢を見せてもらった。それもほとんど現実に近い夢であった。

ジェンソン・バトンと佐藤琢磨の駆るB・A・R Honda 006はシーズンを通してトップ争いに絡む大活躍をしてみせた。バトンは2位表彰台をモノにし、琢磨はアメリカGPで1990年の鈴木亜久里以来という表彰台登壇(3位)という偉業を達成したのだ。日本人ドライバーによる優勝という夢は、実際すぐそこまできていたのである。

B・A・R Honda 006は前年まで使用していたブリヂストンタイヤをやめ、ミシュランへスイッチした。これは006のマシン開発を担当したジェフ・ウィリスの判断だった。

RA004Eエンジンは900馬力以上を発生し快走を支えた。

RA004Eエンジンは900馬力以上を発生し快走を支えた。

03年のシーズン終了前に、B・A・R Honda 006は005シャシーに006仕様のバックエンドを搭載したハイブリッドマシンですでにテストを始めていた。この時点ではまだタイヤはブリヂストンだったので、結果的に両メーカーの比較テストができた唯一のチームであったことが006開発に大いに役立っているという。ウィリスが開発を進めたサスペンションとエアロダイナミクスは、走り出しの初期段階からミシュランタイヤとうまいマッチングを見せ、タイヤの性能を理想的に引き出していった。そして005のミシュラン型ハイブリッドを基に006が登場し、開幕から驚くべきスピードを見せたのである。

しかしシーズンが進むといくつかの不具合が出てきた。006は強力なダウンフォースを発生してはいたものの、そこにフレキシブルウイング(フラップ)の存在が疑われたのだ。通常は大きなダウンフォースを得て走行しているが、中速から高速の変化域でフレキシブルウイングが作動し、ダウンフォースが急激に抜けてしまう性格を持っていたと言われている。

 

| 1 | 2 |

NEXT

B・A・R Honda 006

2004/B・A・R Honda 006(B・A・R ホンダ 006[4輪/レーサー])

2004/B・A・R Honda 006(B・A・R ホンダ 006[4輪/レーサー])

SPEC

シャシー

型番 B・A・R Honda 006
トランスミッション B・A・R/Honda&Xトラック製7速
クラッチ カーボンプレート
サスペンション
(前後とも)
ウイッシュボーン/プッシュロッド+アクティブトーションスプリング&ロッカー、メカニカルアンチロールバー
ダンパー KONI
ホイール BBS
ホイール径
(前後とも)
13インチ
ホイール幅 フロント/312mm
リア/360mm
ブレーキ アルコン
(2×6ピストンキャリパー)
ステアリング ラック&ピニオン
(パワーアシスト付き)
ホイールベース 3150mm
トレッド フロント/1460mm
リア/1420mm
車両重量 600kg
燃料容量 150リットル

エンジン

型式 Honda RA004E
スパークプラグ NGK
エンジン形式 V型10気筒NA
V角度 90度
排気量 2998cc
圧縮比 未発表
最高出力 900馬力以上/18500rpm以上
ブロック素材 アルミニウム
フューエルインジェクション Honda PGM-FI
エンジン重量 未発表

F1 第三期

NEXT Spirit Honda 201C