MENU

HONDA

検索

モータースポーツ > Honda Racing Gallery > F1 第一期 > Honda RA271

独創的アイデアの横置きV12車

1964/Honda RA271(ホンダRA271[4輪/レーサー])

世界への挑戦を開始した尖兵──Honda第1期F1活動、最初のマシン

Text/Akihiko Ouchi  Photos/Hidenobu Tanaka, Honda

1964/Honda RA271[4輪/レーサー]

1964年F1世界選手権出場車 No.20 ロニー・バックナム

スリムなノーズと比べ、重厚長大な印象のエンジン。コクピット背後のボリューム感に驚く。エンジン形式とエンジンレイアウトの手法以外に目立った特徴はなく、サスペンション形式はコンベンショナルなダブルウイッシュボーン。

スリムなノーズと比べ、重厚長大な印象のエンジン。コクピット背後のボリューム感に驚く。エンジン形式とエンジンレイアウトの手法以外に目立った特徴はなく、サスペンション形式はコンベンショナルなダブルウイッシュボーン。

1960年代初頭、2輪車メーカーとして軌道に乗ったHondaが4輪車進出とF1参戦を目指した当初、その立場はエンジンの供給者としてだった。実際に供給先としてチーム・ロータスとは契約締結寸前まで話は進んでおり、「ロータス・ホンダ」で64年のF1グランプリを戦う予定だった。しかし本契約&エンジン納入直前の64年2月になってキャンセルの連絡が入ったことで状況は一変。普通ならその時点でお蔵入りとなってもおかしくないケースだが、「HondaはHonda自身の道を歩む」とオリジナルシャシーを作り上げ、エンジンサプライヤー兼コンストラクターとして自ら参戦することを決意した。

そうして、エンジン評価用のテストベッドとして製作された「零号機」RA270を参考に、叩き台として次期テスト車両の予定だった「RA271」を、急きょ実戦用シャシーとして設計することとなった。なお横置きレイアウトを採用するV型12気筒エンジンということ以外にRA270との共通性は皆無で、あくまでブランニューのオリジナルシャシーとして登場した。

やや左にオフセットしたステアリング(外径270φの革巻き)。中央には「H」マークが配された。計器類はバルクヘッド上部のクロスメンバーの軽量化用肉抜き穴を流用して取り付けられた。

やや左にオフセットしたステアリング(外径270φの革巻き)。中央には「H」マークが配された。計器類はバルクヘッド上部のクロスメンバーの軽量化用肉抜き穴を流用して取り付けられた。

RA271が斬新だったのは設計者の佐野彰一がこの時代にアルミモノコックの採用に踏み切ったことと、1.5Lながら12気筒レイアウトを選んでいたことだった。特にV型12気筒エンジンは、当時のF1では検討されても製作されたことはないという希少なレイアウトだった。欧米でも1.5リットルにV12は多すぎると考えられていた。ホンダでも、企画時に1.5Lで12気筒は無謀だと反対する開発陣に対して「125cc(×12)はモーターサイクルで手慣れた排気量だ」と説明したと伝えられる。自製シャシーでF1に臨むことになったホンダは、2輪用レーシングエンジンの技術をつぎ込んだ60度V12エンジンを横置き搭載するために、モノコック+スペースフレームという独特の構成をRA271に採用した。後年のロータス49+フォードDFVによって完成される、エンジンをストレスメンバー的に使う手法の先がけとも言えるアイデアだった。フロント/リヤのサスペンションにもオリジナルな手法が取り入れられており、当時のHondaの挑戦的な姿勢が窺える。完成したRA271E型エンジンは220hp+α、他チームが使うクライマックスなどのエンジンに対し10〜20hp程度のアドバンテージがあった。また燃料噴射装置もイタリアGPから導入されている。

1.5LのV12エンジンを横置きに搭載したRA271は独創的と評価されたが、モーターサイクルメーカーにとれば特に奇をてらった手法でもなく、センターテイクオフ方式の採用も、2輪車メーカーならではの発想と言えた。

 

| 1 | 2 |

NEXT

Honda RA271

1964/Honda RA271[4輪/レーサー]

1964/Honda RA271[4輪/レーサー]

SPEC

シャシー

型番 Honda RA271
車体構造 アルミニウムモノコック、
アルミボディ
全長×全幅×全高 未発表
ホイールベース 2300mm
トレッド(前/後) 1300/1350mm
サスペンション
(前後とも)
ダブルウイッシュボーン
トランスミッション Honda製6速MT
車体重量 525kg
燃料タンク 130L
タイヤ ダンロップ

エンジン

型式 Honda RA271E
形式 水冷横置き60度V型12気筒DOHC48バルブ
総排気量 1495cc
最大出力 220hp
最高回転数 11500rpm
重量 209kg(ギヤボックス含む)

F1 第一期

NEXT Honda RA273