上質な仕立てをすみずみまで施した
プレミアムな空間。

室内空間イメージ

大切なのは、広さと空間のクオリティー。
先進の機能と細やかな心づかいを、上質な素材とデザインでつつみました。

快適性

ゆとりの2列目プレミアムクレードルシート。タイプ別設定

ゆとりの2列目プレミアムクレードルシート[タイプ別設定]

オットマンを内蔵

オットマンを内蔵

背もたれを倒すと座面上部が連動して上昇

背もたれを倒すと座面上部が連動して上昇

背もたれは中折れ機構付

背もたれは中折れ機構付

背もたれを倒すと連動して座面前部が持ち上がり、姿勢を優しくホールド。ロングスライド機能や背もたれの中折れ機構、オットマンも付いた特等席です。

深いくつろぎをもたらす、ゆったりサイズのヘッドレスト。

深いくつろぎをもたらす、ゆったりサイズのヘッドレスト。

スマートフォンやペットボトルなどを置けるホルダーをシートにも。

スマートフォンやペットボトルなどを置けるホルダーをシートにも。

3人がけで床下格納を実現した3列目シート。

床下にしまえる3列目シートは、リクライニング機構を備え、背もたれの角度を1席ごとにずらすことで大人3人が肩をふれあうことなく座れます。

3人がけで床下格納を実現した3列目シート

運転席に加え、助手席にもパワーシートをご用意。

運転席8ウェイパワーシート

シートの前後スライド、リクライニングの角度、高さ(前・後)を、電動で調節可能。

運転席8ウェイパワーシートタイプ別設定

助手席4ウェイパワーシート

シートの前後スライド、リクライニングの角度を電動で調節可能。

助手席4ウェイパワーシートタイプ別設定

すごしやすさにも、プレミアムを。

トリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナー

1列目左右席、リア席の3つのゾーン各々で好みの温度設定ができます。

トリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナータイプ別設定

IRカット〈遮熱〉ガラス[フロントウインドウ&フロントドア]+スーパーUVカットガラス[フロントドア]

ジリジリ感を生む赤外線を抑制し、フロントドアのガラスから差し込む紫外線を約99%カット※1

IRカット〈遮熱〉ガラス[フロントウインドウ&フロントドア]+スーパーUVカットガラス[フロントドア]

使いやすさ

使う人に、上質なおもてなし。

運転席大型アームレスト

肘を置いてくつろげる、ゆったりサイズのアームレスト。お好みの角度に調節することができます。

運転席大型アームレストタイプ別メーカーオプション

センターコンソールボックス

収納に便利な、シャッター付きのボックス収納です。

センターコンソールボックスタイプ別メーカーオプション

100V AC電源

大容量1500W※2で、電気ポットやポータブル冷蔵庫などに対応する電源。アウトドアや災害時に幅広く使えます。

100V AC電源タイプ別メーカーオプション

超低床プラットフォーム

ミニバン性能の理想を求めて。

空間性能と移動性能を高め合う、超低床プラットフォーム。

空間を広くとるため「天井を上げると同時に床面も下げる」というHondaならではの発想をさらに深化。フロア下の燃料タンクや排気系を極限まで薄くし、空間の拡大はもちろん、低重心化による運動性能や乗り心地の向上を実現。乗り降りもしやすくなるなど、様々な価値を生み出します。

空間性能と移動性能を高め合う、超低床プラットフォーム。

超低床プラットフォームをそのままに、
高効率のハイブリッドシステムを追求。

乗員すべてに快適な空間を用意するために。オデッセイ ハイブリッドは極限の薄さを誇る超低床プラットフォームに、独創のハイブリッドシステムを組み込みました。システムを徹底的に小型・高効率化し、バッテリーなどはHondaで初めて1列目シート下に搭載。広大な空間を犠牲にせずに、優れた燃費性能と未体験の走りを実現しています。

超低床プラットフォームをそのままに、高効率のハイブリッドシステムを追求。■機能説明のための合成写真です。

座った時に広く感じる、その実感を大切に。

たとえば、着座時の頭まわりが広くなるように工夫した形状など、オデッセイはいたずらに室内高を上げるのではなく、乗員それぞれが実感できる“広さ感”にこだわっています。

座った時に広く感じる、その実感を大切に。

約30cmの
低いステップ高で
乗り降りしやすい。

低床化により優れた乗降性を獲得。階段のようなステップをなくすことで、フラットで広いフロアも実現しています。

約30cmの低いステップ高で乗り降りしやすい。

※1 Honda調べ。ISO9050基準。

※2 定格消費電力1500W以下の電気機器でも正常に作動しない場合があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。

■掲載の写真には、機能説明のための作動イメージが含まれます。

■数値はすべてHonda測定値。

■インテリアの写真はすべてカットボディによる撮影。

■メーター類は撮影のため点灯。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「主要装備表」「主要諸元表」をご覧ください。