Presented by pen

第3回 時代を超えて、技術革新に触れる旅へ。

オデッセイ×富岡製糸場

イノベーションの動機は、ものづくりに対する熱意。

「本質を感じる、知への旅」第三回目は、2014年に世界遺産として登録された群馬県富岡市に位置する、明治期の日本の生糸産業、貿易を支えた富岡製糸場が舞台。革新はどういった背景で起こるのかを考えながら、富岡製糸場とオデッセイに見出された共通点について触れていきます。

悪評を覆すために生まれた、富岡製糸場誕生の背景。

江戸時代の末期、日本はアメリカとの間で日米修好通商条約を締結し、それを皮切りにイギリス、フランス、オランダ、ロシアとも同様の条約を結び、貿易をスタートさせます。当時の主な輸出品は絹をつくるために必要とされる生糸。この頃、生糸をつくる道具として普及していたのが、歯車仕掛けになっている木製の簡易的な座繰器 (ざぐりき)と呼ばれるもの。生糸をまんべんなく巻き取ることができる綾振り装置が座繰器にはついていたため、手で挽くよりも効率はよかったのですが、品質にはバラつきがあったといいます。それが災いし、生産量が増えるにつれ、粗悪なものばかりが出回るようになってしまい、諸外国と貿易をスタートしたにも関わらず、日本に対する評判がどんどんと落ちていきます。その結果、品質を斉一化でき、かつ大量出荷をまかなえる製糸工場の建設が求められるようになり、富岡製糸場はつくられたのです。

建設計画を立てたのは、フランス人生糸技術者のポール・ブリューナ。1870年にフランス公使館で通訳をしていたアルベール・シャルル・デュ・ブスケと出会い、絹織物に対する造詣の深さが認められ、彼からの推薦を受ける形で、富岡製糸場を指揮する立場へと転身しました。

木の骨組みの間を積み上げたレンガで埋め壁をつくる、木骨煉瓦造と呼ばれる西洋の建築方法で基礎をつくり、そこに日本の瓦屋根を組み合わせた富岡製糸場の繰糸所。さらに主要な資材は地のものを使い、ガラス窓やドアに関してはフランスから取り寄せるなど、素材、細部にまで和洋折衷のコンセプトが一貫されていました。

繰糸所の内部。約140mもの奥行があり、両側にずらりと生糸をつくるための機械が並びます。生糸製造の工程は養蚕農家から運ばれてきた繭を受け取る作業からはじまり、カビが発生しないよう乾燥し、出来の悪い繭を省く選繭を行う。その後、糸をほどきやすくするために繭を煮てから巻き取りに移り、一定量の重さ、長さ、幅になっているかをきちんと確かめた上で出荷されていました。

1セットで幅32mある、上で触れた巻き取りを自動化させるための巨大な機械。これによって、大幅に作業負担が軽減されたのですが、常に人の目でチェックをし、不備の確認や調整を行っていたといいます。1987年の操業停止まで稼働し続けた、日本が誇る宝物です。

絹織物を世界中に広め、一般化させるきっかけをつくった存在。

ブリューナの計画は、大きくわけて4つの項目で構成されていました。洋式の繰糸器械を導入し一定の生産量を保つことができる世界最大規模の環境をつくること。外国人技術者の指導を元に生産を行い、高いクオリティを追求すること。日本全国から工女を募り、新たな雇用を生むこと。加えて、その工女たちを指導者になれるまで育てあげ、各々の出身地で技術を広めることも将来的な計画に含まれていました。コンセプトが固まってから建設が急ピッチで進められ、でき上がったのが1872年の7月。実際に操業がスタートしたのはそのおよそ3カ月後で、そこからしばらくの間は工女への指導に注力していきます。

結果が表れ出すのは技術が定着し、日本人だけでの稼働が可能になった1876年。富岡でつくられる生糸の原料である繭の品質の高さも後押しし、段々とかつての悪評が覆されていきました。大量かつ良質な生糸を生産できるシステムを構築し、一部の特権階級の人しかもつことができなかった絹織物を世界中に広め、一般化させるきっかけをつくり、多くの人びとの生活を彩った存在。そんな革新をもたらした富岡製糸場は、1987年の操業停止後も大切に残され、現在は過去の偉業、文化を伝える役目を担っています。

Hondaが先陣を切った、運転支援技術の発展。

大きな問題の改善から革新は生まれる。このことは昨今の自動車に搭載されている運転支援技術にも当てはまります。誕生した理由は、1970年代に街を走るクルマの数が急激に増加したのに伴って交通事故が多発し、社会問題となっていたためでした。そこからHondaは衝突安全に関する研究を開始し、まず今では当たり前な機能となっているABS(アンチロックブレーキシステム)を国産車ではじめて実用化。その後、2002年に単眼カメラによって車線を検知し、車線の中央に沿って走れるように支援するLKAS(車線維持支援システム)、2003年には世界で初めて、遠くにいる対象の位置、速度の測定が可能で、雨、霧、夜にも強いミリ波レーダーを使い、緊急時に減速などを行うCMBS(追突軽減ブレーキ)を実用化しました。

単眼カメラで道路の白線を検知し、車体が車線からはみ出さないように手助けするLKAS(車線維持支援システム)の図解。開発コンセプトは、クルマを運転する楽しみを残しながら、さりげなくサポートすること。LKASは、あくまでもドライバーのハンドル操作があった時のみ作動する機能で、車線に沿って走るのにハンドルの曲げが足りなかったり、遅れたりするとコンピュータが緻密な制御を行い、正しい操舵へと導いてくれるのです。

ミリ波レーダーでおよそ100mに渡って前走車並びに対向車の位置、速度を測定し、緊急時にブレーキをかけるCMBS(コリジョンミティゲイションブレーキシステム)。

カメラとレーダーを両方装備しているクルマはいくつか存在していましたが、カメラは車線などを、レーダーは前方にいる対象物などを検知し働きは別々。つまり2つが組み合わされれば、例えば、路側帯にいる歩行者と車線を同時に見ることができるようになり、歩行者と衝突しそうな場合にステアリングを制御し、車線をはみ出さずに安全な位置を保ったまま逸れるといったことが可能になります。こうした技術の蓄積により誕生したHonda SENSINGは、カメラとレーダー両方から得た情報を束ね、従来の運転支援技術をより高度にした、過去の集大成と呼べるパッケージなのです。

オデッセイの単眼カメラは、フロントガラスの上部、ルームミラーの裏側にレイアウトされています。

オデッセイのミリ波レーダーは、エンブレムとヘッドライトの間のバー(向かって左隣)から放たれています。見た目ではわからないよう設計しているため、デザインを一切阻害していません。このレーダーと先のカメラの組み合わせによって、誤発進抑制、前走車追従、標識認識なども可能になり、あらゆる状況下で運転を支援するHonda SENSINGというパッケージが2014年に誕生。2015年にはじめて、現行オデッセイの前期型の一部グレードに採用されました。

様々なニーズに応えることができる、Hondaの英知の集合体

オデッセイを特徴づけているひとつとしてここで挙げたいのが、低床、低重心の独特な設計方法です。ミニバンは床面と背が高い高重心なつくりが一般的。しかし、それだと走行安定性が欠けてしまう。そこで、燃料タンク、排気システムといった、床下に設けられているすべての部品を薄くすることで、その設計を実現させたのです。

ドアを開けると、室内床面が非常に低い位置に設定されていることがよくわかります(撮影車のABSOLUTEは最低地上高が140mm)。オデッセイのオリジナリティとなっている超低床プラットフォームは、デザインや走行安定性に寄与しているだけでなく、乗り降りを楽にもしてくれます。

もうひとつのトピックスが新時代のハイブリッドシステム、SPORT HYBRID i-MMDを搭載するグレードを展開している点。低速時はバッテリーから得る電力でモーターが駆動し、直進時などの力強い加速が必要な際は、エンジンが働き発電用モーターを動かし電力を蓄える。エンジンが本来の役割をもつのは高速巡行時のみ。状況に応じてEV、ハイブリッド、エンジンモードと、パワートレインは静かに、さりげなくキャラクターを変えていくのです。走り出しはピュアなEVそのもの。アクセルを踏んだ直後から最大トルクが出るため、力強く滑らかなレスポンスを感じることができます。先進技術によって安全が守られ、車内の居住性、走行安定性が高く、機敏に動き、デザインはスタイリッシュ。オデッセイは今、求められている様々なニーズに応えることができる、Hondaの英知の集合体なのです。

富岡製糸場は産業に対する姿勢、仕組みを、Hondaはオデッセイを通してミニバンという存在を根本から変えました。それは、いずれも高い問題意識をもち、常識、通例を変え、新しい時代を切り開こうと努力し、技術を創造し続けたからに他ありません。大きな問題をクリアすると、やがてその答えがスタンダードになります。例え、どんなに時間や労力がかかったとしても。両者はものづくりにあるべき熱意を教えてくれたのです。

次回は「本質を感じる、知への旅」の最終回。日本が誇る絶景がある土地を目指して、オデッセイは富岡製糸場を後にしました。

<インフォメーション>

富岡製糸場

群馬県富岡市富岡1-1
開場時間:9時00分〜17時(入場は閉館の30分前まで)
休場日:年末(12月29日〜31日)
入館料:1,000円(一般)、250円(高校・大学生 ※要学生証)、150円(小・中学生)※未就学児無料
http://www.tomioka-silk.jp/