忙しいママが元気をチャージできる空間に。忙しいママが元気をチャージできる空間に。

保育園の送り迎えや仕事、家事など、子育てママの忙しい毎日を少しでもアシストしたい。
また、ママにとってお子さまを送った後の時間は、唯一ひとりになれる時間であることも。
そのクルマに乗っている時間で少しでもリラックス、リフレッシュして欲しい。そんな空間を目指して、
「HAPPY&MODERN」をキーワードに、N-BOXのインテリアを設計しました。

ゆったり過ごせる空間を
目指して。

少しでもリラックスした時間と空間を提供するために。
インテリアはお気に入りのカフェで過ごすようなことをイメージして色合いや質感などを追求。
また、インテリアパネルは横基調のすっきりとした構成に。
奥行きにゆとりのある見え方にこだわりました。さらに、視覚効果を駆使することで、
前席に座る人がそれぞれ、実際の寸法以上の広さを感じさせるようなデザインとしました。

日焼けを気にせず
ひと休みできる室内に。

毎日の運転で気になる日焼けをなんとかしたい。N-BOXなら、紫外線(UV)を約99%カット*するガラスを採用。
肌はもちろん、つい油断しがちな目や髪の毛も紫外線からガードして、
晴れの日も車内でくつろぐことができます。さらに、紫外線99%カットするガラスをすべての
窓に採用しているから、後ろに座っているお子さまの紫外線対策もバッチリです。
また、ジリジリとした暑さの原因のひとつである赤外線(IR)もカット。室内の不快な暑さもやわらげます。

*すべての窓ガラスで紫外線約99%カット(ISO9050基準)と赤外線約70~80%カット(波長域780~2,500nm)を実現。Honda調べ。

この記事を読んだ人におすすめ

はじまる、私らしい毎日。

みんなに愛されるカタチ。

広くても会話がはずむ室内に。

何時間でも本を読んでいられるような、座り心地の良さ。

毎日の運転が、もっとリラックスできたら。

安心しておでかけができるクルマをつくる。

運転にゆとりと爽快さを生む、見晴らしのよさを。

4人が楽しめる空間にしたいと思った。

ただ、自転車を積めるだけではなく、いかにラクに積めるか。

家族の生活に、もっと“できること”を。

「介護のある生活」に、もっと笑顔をつくろう。

人を惹きつける、カスタムデザイン。