安心しておでかけができるクルマをつくる。安心しておでかけができるクルマをつくる。

日本の家族が乗るのりものとして、軽自動車を選ぶ人たちが増えつづけています。
しかし、なかには軽自動車はサイズの小ささや軽さから、事故にあった時に不安に思う人が多くいるのも事実。
だからこそN-BOXはその不安を払拭して、乗る人みんなが安心して過ごせる、
楽しくおでかけができるクルマをつくるという強い意思がありました。

目指したのは普通車並みの
タフネスボディー

万一の事故で、できるかぎり衝撃を軽いものにするために。
N-BOXでは、クルマの全方位衝突安全性能にこだわって、骨格をイチから見直し。
高効率のフロアフレーム構造を取り入れ、高強度な素材の適用を拡大して最適に配置。
大幅な軽量化を実現し、低燃費と軽快な走りの両立とともに、
普通車以上に衝突安全性能の向上を目指しました。

■高張力鋼板適用率比較イメージ図

乗る人を衝突から守るために、客室を重点的に高強度な素材を配置。
さらに前面の衝突エネルギーをフロンドドアに受け流す構造を採用。

高速道路や街中の安全運転を
支援する「Honda SENSING」。

事故を未然に防ぐために予防安全にも注力。本当にあった交通事故データから運転での課題を特定して、
Honda独自の基準で開発をした先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」をHondaの軽として初めて採用。
高速道路での安心・快適な運転のサポートから、街中での事故の未然防止に有効な機能など
さまざまなシーンを想定し、安全運転を支援。N-BOXにはさらに、バック時の急発進を抑制する
後方誤発進抑制機能やオートハイビームシステムを採用。お子さまの送り迎えの運転や
スーパーの駐車場での出し入れなど、毎日のよくある状況の運転に配慮した機能を搭載しています。

■各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。

予防安全性能について >

この記事を読んだ人におすすめ

運転にゆとりと爽快さを生む、見晴らしのよさを。

はじまる、私らしい毎日。

毎日の運転が、もっとリラックスできたら。

4人が楽しめる空間にしたいと思った。

みんなに愛されるカタチ。

忙しいママが元気をチャージできる空間に。

何時間でも本を読んでいられるような、座り心地の良さ。

広くても会話がはずむ室内に。

ただ、自転車を積めるだけではなく、いかにラクに積めるか。

家族の生活に、もっと“できること”を。

「介護のある生活」に、もっと笑顔をつくろう。

人を惹きつける、カスタムデザイン。