MENU

HONDA

検索

Round02日本近畿大会

IAS 決勝

2018年4月15日(日)

湯浅トライアルパーク

天候:曇りときどき晴れ

気温:15℃

観客:1150人

セクション:岩・泥・沢

 

大逆転劇を演じた小川が1点差でシーズン初勝利

小川友幸(Honda)にとっては、前人未到の全日本選手権6連覇を目指す挑戦の年となる2018年シーズン。開幕戦では2位に甘んじて迎えたシーズン第2戦は、湯浅トライアルパークで行われました。

開幕戦のあと、ライバルの黒山健一(ヤマハ)が世界選手権参戦のため、第4戦北海道大会を欠場することが発表されたため、小川の6連覇はほぼ確実視されています。しかし小川からすれば、黒山不在だから勝ち得た6連覇にはしたくありません。そのため、この一戦では是非とも勝利が欲しいところでした。

しかしそんな気合が空回りしたのか、小川は第1セクション、第2セクションと続けて5点の失点を喫してしまいます。黒山は両セクションをクリーン、黒山のチームメートの野崎史高(ヤマハ)はクリーンと1点でセッションを終えたため、序盤にして10点のビハインドを負ってしまいました。2連続での5点は開幕戦と同様で、この時点で今回もかなり厳しい戦いとなることが予想されました。

第3セクションは国際B級専用セクションなので出走せず、第4セクションではクリーン。ここでペースを取り戻すかに思えたのですが、同セクションでは上位陣のほとんどがクリーン。続く第5、第6セクションでは3点となり、なかなかいいペースができ上がりません。この時点のトップは野崎で、1点が2つだけの2点。黒山が10点、柴田暁(ヴェルティゴ)が13点、小川毅士(ベータ)が14点に対し、小川は16点で5位につけていました。

第7セクションまでは水の流れる沢のセクション。第8セクション以降は、山の斜面の岩肌や大岩のあるセクションで行われました。小川は第9セクションこそクリーンで終えますが、いくつかの箇所で減点し、1ラップ目の総減点は28点。それでも3位にはつけましたが、トップは野崎と黒山が同点で19点と、ライバルとの点差は小さくありません。

小川友幸

2ラップ目を迎えるころには、雨がすっかり上がり、晴れ間も見えてきました。ここで小川が本領を発揮し始めます。1ラップ目に5点となった第1、第2セクションをクリーンで通過すると、続く難セクションでも快走を披露。前日に下見をした時点では「雨が降っても1ラップ一桁台で回りたい」と考えていたという小川にとって、1ラップ目は大きな誤算でしたが、逆に2ラップ目では当初の予想を上回る好リザルトを獲得しました。最終の第11セクションで1回の足つきをしたものの、結局2ラップ目の減点はこの1点のみ。1ラップ目に28点の減点をしながら2ラップ目には1点で抑え、合計29点。黒山と1点差でトップスコアを叩き出しました。

残るは、岩盤登りと大岩に設定されたスペシャルセクション(SS)の2つで勝負が決まります。前半に好調なペースを披露していた野崎でしたが、2ラップ目は後半に5点を連発して小川とは10点差がつき、すでに勝負が決まっていました。トップの座を脅かすのは、いまや黒山一人。

SSはさすがに難セクションで、10位以内の選手が次々にトライしますが、クリーンで通過するライダーはなかなか現れませんでした。ここを最初にノーミスで通過したのが野崎で、続いて黒山もクリーン。この時点で、小川は最低でも1点以内でSSを通過しないと黒山に逆転される可能性が出てきました。2ラップ目に調子を取り戻していた小川は、SSの第1セクションを落ち着いてクリーンで通過すると、続くSS第2も、見事な走りでクリーンでまとめてみせます。こうして、わずか1点差ながら、開幕戦での借りを返した小川が今シーズン1勝目を手にしました。

コメント

小川友幸(優勝)
小川友幸「1ラップ目に、今日はつらい戦いになると覚悟しました。表彰台も難しいかもしれないと真剣に思いました。しかしライバルの後半での崩れもあり、また自分の走りも2ラップ目にはだいぶよくなったと思います。まだ足首の具合は完ぺきではなく、自分のベストの姿勢が作れていないところもあるのですが、まず1つ勝ててよかったです。昨年は開幕2戦を失ってからの巻き返しとなりましたから、昨年よりはいいシーズンということになるのでしょうか。しかし本人としてはまだ納得がいく戦い方ができていないので、もう少しコンディションを整えて、次の九州に臨みたいと思います」

リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム減点 総減点 クリーン数
1 1 小川友幸 Honda 0 29 13
2 2 黒山健一 ヤマハ 0 30 12
3 3 野崎史高 ヤマハ 0 39 9
4 5 柴田暁 ヴェルティゴ 0 69 5
5 4 小川毅士 ベータ 0 82 1
6 7 斉藤晶夫 Honda 0 90 1
10 12 砂田真彦 Honda 0 102 0

ポイントランキング

ライダー

順位 ライダー マシン 総合ポイント
1小川友幸Honda37
2黒山健一ヤマハ37
3野崎史高ヤマハ30
4柴田暁ヴェルティゴ24
5小川毅士ベータ24
6野本佳章ベータ19
7斎藤晶夫Honda17
    
12砂田真彦Honda8

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース