MENU
HONDA
検索

Round05日本鈴鹿サーキット
(三重県)

2020年11月1日(日)・J-GP3 決勝

第5戦 鈴鹿サーキット J-GP3 決勝

村瀬健琉が激戦を制して優勝し、タイトル獲得

村瀬健琉(Team TKR)が66ポイントでランキングトップに立ち、2位と2ポイント差という緊迫したタイトル争いの中での最終戦となりました。予選でトップタイムを記録したのは村瀬で、最終周にただ一人2分17秒台にタイムを入れ、ポールポジションを獲得しました。

決勝スタートで村瀬は2番手となり、成田彬人(Team P.mu 7C MIKUNI)、鈴木大空翔(BATTLE FACTORY)がそれを追います。最終シケインで鈴木がトップに浮上し、オープニングラップを制しました。しかし、スタート直後のデグナーで2台が転倒するアクシデントが発生し、レースは赤旗中断となりました。

レース周回数が13周から9周へと減算され、再スタートが切られました。スタートダッシュを決めたのは徳留真紀(マルマエMTR)で、そのままレースをリードします。逆バンクで村瀬が2番手に浮上。徳留、村瀬、古里太陽(BATTLE FACTORY)、鈴木らがトップ集団を形成します。

3周目に古里が首位へ浮上すると、それを追って村瀬、徳留、成田らが僅差で続きました。130Rで徳留が再びトップを奪い、村瀬、古里、成田、鈴木のトップ争いが続きます。5周目には鈴木が再びトップへ浮上しますが、ポジションは目まぐるしく変わりながらレースが進んでいきます。

村瀬は2番手で最終周に突入。激しいバトルが続きましたが、村瀬は最終シケインの切り返しで首位に立つと、そのまま最終コーナーを駆け下り、初のシリーズチャンピオンを決めました。2位に徳留、3位に鈴木が入りました。ポイントランキングでは成田が3位に。4位は徳留、5位に鈴木と続きました。

 

コメント

村瀬健琉(優勝、2020年J-GP3チャンピオン)村瀬健琉
「初めてのタイトルがかかったレースでしたが、1戦のレースと考えて、優勝を目指して走り、終わったら結果的にチャンピオン、という気持ちで決勝を迎えました。予選では目標だった2分17秒台に入れることができました。いろいろと試すことができて、アベレージも上げられたので、最高の走りがしたいと思って走りました。赤旗の前はチャンピオンを意識してミスをしていたので、中断で気持ちを切り替えることができたのがよかったです。最終ラップは古里選手を130Rで抜くことができて、続くシケイン勝負ではギリギリのブレーキングで小室選手(KTM)も自分も止まりきれないかと思うくらいでしたが、小室さんがはらんだところで僕がインに入り、決まったと思いました。あとはタイヤを滑らせないようにと気を付けてチェッカーフラッグを受けました。チャンピオンの実感はまだないですが、観客の方もスタッフも、ものすごく喜んでくれたので、それでいいと思っています」

徳留真紀(2位)徳留真紀
「ここまで、3位、2位と来ているので、1位で終わりたかったのですが、小排気量特有の混戦となってよく分からない展開で、サインボードを見るのも難しい状況でした。赤旗で周回数が短くなったので、だれもが行くだけ行くという走りで、小室選手と車速を活かしてトップ争いと思っていたのが、そうはなりませんでした。結果的に2位ということで、とてもフェアで楽しいレースでした。心残りは勝てなかったことだけです。来年は50歳になります。周りから50歳のチャンピオンを期待していると言われています。みんなの応援があるので、来季もレース活動を続けます」

鈴木大空翔(3位)鈴木大空翔
「前戦のもてぎでは、トップ争いから離れてしまったので、今回は絶対に最後までトップ争いに加わりたいと思っていました。赤旗前は勢いよく行けたものの、再開後は集団に飲まれてしまい、トップ争いから離れてしまいました。絶対に追いつくんだと思い、なんとか追いついてトップ争いに加わることができました。最終ラップでは130Rで追いついたので、シケイン勝負だと思って入ったら、古里選手と小室選手がはらんだので、インに入って3位になりました。今年最後のレースが、今年一番のレースになり、よかったです」

J-GP3 リザルト

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
13村瀬健琉Honda920'59.231
236徳留真紀Honda9+0.298
32鈴木大空翔Honda9+0.398
432小室旭KTM9+0.603
535古里太陽Honda9+0.625
671成田彬人Honda9+0.634
743彌榮郡Honda9+8.035
812高杉奈緒子KTM9+8.351
996中島元気Honda9+12.718
1095千田俊輝Honda9+12.778
1145木内尚汰Honda9+12.849
1372藤田哲弥Honda9+21.712
1411山本恭裕Honda9+22.156
1555上江洲葵要Honda9+26.274
1652中嶋昴士Honda9+26.369
1739金子寛Honda9+26.673
1828野澤秀典Honda9+33.770
1920村田憲彦Honda9+38.892
2053山本航Honda7+2Laps
33仲村瑛冬Honda4+5Laps
54堀井颯大Honda4+5Laps
38江澤伸哉Honda - -
50高橋直輝Honda - -
70山田尚輝Honda - -
8岡崎静夏Honda - -
56田中風如Honda - -

J-GP3 ポイントランキング

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
13村瀬健琉Honda94
232小室旭KTM85
371成田彬人Honda72
436徳留真紀Honda67
52鈴木大空翔Honda66
635古里太陽Honda64
712高杉奈緒子KTM60
843彌榮郡Honda43
911山本恭裕Honda41
10千田俊輝Honda40
11木内尚汰Honda39
1272藤田哲弥Honda32
138岡崎静夏Honda30
15山田尚輝Honda24
1696中島元気Honda23
1733仲村瑛冬Honda13
1828野澤秀典Honda10
19江澤伸哉Honda9
2020村田憲彦Honda9

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  全日本ロードレース選手権 >  2020 第5戦 鈴鹿サーキット J-GP3 決勝

ニュース