MENU
HONDA
検索

Round01日本スポーツランドSUGO
(宮城県)

2020年8月10日(月)・ST1000 決勝

開幕戦 スポーツランドSUGO ST1000 決勝

高橋裕紀が開幕戦を制する

今季から始まったST1000クラスは、JSB1000クラスと同様に最新のリッタースーパースポーツバイクによって争われますが、改造範囲が狭く、よりスタンダード(市販状態)に近いクラスです。ダンロップタイヤのワンメイクで争われ、アジアロードレース選手権(ARRC)のASB1000クラスと似た規則で、交流にも期待が集まっています。

雨となった予選では高橋裕紀(日本郵便HondaDream TP)がポールポジションを獲得します。決勝は太陽が顔を出し快晴となりました。一斉にスタートが切られ、高橋がホールショットを奪いレースをリードします。星野知也(BMW)、作本輝介(Keihin Honda Dream SI Racing)、名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO)、榎戸育寛(SDG Mistresa RT HARC-PRO)が続きます。トップ争いは高橋、星野、作本、名越に絞られ、そこから高橋、星野のトップ争い、作本、名越の3番手争いに分裂。その後方、榎戸が単独5番手でトップ争いを追いました。

トップ争いに3番手争いが追いつき、再び4台の争いは接近戦となります。この集団から馬の背で名越が転倒してしまいます。作本は星野を捉え2番手浮上し、ファステストラップを記録しますが、9周目に同じく馬の背で転倒してしまいます。さらに3番手浮上した榎戸がシケインで転倒、再スタートしますが下位に沈みます。13ラップ目に首位高橋は安定したライディングで2番手星野に5.7秒もの差を築き、独走態勢となります。14ラップ目に赤旗が提示され、そのままレース成立となり、高橋が開幕戦を制し優勝となりました。

コメント

高橋裕紀(ST1000 優勝)高橋裕紀
「最善の走りをすることだけを考えて走り切りました。トップに立ちましたが、2番手の星野選手をなかなか引き離すことができませんでした。そんな中でもとにかく集中して走り、誰かに抜かれたとしても、これ以上の走りはできないというギリギリの状態でした。その順位が何位でもいい。全力で最後まで走り切ることだけが今できることだと、必死にチェッカーを目指しました。赤旗中断となりましたが、初戦を優勝で終われてよかったです」

作本輝介(ST1000 リタイア)
「朝のウォームアップランで初めてドライコンディション走りました。試したいことがたくさんありましが、限られた時間の中で、決勝に向けての準備を整えました。テストから苦戦していましたが、決勝ではトップを狙えるところまできて、これからだと思ったら転倒してしまいました。残念ですし、チームにも申し訳ない気持ちです。ですが初めてロングランができ、ドライのデータが取れました。フィーリングもつかむことができたので、次の岡山国際は、予選からしっかりと上位を狙っていきます」

名越哲平(ST1000 リタイア)
「事前テストからウイット路面での感触がよく、いい感触をつかめていたのに、初日の走行で転倒してしまい、そこからリズムを崩してしまいました。雨の予選から晴れの決勝と状況が変わり、思うように攻めることができずにいましたが、それでも高橋裕紀さんがくることは予想していたので、絶対に後ろについて走りを見ようと思って、離れないように無理をしてしまいました。追いかけたい気持ちをコントロールできなかったと反省しています。結果を残すことができずチームに申し訳ないですが、この経験を絶対に活かします」

ST1000 リザルト

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
123高橋裕紀Honda1319'44.129
246星野知也BMW13 +5.73
385津田拓也スズキ13+21.042
412長谷川聖スズキ13+22.703
533藤田拓哉ヤマハ13+23.512
614伊藤和輝カワサキ13+28.141
757奥田教介カワサキ13+35.492
87新庄雅浩カワサキ13+36.457
987清末尚樹カワサキ13+37.101
1016松川泰宏Honda13+53.574
1571榎戸育寛Honda12 +1Lap
17作本輝介Honda8 +5Laps
634名越哲平Honda7 +6Laps
104國川浩道Honda4 +9Laps

ST1000 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
1 23 高橋裕紀 Honda 25
2 46 星野知也 BMW 22
3 85 津田拓也 スズキ 20
4 12 長谷川聖 スズキ 18
5 33 藤田拓哉 ヤマハ 16
6 14 伊藤和輝 カワサキ 15
7 57 奥田教介 カワサキ 14
8 7 新庄雅浩 カワサキ 13
9 87 清末尚樹 カワサキ 12
10 16 松川泰宏 Honda 11
15 71 榎戸育寛 Honda 6

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  全日本ロードレース選手権 >  2020 開幕戦 スポーツランドSUGO ST1000 決勝

ニュース