MENU

HONDA

検索

Round07日本オートポリス
(大分県)

2019.10.06(日)・J-GP2 決勝

第7戦 オートポリス J-GP2 決勝

赤旗で2ヒート制となったレースを名越哲平が制する

ポールポジションはMuSASHi RT HARC-PRO.名越哲平。2番手に尾野弘樹(スズキ)、3番手に榎戸寛貴(SDG Mistresa RT HARC-PRO.)、4番手にTeam 髙武 RSCの作本輝介となります。作本は事前テストで右手首の小指にケガを負っての出場となりました。

ホールショットを奪ったのは尾野ですが、2ラップ目には名越がトップに立ち、榎戸、作本が続きます。その後尾野が転倒し、4番手に小谷咲斗(Team TARO PLUSONE)が上がります。7ラップ目、岩﨑哲朗(カワサキ)が転倒。マシンがコース上に残され赤旗が提示されます。

コースクリアし再開されたレースは、6ラップで争われました。オープニングラップを制したのは榎戸。作本、名越が追います。2ラップ目には作本が首位を奪い、名越、榎戸と順位が変わります。4番手争いは小谷、徳留真紀(マルマエMTR)、阿部恵斗(ヤマハ)で争われます。

3ラップ目、ファステストラップを記録した名越が首位に出て、作本、榎戸が続きます。そこから、この3台がトップ争いを展開。激しいバトルとなります。しかし、最終的に名越が榎戸を抑えて優勝、2位に榎戸、3位作本となりました。4位争いは小谷が制しました。

 

コメント

名越哲平(優勝)
名越哲平 「逃げるレースがしたかったですが、難しいと覚悟を決めて赤旗中断後のレースを走りました。ブレーキングが得意なので、最後は抑えられると思いました。バトルで競り勝てたのは初めてなので、素直にうれしいです。最終戦はチャンピオンシップのことは考えずに勝ちを狙いたいです」

榎戸育寛(2位)
榎戸育寛 「抜きつ抜かれつのバトルになり、そこで前に出られずに悔しいですが、チャンピオンシップを考えると2位でよかったとも思います。チャンピオンになるためには勝つしかないので、最終戦は全力で行きます」

作本輝介(3位)
作本輝介 「ケガの痛みはありましたが、自分のミスでの転倒なので、言い訳にはできませんでした。最終ラップに仕掛けましたが、オーバーランしてしまい3位。とても悔しいです。チャンピオンを狙う気持ちは変わりません。勝たなければ可能性をつかめないので最終戦は勝って終わりたいです」

J-GP2 リザルト

順位 No. ライダー マシン ヒート1 ヒート2
周回数 タイム 周回数 タイム
1634名越哲平Honda611'16.015 611'18.595
271榎戸育寛Honda611'16.212 6 11'18.936
34作本輝介Honda611'19.286 6 11'20.128
422小谷咲斗Honda611'25.309 6 11'23.130
536徳留真紀Honda611'26.887 6 11'23.678
614阿部恵斗ヤマハ611'26.702 6 11'42.900
7 19 井手翔太 ヤマハ 6 11'45.076 6 11'51.545
8 21 中尾健治 ヤマハ 6 12'10.157 6 12'08.671
9 70 岩﨑哲朗 カワサキ 6 11'27.866 - -
10 392 尾野弘樹 スズキ 5 9'28.190 - -

J-GP2 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
1634名越哲平Honda 135
24作本輝介Honda 129
371榎戸育寛Honda 128
4 22 小谷咲斗 Honda 102
570岩﨑哲朗カワサキ 86
6 36 徳留真紀 Honda 84
7392尾野弘樹スズキ 77
814阿部恵斗ヤマハ 74
918豊島怜ヤマハ50
1019井手翔太ヤマハ 49

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  全日本ロードレース選手権 >  2019 第7戦 オートポリス J-GP2 決勝

ニュース