MENU

HONDA

検索

Round06日本岡山国際サーキット
(岡山県)

2019.09.01(日)・J-GP2 決勝

第6戦 岡山国際サーキット J-GP2 決勝

榎戸育寛が今季2勝目

ポールポジションはTeam 髙武 RSCの作本輝介が獲得しました。2番手につけたMuSASHi RT HARC-PRO.の名越哲平はディマス・エッキー・プラタマの代役としてロードレース世界選手権第11戦オーストリアGPに参戦し、帰国後に全日本選手権を迎えました。

決勝前は雨が心配されましたが、ドライのままでスタート。ホールショットは作本で、そのままオープニングラップを制し、2番手には榎戸寛貴(SDG Mistresa RT HARC-PRO)がつけます。作本は榎戸に1秒近いアドバンテージを築きレースをリード。それを、榎戸、名越が追います。3ラップ目に雨が降り出し、作本が4ラップ目の1コーナーで転倒。その後も次々と転倒者が出て、赤旗が掲示されます。

ウエットレース宣言が出され、残り12周でレースが再開されました。転倒した作本と名越も、ピットからサイティングラップに参加しグリッドに着きました。再レースのホールショットは小谷咲斗(TEAM PLUSONE with TARO)。ヘアピンで榎戸がトップを奪い、小谷、岩崎哲郎(カワサキ)、名越、作本というオーダーで1周目を終えます。3ラップ目に岩崎が2番手へ浮上。トップ争いは榎戸と岩崎に絞り込まれ、その後方で小谷が単独3番手。4番手争いを名越、作本が展開します。7ラップ目に作本が4番手へ浮上し、名越が追うものの、作本はタイムアップし小谷に迫り始めます。

10ラップ目、榎戸は独走態勢となり、2番手岩崎に2秒642と差を広げます。作本は小谷を捉えて3番手へ浮上。ここでチェッカーとなり、榎戸が優勝。2位に作本は3位に入り、4位小谷、5位名越となりました。

コメント

榎戸育寛(優勝)
榎戸育寛「ドライでスタートできたのですが、赤旗中断になり、賭けの部分もありましたが、マシンセットを大きく変えました。首位に立つことができて、リズムを作りながら自分の走りができました。後ろに岩崎さんがいることは分かっていましたが、トップにいる以上、プッシュしかないと攻めました。2016年の雨の岡山では3位で悔しい思いをしたので、それを晴らす雨での優勝ができてよかったです。雨で強さを示せたのは自信になりました。ドライでも速さを見せられるように、残り2戦、オートポリスも鈴鹿も好きなコースなのでがんばります」

作本輝介(3位)
作本輝介「ストレートでは雨が降っていなかったのですが、1コーナーに入った途端に大雨で転倒しました。同じ場所で転んでいるライダーがいたので、赤旗になると思いました。すぐにマシンを起こして急いでピットに戻ろうとしたらブレーキが壊れていて、また転倒してしまいました。なんとかピットに戻り、スタッフと周りの人の助けでマシンを修復。セッティングを変える時間はなく、サイティングラップまでにグリッドにつくことができず、ピットから合流しました。これでスタート前にこなした周回が1ラップ少なくなったことも影響し、序盤から攻めていけずに離されてしまいました。ペースをつかみ追い上げましたが3位。この状況に自分を合わせていけなかったことが悔しいですし、まだまだ足りない部分があると感じました。そこを補えるように努力して、残り2戦は優勝を目指します」

小谷咲斗(4位)
小谷咲斗「天気がどうなるのか読めずにスタートしました。いいペースで走ることができましたが、大粒の雨が降ってレースディレイ。再スタートでホールショットを奪いました。初めてのホールショットで、なんとかトップ争いがしたいとついていきましたが、少しずつ離されて4位。難しいコンディションのレースでしたが、この経験を次につなげたいと思います。次のオートポリスは、一昨年にJP250で走って以来になります。好きなコースなので、攻略できるようにがんばって、トップ争いにしっかりついていけるようにしたいです」

J-GP2 リザルト

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
171榎戸育寛Honda1220'46.009
270岩﨑哲朗カワサキ12 +4.643
34作本輝介Honda12 +7.614
422小谷咲斗Honda12 +9.060
5634名越哲平Honda12 +17.265
6392尾野弘樹スズキ12 +23.288
714阿部恵斗ヤマハ12 +23.367
831中山耀介ヤマハ12 +32.996
936徳留真紀Honda12 +35.087

J-GP2 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
1634名越哲平Honda110
24作本輝介Honda109
371榎戸育寛Honda106
470岩﨑哲朗カワサキ86
522小谷咲斗Honda84
6392尾野弘樹スズキ77
736徳留真紀Honda68
814阿部恵斗ヤマハ59
918豊島怜ヤマハ50
1019井手翔太ヤマハ35

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  全日本ロードレース選手権 >  2019 第6戦 岡山国際サーキット J-GP2 決勝

ニュース