MENU
HONDA
検索

Round03日本スポーツランドSUGO
(宮城県)

2019年5月26日(日)・JSB1000 決勝レース2

第3戦 スポーツランドSUGO JSB1000 決勝レース2

高橋巧がポールトゥウインを達成し、今季4勝目

全日本ロードレース選手権第3戦、JSB1000クラスのレース2が、宮城県スポーツランドSUGOで行われました。晴天に恵まれ、気温が32℃まで上昇、路面温度も上がり、ライダーにもマシンにも厳しい戦いとなりました。

前日に行われた予選のセカンドタイムでグリッドが決まり、高橋巧(Team HRC)が、ポールポジションを獲得。水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)は、6番手で2列目に並びます。関口太郎(Team ATJ)が10番手と躍進。秋吉耕佑(au・テルルMotoUP RT)は11番手、亀井雄大(Honda Suzuka Racing Team)が13番手。羽田太河(au・テルルMotoUP RT)が17番手、濱原颯道(Honda Dream RT 桜井ホンダ)は19番手からスタートしました。

高橋はスタートダッシュでホールショットを奪い、レースをリードし、オープニングラップで2番手に0.931とリードを広げて通過しました。渡辺一馬(カワサキ)、岩戸亮介(カワサキ)、水野、中須賀克行(ヤマハ)、野左根航汰(ヤマハ)、渡辺一樹(スズキ)、加賀山就臣(スズキ)、秋吉、前田恵助(ヤマハ)の順で続きます。

高橋は1分26秒台で周回、2番手以降は1分27秒台と、約1秒差のラップタイムを刻み、3ラップ目には3秒もの差を築きます。水野が2番手に浮上しますが、4ラップ目には野左根、中須賀が前に出て4番手にポジションダウンします。この3台が激しい2番手争いを繰り広げます。この後方、渡辺一馬、岩戸、渡辺一樹が5番手争い。8番手加賀山にはドライブスルーペナルティーが提示され、自動的に秋吉が8番手に上がり、前田、生形秀之(スズキ)、関口、羽田が続きます。

7ラップ目には高橋は、2番手争いに4秒370とリードを広げます。2番手争いの野左根、中須賀、水野の後方に渡辺一馬が追いつきます。6番手争いを渡辺一樹、岩戸。8番手には前田が出て、秋吉9番手、10番手に関口が浮上します。

レース中盤には高橋も1分27秒台に落とし、2番手野左根との差を4秒7として周回を重ねます。3番手中須賀、4番手水野と続きますが、水野が2番手争いから遅れ始めます。渡辺一馬は単独5番手、6番手争いは渡辺一樹、岩戸となり、前田、秋吉、関口が続きました。19ラップ目中須賀が2番手に浮上しますが、20ラップ目で野左根が仕掛けて2番手を奪回しますが、中須賀がすぐにばん回して順位は変わらず。4番手争いがし烈になり、水野、渡辺一馬、渡辺一樹で争われ、22ラップ目、渡辺一馬が4番手に浮上しますが、水野が食らいつきます。終盤に来て中須賀が1分26秒台にタイムアップし、高橋を追います。高橋はそれに反応して、1分26秒台へ上げて逃げきり、高橋がダブルウインで4連勝。表彰台には中須賀、野左根が続き、注目の4番手争いは水野が制しました。秋吉は9位、関口10位。羽田は15位、濱原、亀井はリタイアとなりました。

 

コメント

高橋巧(JSB1000 レース2 優勝)
高橋巧「レース2は、気温も上がり、路面温度が上がって、辛いレースになりました。レース1とは、コンディションが違いましたが、序盤に逃げきる作戦で、26秒台に入れることができたのが勝因です。後半は中須賀さんがペースアップして26秒台に入れ追い上げてきたので、自分もペースアップしましたが、余裕がなく、残り周回数の確認もできずにチェッカーを目指しました。最終的に勝つことができてうれしいです」

宇川徹|Team HRC監督
宇川徹「レース1から、朝のウォームアップランでセットアップを変えて走行しましたが、本人が乗り辛いというので、レース1のセットアップに戻して決勝に挑みました。前半戦に逃げ、後半、中須賀選手の追い上げに合わせてペースアップする完ぺきな勝利でした。4連勝を挙げ前半戦を締めくくることができてよかったと思います。この現状に満足することなく、さらに進化できるようにと考えています」

水野涼(JSB1000 レース2 4位)
水野涼「レース1より、一つポジションを上げ2列目からスタートできたことで前半戦はトップに近い位置に着くことができました。これまで届かなかったヤマハファクトリーの2台についていけたことは収穫でしたが、性格の違うマシンの後ろで、走り続けたことで、ライディングのリズムが崩れてしまったようで、腕が上がり、中盤にペースを上げることができなくなってしまったことは反省としてあります。それでも昨年の自分と比べて成長できていることを感じます。この調整で、もっと、上を目指したい」

秋吉耕佑(JSB1000 レース2 9位)
秋吉耕佑「金曜日の走行で2回も転倒してしまったことで、全くマシンのベースセットができず、レース1はSUGOに合わせたセットで走りましたが、うまく行かなかったので、開幕戦もてぎでの仕様に戻して走りましたが、それも、やぱり、合わず…。まず、電気系を理解してセットアップできることが課題。そこに取り組んで行きたい」

JSB1000 リザルト

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
113高橋巧Honda2536'21.938
21中須賀克行ヤマハ25+3.340
34野左根航汰ヤマハ25+6.769
4634水野涼Honda25+22.515
523渡辺一馬カワサキ25+22.585
626渡辺一樹スズキ25+22.675
764岩戸亮介カワサキ25+28.648
875前田恵助ヤマハ25+33.109
9090秋吉耕佑Honda25+44.832
1044関口太郎Honda25+52.852
15080羽田太河Honda25+1'20.147
RT19濱原颯道Honda15+10Laps
RT35亀井雄大Honda12+13Laps

JSB1000 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
113高橋巧Honda144
24野左根航汰ヤマハ120
31中須賀克行ヤマハ116
4634水野涼Honda97
523渡辺一馬カワサキ96
626渡辺一樹スズキ88
7090秋吉耕佑Honda81
812加賀山就臣スズキ81
964岩戸亮介カワサキ77
1075前田恵助ヤマハ55
1115ザクワン・ザイディHonda47
1344関口太郎Honda34
1435亀井雄大Honda31
1719濱原颯道Honda26
2072高橋裕紀Honda19
21080羽田太河Honda16

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  全日本ロードレース選手権 >  2019 第3戦 スポーツランドSUGO JSB1000 決勝レース2

ニュース