MENU
HONDA
検索

round 3

May 13 2012 All Japan Motocross Championship Sera Greenpark Korakuen 第3戦 世羅グリーンパーク弘楽園(広島県)
PhotoGallery

SCHEDULE

  • レース情報
  • 決勝

成田亮が完全勝利、開幕戦から6連勝!
平田優は前大会に続き表彰台に登壇!

2012年5月13日(日)・決勝 会場:世羅グリーンパーク弘楽園(広島県) 天候:晴れ 気温:21℃ コースコンディション:ドライ 観客:7150人

全日本モトクロス選手権の今季第3戦が、広島県で開催されました。例年、春と秋の2回行われる中国大会。会場となるグリーンパーク弘楽園は、瀬戸内海に面した人気の観光スポットである尾道から、北西方向約30kmの山中にあります。

  • 成田亮成田亮
  • 成田亮(左)、増田一将(中央)成田亮(左)、増田一将(中央)
  • 成田亮(左)、増田一将(右)成田亮(左)、増田一将(右)
  • 増田一将増田一将
  • 平田優平田優
  • 星野優位星野優位
  • 田中雅己田中雅己

コースはハード路面で、自然のアップダウンを巧みに使ったレイアウト。全体的に幅が広く、長いストレートも多い、全日本屈指のハイスピードコースです。一方で、マシンを大きく左に振りながら跳ぶラムソンジャンプをはじめ、テクニカルなジャンプも数多く設けられています。

天候は、土曜日が快晴。日曜日は昼ごろに雲が多くなったものの、基本的には晴れて気温も上昇しました。そのため路面が乾き、土曜日に大量の土ボコリが発生したので、日曜日はレースのインターバルに懸命な散水作業が続けられ、ホコリの発生を抑えました。

●IA1(450/250)ヒート1

HondaファクトリーのTEAM HRCから参戦する成田亮がホールショット。チームメートの平田優がこれに続いて、1周目をクリアしました。2周目には増田一将(Kazu Racing Project×WestWood)が熱田孝高(スズキ)を抜いて3番手に浮上し、Hondaがトップ3を独占しました。

3台体制となるTEAM HRCのもう1台、小方誠はスタートでやや出遅れ、2周目の段階で7番手を走行。その後もペースを上げることができず、レース中盤に順位を落としてしまいました。一方、Honda同士によるトップ争いは、4番手以降を引き離しながら、3周目以降も僅差のまま続けられました。

レース終盤、トップ2台から増田がやや遅れたところに、後方から追い上げてきた新井宏彰(カワサキ)が接近。ラスト2周で、増田は4番手へと後退しました。最終ラップとなった19周目、成田は気力を振り絞ってスパートをかけ、平田をわずかに引き離し、トップでチェッカーを受けました。平田は、フィニッシュジャンプ直前で新井に抜かれて悔しい3位。増田は4位でゴール。小方は12位に終わりました。

●IA1(450/250)ヒート2

成田が再び好スタートを決め、1周目をトップでクリア。新井、小島庸平(スズキ)、稲垣佳樹(スズキ)、増田が続きました。平田はスタート直後に転倒してほぼ最後尾からの追い上げレース、小方は1周目8番手から上位進出を狙いました。2周目、小方は9番手に後退。平田は、早くも16番手までポジションを上げました。

3周目、小島の転倒と稲垣の後退により、増田は3番手に浮上。4周目以降、僅差のトップ争いを繰り広げる成田と新井の約2秒後方で、増田は深谷広一(TEAM.MOTO.SPORTS.FUKAYA)と3番手争いを展開しました。そしてレース中盤、増田は深谷を振りきるとトップの2台へと接近し、トップ集団は3台となりました。

レース時間が残り10分を切ったころ、増田は新井を抜いて2番手に順位を上げ、成田へと迫りました。ところが、ラスト2周のところで増田は3番手へと後退。最終ラップには、新井が成田に襲い掛かりましたが、成田は冷静にトップを守ってフィニッシュ。開幕戦から6連勝を達成しました。増田は3位表彰台に登壇。深谷は4位、平田は驚異的な追い上げで5位に入賞。小方は9位でゴールしました。

●IA2(250/125)ヒート1

星野優位(SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS)が好スタートを決め、1周目をトップでクリア。山本鯨(スズキ)、小川孝平(Team ITOMO)、田中雅己(TEAMナカキホンダ×CRF)、三原拓也(カワサキ)がこれに続きました。2周目、星野は山本に抜かれて2番手に後退。3周目には、三原に抜かれて小川と田中が順位を下げました。

4周目、星野は山本を抜いて再びトップに浮上。その後、星野から田中までの5台がトップグループを形成しました。8周目、星野は三原にパスされて2番手に後退。しかしその後も、三原のマークを続けました。レースが後半に入ると、田中が小川を抜いて4番手に浮上。星野は、終盤まで三原に詰め寄りましたが、一歩及ばず。星野が2位、田中が4位、小川が5位に入賞しました。

●IA2(250/125)ヒート2

富田俊樹(T.E.SPORT)が好スタート。山本を挟んで星野は3番手、田中は6番手で1周目をクリア。小川はスタートで大きく遅れてしまいました。2周目、星野が山本を抜いて2番手にポジションアップ。田中も5番手に順位を上げました。3周目、星野が富田を抜いてトップに浮上。2番手以降は、富田を先頭とする5台による接近戦となり、この間に星野はリードを広げました。

しかし8周目、三原と山本に抜かれて、星野は3番手に後退しました。レース後半、トップグループから三原がややリードを奪い、山本、星野、田中が接近戦を展開。レース時間が10分を切ったところで、星野は山本をパスしました。ところがラスト2周となった18周目に、星野は3番手に後退。星野が3位、田中が4位、激しく追い上げた小川が7位となりました。富田はパンクによりリタイアしています。

コメント

成田亮(IA1・優勝/優勝)「ここは、以前にケガをしたこともあり、あまり得意ではないコースなので、かなり集中してレースに臨みました。ヒート1は、平田選手がずっと後ろにいて、かなりプレッシャーを感じましたが、最後まで気持ちで負けることなく走ることができました。TEAM HRCで1-2フィニッシュできなかったことは残念ですが、自分にとってはよい結果となりました。ヒート2は、再びホールショットを奪うことができ、今度こそ楽な展開になると思いましたが、新井選手が速くて、そのうち増田選手も追いついてきて、とてもタフなレースになってしまいました。なんとか順位を守り、勝つことができてほっとしています。これで6連勝ですが、自分ではこのまま優勝を続けられると信じています。次も勝ちます!」

増田一将(IA1・4位/3位)「両ヒートとも同じような展開となり、3番手でトップ争いを繰り広げながら、優勝のチャンスを狙っていました。ヒート1は、ラストで新井選手に抜かれて表彰台圏外でのゴールとなってしまったので、ヒート2はなんとしても優勝と思って臨みました。そして実際に、新井選手を抜き、さらにトップを走る成田選手の背後まで迫ったのですが、あと一歩届きませんでした。しかし、レースを盛り上げることはできたと思いますし、最後までトップ争いができたことは自信にもつながりました。このような見ていて楽しいレースを、今後も続けていきたいと思います。ぜひお近くの会場に、友人や家族を誘って応援にきてください!」

平田優(IA1・3位/5位)「ヒート1は、最後の最後で抜かれて3位という、とても悔しい結果となりました。もちろん、最後まで気を抜かずに走っていましたが、2位は守れると確信していました。あとジャンプ1個だったので、Hondaの1-2フィニッシュのためにも、2位でゴールしたかったです。ですが、トップまで0.9秒差と、これまででもっともよいレースができたと思います。ヒート2は、スタート直後に転倒してしまいましたが、その後はしっかり追い上げることができました。ポイントも取りこぼしていないですし、内容的にはよかったと思います。今大会で、初優勝の可能性が現実的になったと思います。欲を出しすぎることなく、一歩一歩確実にレベルアップすることを心がけながら、勝利を目指したいと思います」

小方誠(IA1・12位/9位)「水が撒かれてなく、路面がフラットなまま保たれた予選はよかったのですが、散水により地面が柔らかくなった決勝は、コースに多くのギャップが発生して、うまく対処することができませんでした。ヒート1は、スタートはまずまずだったのですが、ライン取りに苦しみ後退してしまいました。ヒート2は、マシンのセッティングを変更して臨んだのですが、今度はスタートで大きく出遅れてしまいました。後半になって走りはよくなってきたのですが、前半のビハインドを取り戻すことができませんでした。とにかく悔しい大会になってしまいましたが、悔んでばかりいても仕方がないので、気持ちを切り替えて万全の体制で次戦のスポーツランドSUGOに乗り込み、ばん回したいと思います」

井本敬介|TEAM HRC監督「ここはカワサキのホームコースということで、新井選手が速く、とても苦労しましたが、Hondaは両ヒートで勝つことができました。成田本人も、このレースを山場と考えていたようで、レース前はかなり緊張していました。次戦は成田のホームコースとなるスポーツランドSUGOなので、今大会を両ヒート制覇で乗りきれたことは、非常に大きいと思います。また平田も、両ヒートでかなりよい走りができました。ヒート1は、最後に抜かれて3位でしたが、新井選手もかなりリスクを負った走りをしていたと思うので、最後まで冷静に走りきれた点はよかったと思います。ヒート2も、スタート直後のアクシデントにめげることなく、最後まで自分の走りを貫けたので、内容には満足しています。一方で小方は、課題が残るレースとなりました。それでも、ヒート2では改善の兆しも見えました。チームとしては、次戦以降も連勝を続けられるよう、再び気を引きしめていきたいと思います」

星野優位(IA2・2位/3位)「とにかく悔しい大会になってしまいました。ヒート1は、三原選手に抜かれて以降、このコースをよく知る三原選手のラインを学び、ペースアップを試みました。ところが、三原選手もラインを変えはじめ、それに少し惑わされてしまいました。ヒート2は、三原選手に加えて山本選手が思っていたよりも速く、自分に有利な展開に持ち込むことができませんでした。とはいえ、走りそのものは両ヒートとも悪くはなかったですし、悪いなりにもうまくまとめられたと思います。次のスポーツランドSUGOは好きなコースです。ポイントランキングで三原選手に並ばれたので、次戦がとても重要になると感じています。両ヒート優勝を目標にがんばります!」

決勝

IA1 : ヒート1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11 成田亮Honda19 32:04.246
2 331 新井宏彰カワサキ19 +00:00.796
3 6 平田優Honda19 +00:00.883
4 7 増田一将Honda19 +00:08.274
5 44 小島庸平スズキ19 +00:17.260
6 9 北居良樹KTM19 +00:20.354
      
10 14 深谷広一Honda19 +00:39.870
12 40 小方誠Honda19 +00:45.622
18 13 芹沢翔悟Honda18 +1Lap
23 94 谷本功志Honda18 +1Lap

IA1 : ヒート2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11 成田亮Honda19 32:24.670
2 331 新井宏彰カワサキ19 +00:00.528
3 7 増田一将Honda19 +00:01.015
4 14 深谷広一Honda19 +00:18.088
5 6 平田優Honda19 +00:22.657
6 52 島崎大祐スズキ19 +00:24.524
      
9 40 小方誠Honda19 +00:30.913
13 24 納屋望Honda19 +01:17.828
2094 谷本功志Honda18 +1Lap
RT13 芹沢翔悟Honda10 DNF

IA2 : ヒート1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11 三原拓也カワサキ19 32:05.700
2 166 星野優位Honda19 +00:04.366
3 55 山本鯨スズキ19 +00:08.379
4 113 田中雅己Honda19 +00:19.661
5 58 小川孝平Honda19 +00:34.610
6 57 竹中純矢カワサキ19 +00:40.363
      
7 50 富田俊樹Honda19 +00:52.115
10 64 近藤祐介Honda19 +01:27.731
11 70 佐藤亮Honda19 +01:34.658
12 151 黒澤良太Honda19 +01:35.614
17 09 江原大地Honda18 +1Lap
19 80 飯野俊寿Honda18 +1Lap
22 92 松下光Honda18 +1Lap
27 02 村上洸太Honda18 +1Lap
RT68 馬場大貴Honda4 DNF

IA2 : ヒート2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11 三原拓也カワサキ19 32:37.255
2 55 山本鯨スズキ19 +00:03.366
3 166 星野優位Honda19 +00:08.605
4 113 田中雅己Honda19 +00:13.348
5 57 竹中純矢カワサキ19 +00:20.952
6 60 上田康平スズキ19 +00:49.611
      
7 58 小川孝平Honda19 +00:51.493
10 151 黒澤良太Honda19 +01:24.742
12 70 佐藤亮Honda19 +01:36.981
19 68 馬場大貴Honda18 +1Lap
20 92 松下光Honda18 +1Lap
21 03 道脇右京Honda18 +1Lap
23 09 江原大地Honda18 +1Lap
25 02 村上洸太Honda18 +1Lap
28 80 飯野俊寿Honda13 +2Laps
RT50 富田俊樹Honda13 DNF
RT64 近藤祐介Honda9 DNF

ポイントスタンディング

IA1

順位 ライダー マシン 総合ポイント
1成田亮Honda150
2新井宏彰カワサキ121
3平田優Honda110
4増田一将Honda95
5小島庸平スズキ90
6深谷広一Honda83
 
7小方誠Honda80
18芹沢翔悟Honda26
23納屋望Honda8
25谷本功志Honda1

IA2

順位 ライダー マシン 総合ポイント
1三原拓也カワサキ133
2星野優位Honda133
3山本鯨スズキ130
4富田俊樹Honda90
5田中雅己Honda87
6竹中純矢カワサキ86
 
7小川孝平Honda77
8佐藤亮Honda73
12近藤祐介Honda41
13黒澤良太Honda38
22村上洸太Honda14
24近藤涼太Honda13
25江原大地Honda10
28馬場大貴Honda5
29飯田義明Honda2
29飯野俊寿Honda2
31道脇右京Honda1
31松下光Honda1