MENU

HONDA

検索

round 2

April 22 2012 All Japan Motocross Championship Off-Road Village 第2戦 オフロードヴィレッジ(埼玉県)
PhotoGallery

SCHEDULE

  • レース情報
  • 決勝

IA1では成田亮が開幕戦に続き両ヒート制覇!
平田優は今季初表彰台に登壇!

2012年4月22日(日)・決勝 会場:オフロードヴィレッジ(埼玉県) 天候:曇り 気温:13℃ コースコンディション:ドライ
観客:1万500人

全日本モトクロス選手権の今季第2戦は、埼玉県にあるオフロードヴィレッジで開催されました。このコースは、河川敷特有のフラットな土地に、数多くのタイトターンとバラエティ豊かなジャンプを配置した、スーパークロス風のレイアウトが特徴。幅が狭いセクションが多いため、パッシングポイントは少な目です。残念ながら、この週末は天候に恵まれず、特に決勝が行われた日曜日は、朝からどんよりと重たい雲が空を包み、気温も低め。午前11時ごろには、ついに小雨が降り始めました。しかし、降雨が本格的になったのは全クラスの決勝終了後。そのため、レースはドライコンディションで行われました。

  • 成田亮・平田優成田亮・平田優
  • 成田亮成田亮
  • 平田優平田優
  • 増田一将増田一将
  • 星野優位星野優位
  • 星野優位星野優位
  • 富田俊樹富田俊樹

●IA1(450/250)ヒート1

HondaファクトリーチームのTEAM HRCから参戦する成田亮が、最高のスタートダッシュで1周目からトップを走行。チームメートの平田優と小方誠は、平田が7番手、小方が9番手で1周目をクリアしました。レース序盤、成田は2番手を走る新井宏彰(カワサキ)との差を徐々に拡大。5周目までに、約5秒のアドバンテージを築きました。

一方の平田と小方は、2周目にそれぞれポジションを1つ上げると、平田はさらに次周、深谷広一 (TEAM.MOTO.SPORTS.FUKAYA)をパスして5番手に浮上。5周目には、5番手を走る稲垣佳樹(スズキ)に迫り、増田一将(Kazu Racing Project×WestWood)を含めた3台が、3番手争いを展開しました。

レース中盤、この集団から増田が後退し、平田は4番手に浮上すると、終盤まで稲垣を猛追。そしてレースが残り3周となった18周目、ついに3番手へと浮上しました。レースは、スタートから一度もトップの座を明け渡さなかった成田が独走で勝利。平田が3位に入賞し、表彰台に上がりました。増田は7位、小方は8位でゴールしました。

●IA1(450/250)ヒート2

成田はスタートでやや出遅れましたが、混戦の中で巧みに順位を上げて、再び1周目をトップでクリア。これに、小島庸平(スズキ)、田中教世(ヤマハ)、熱田孝高(スズキ)、小方、増田が続きました。平田はスタートに失敗し、1周目10番手からの追い上げを強いられました。2周目、小方は4番手、平田は8番手にポジションアップしました。

成田はレース序盤から快調な走りを見せ、3周目には後続との差を約4秒まで拡大します。2番手以下が9台の混戦となったこともあり、4周目にもさらに2秒近くアドバンテージを広げました。また、2番手集団では、5周目に熱田が2番手となって以降も接近戦が続けられ、レース後半を迎えました。

すでに十分なリードを築いた独走の成田に対し、2番手以降はレース時間が残り5分を切っても混戦のまま、熱田、小方、増田、新井、小島がし烈なバトルを繰り広げました。そして、最終ラップに増田が小方をパス。平田もこれに続き、増田が3位、平田が4位、小方が5位に入賞。勝利は成田が手にして、Hondaが2大会連続で完全勝利を達成しました。

●IA2(250/125)ヒート1

チームにとっても自身にとっても地元大会の星野優位(SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS)がトップ、所属チームの地元大会となる富田俊樹(T.E.SPORT)が3番手で1周目をクリア。4周目、富田は4番手に後退し、星野と三原拓也(カワサキ)、山本鯨(スズキ)と富田が、それぞれ接近戦を演じました。6周目、星野が2番手に後退すると、富田までの4台がトップ集団になりました。

レースが後半に入った15分過ぎ、星野は山本に抜かれて3番手に後退。レース終盤、富田は徐々に集団から遅れてしまい、トップ争いは3台に絞られました。すると、ラスト2分の段階で、星野が三原を抜いて2番手に浮上。さらに最終ラップには、首位に立ちました。しかしその後に山本の再逆転を許し、星野は2位でゴール。富田は4位に入賞しました。

●IA2(250/125)ヒート2

富田が好スタートを決め、オープニングラップをトップでクリア。星野はやや出遅れ、1周目7番手からの追い上げる展開となりました。3周目、富田は後続との差をやや拡大し、星野は5番手へとポジションアップ。3番手を走る田中雅己(TEAM ナカキホンダ)、4番手の三原と、接近戦を開始しました。ところが次周、星野と三原が接触。両者とも転倒しました。

このアクシデントにより、星野は7番手まで後退。レースが中盤に入った7周目、富田は山本に抜かれて2番手に後退し、星野は4番手までポジションを回復しました。9周目以降、星野と田中は3番手争いを展開。これを制した星野は、レース終盤に富田へと接近。最後は富田を抜き、星野が再び2位、富田が3位で表彰台に登壇。田中は終盤に転倒し、9位となりました。

コメント

成田亮(IA1・優勝/優勝)「ここは相性がとてもよく、勝利数が多いコースです。これまで本場アメリカのスーパークロスに参戦して培ってきた技術が、よく生かせるコースだと思います。しかし、それでも今大会にはかなりのプレッシャーを感じて臨みました。というのも、このコースにはHondaの開発施設や工場などが近くにたくさんあり、しかも年に一度の関東大会ということから、多くのHonda関係者が来場していました。そのため、絶対に勝たなければならないと思っていたからです。予選をトップで通過し、自分のスピードを確認して以降も、決勝でなにが起こるかわからないので、ヒート2で2度目のトップチェッカーを受けるまでは、安心できませんでした。勝てて本当にほっとしています。残り7大会でもすべて勝てるよう、努力を続けます」

平田優(IA1・3位/4位)「優勝のチャンスを得るためには、最低でも表彰台圏内にいなければならないので、そういう意味では、ヒート1で表彰台に上がれたのはよかったと思います。ただし、途中で前を走るライダーに詰まってしまい、本来なら2位までは狙えたはずのレースを、もったいない形でフィニッシュしたので、悔しく思っています。ヒート2も、やはり前が詰まって、今度はかなりの台数による接戦となってしまいました。前を抜こうとすると後ろからパッシングされそうになり、苦しい状況でした。ペースは自分のほうが早かったと思うのですが、混戦の中で勝負ポイントを見つけられなかったことが敗因だと思います。ヒート1で他車と接触し、少し足を痛めてしまったので、まずはしっかり身体をケアし、次戦に臨みたいと思います」

増田一将(IA1・7位/3位)「今年はプライベートチームでの参戦となり、シーズンオフは新チームの立ち上げでバタバタしていて、準備不足な部分もあったと思います。しかし、あまり得意ではないこのコースで表彰台に立つことができ、自信にもつながりました。ヒート1は、序盤に上位を走っていましたが、腕上がりの症状が出て後退してしまいました。ヒート2は最終ラップとは気づかずに小方選手を抜いたのですが、勝負するコーナーは決めていました。マシンが勝てる可能性を秘め、自分にもそのポテンシャルがあることを確認できました。次戦、成田選手の連勝を、同じHondaのマシンでストップできるようにがんばります」

小方誠(IA2・8位/5位)「ヒート1は、ギャップのでき方に対してうまく対処できず、ペースが悪くて思うように追い上げられませんでした。ヒート2は、レース中盤で熱田選手と小島選手に詰まってしまいました。ペース的には自分のほうが早かったと思うのですが、このコースはパッシングポイントが本当に少なく、終盤になんとか小島選手を抜いたのですが、その間に後ろから増田選手や平田選手に迫られてしまいました。熱田選手に勝負を仕かけたかったのですが、後ろのライダーに抜かれないようにもしなければならず、厳しいバトルとなってしまいました。ラストラップで抜かれて表彰台に上がれなかったので、かなり悔しいですが、走りはよかったと思うので、次戦ではよりよい成績が残せるよう、さらにがんばります」

井本敬介 | TEAM HRC監督「開幕戦に続き、Hondaにとっては地元の大会でプレッシャーがかかる大会でした。それでも、成田が開幕戦に続き両ヒート制覇を達成しました。チームとしてもようやく次戦以降、落ち着いてレースに臨めるような気がしています。平田は、ヒート1では表彰台に上がることができましたが、ヒート2ではなかなか思うような展開に持ち込めず、自信と同時に悔しさも残りました。小方も、ヒート1でペースが上がらなかったり、ヒート2で最終ラップに順位を落としたりと、反省するべき点もありましたが、ヒート2では3番手を長くキープし、次戦以降につながる要素も多かったと思います。チーム内でも、いい意味で競争が展開され、プラスとなる緊張感を持って次戦に臨めると思います。もう少しすれば、TEAM HRCで表彰台を独占できる日も来ると思います。期待していてください」

星野優位(IA2・2位/2位)「ヒート1は、レース中盤で三原選手や山本選手から少し遅れたのですが、終盤には追いつくだろうと焦らず走り、実際にその通りとなりました。最終ラップは、せっかくトップに立ったのに、自分のミスでまた抜かれてしまいました。ヒート2は、三原選手を強引に抜こうとしたら、ぶつかってしまいました。開幕戦でも三原選手と接触しているので、申し訳なく思っています。地元大会で勝てず、かなり悔しい思いでいっぱいです。ただし、走りは悪くなかったと思うし、しっかりとシリーズポイントも稼いだので、納得はしています。次戦からもしっかり上位でゴールし、最終的にはチャンピオンになれるようがんばります」

富田俊樹(IA2・4位/3位)「シーズンオフに、Hondaのアメリカ合宿に参加させてもらったのですが、その際に現地でお世話になった方々が、ちょうど来日していて、応援に来てくれていました。ヒート1では、なかなかうまく身体が動かず、順位を下げてしまいましたが、ヒート2では序盤からリズミカルに走ることができ、表彰台に上がってお礼を言うことができたので、うれしく思っています。とはいえ、もちろん走りにも成績にも、まだまだ満足していません。上位のライダーが転倒などで遅れたときでないと、表彰台に上がれていないので、今後は彼らとしっかりバトルして勝つこと、そしてヒート1でも序盤からいい走りをするというのが課題です」

決勝

IA1 : ヒート1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11成田亮Honda2032:32.026
2331新井宏彰カワサキ20+00:05.220
36平田優Honda20+00:12.658
443稲垣佳樹スズキ20+00:17.279
59北居良樹KTM20+00:23.581
614深谷広一Honda20+00:23.761
      
77増田一将Honda20+00:24.169
840小方誠Honda20+00:28.478
1413芹沢翔悟Honda20+01:41.224
2193小林雅裕Honda19+1Lap
2637伊田井佐夫Honda18+2Laps

IA1 : ヒート2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11成田亮Honda2032:26.247
22熱田孝高スズキ20+00:08.158
37増田一将Honda20+00:09.164
46平田優Honda20+00:10.570
540小方誠Honda20+00:11.125
6331新井宏彰カワサキ20+00:17.054
      
814深谷広一Honda20+00:28.459
1313芹沢翔悟Honda20+00:59.737
2293小林雅裕Honda19+1Lap
2837伊田井佐夫Honda18+2Laps

IA2 : ヒート1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1 55 山本鯨 スズキ 20 32:31.966
2 166 星野優位 Honda 20 +00:00.959
3 1 三原拓也 カワサキ 20 +00:02.938
4 50 富田俊樹 Honda 20 +00:27.127
5 57 竹中純矢 カワサキ 20 +00:46.035
6 911 斉藤嵩 スズキ 20 +01:04.456
           
7 113 田中雅己 Honda 20 +01:19.334
8 70 佐藤亮 Honda 20 +01:24.781
9 64 近藤祐介 Honda 20 +01:25.565
13 151 黒澤良太 Honda 19 +1Lap
14 02 村上洸太 Honda 19 +1Lap
15 09 江原大地 Honda 19 +1Lap
19 66 飯田義明 Honda 19 +1Lap
22 68 馬場大貴 Honda 19 +1Lap
23 03 道脇右京 Honda 19 +1Lap
27 08 上佐祥敬 Honda 19 +1Lap
28 58 小川孝平 Honda 19 +1Lap
2901近藤涼太Honda19+1Lap

IA2 : ヒート2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
155山本鯨スズキ2032:15.700
2166星野優位Honda20+00:05.764
350富田俊樹Honda20+00:09.479
41三原拓也カワサキ20+00:21.331
557竹中純矢カワサキ20+00:25.919
6911斉藤嵩スズキ20+00:34.990
      
770佐藤亮Honda20+00:35.446
858小川孝平Honda20+00:37.655
9113田中雅己Honda20+00:54.335
1164近藤祐介Honda20+00:59.712
1402村上洸太Honda20+01:27.648
2068馬場大貴Honda19+1Lap
2203道脇右京Honda19+1Lap
2409江原大地Honda19+1Lap
26151黒澤良太Honda19+1Lap
2866飯田義明Honda19+1Lap
2908上佐祥敬Honda17+3Laps
RT01近藤涼太Honda12DNF

ポイントスタンディング

IA1

順位 ライダー マシン 総合ポイント
1成田亮Honda100
2新井宏彰カワサキ77
3平田優Honda74
4小島庸平スズキ60
5小方誠Honda59
6熱田孝高スズキ57
 
7増田一将Honda57
8深谷広一Honda54
14芹沢翔悟Honda23

IA2

順位 ライダー マシン 総合ポイント
1星野優位Honda91
2山本鯨スズキ88
3三原拓也カワサキ83
4富田俊樹Honda76
5竹中純矢カワサキ55
6佐藤亮Honda54
 
8田中雅己Honda51
9小川孝平Honda47
12近藤祐介Honda30
14黒澤良太Honda18
17村上洸太Honda14
18近藤涼太Honda13
26江原大地Honda6
27馬場大貴Honda3
28飯田義明Honda2
29道脇右京Honda1