MENU

HONDA

検索

round 1

April 8 2012 All Japan Motocross Championship HONDA SAFETY & RIDING PLAZA Kyushu 第1戦 HSR九州(熊本県)
PhotoGallery

SCHEDULE

  • レース情報
  • 決勝

IA1では成田亮が両ヒート優勝で好発進!
IA2でも星野優位が勝利!

2012年4月8日(日)・決勝 会場:HSR九州 天候:晴れ 気温:19℃ コースコンディション:ドライ 観客:7800人

2012年の全日本モトクロス選手権がいよいよ開幕。第1戦九州大会が、熊本県のHSR九州で開催されました。熊本市中心部と阿蘇山の中間付近に位置するこのコースは、二輪車の生産などを行っているHondaの熊本製作所敷地内に設けられた、Hondaのホームコースです。

阿蘇の火山灰によるこの土地本来の黒土と、人工的に運び込まれた褐色土が混ざった、独特かつ複雑な土質もこのコースの特徴。レイアウトはツイスティでコース幅が狭く、さらに今大会は大量の土ぼこりで視界が遮られるシーンが多かったため、スタートダッシュが好成績のカギとなりました。

HondaファクトリーチームとなるTEAM HRCは、昨年に続き全日本最高峰クラスのIA1に参戦。今季はこのチームに、昨年度王者の成田亮が新加入。昨年度ランキング6位の平田優、IA2からIA1へと戻り成田と同じくTEAM HRCに新加入した小方誠の、3選手による必勝態勢で臨みます。

  • 成田亮成田亮
  • 成田亮成田亮
  • 平田優平田優
  • 小方誠小方誠
  • 星野優位星野優位
  • 星野優位星野優位
  • 富田俊樹富田俊樹

●IA1(450/250)ヒート1

成田と平田が好スタートを決め、オープニングラップからTEAM HRCが1-2態勢。今季はプライベートチームから参戦する増田一将(Kazu Racing Project×West wood)が6番手、小方が8番手で1周目をクリアしました。レース序盤、成田と平田は快調に周回を重ね、レースを有利に進めていきました。

4周目、増田がミスにより11番手まで後退し、これにより小方が7番手に浮上。さらに小方は、5周目に田中教世(ヤマハ)が転倒したため、6番手へと順位を上げました。一方のHonda同士によるトップ争いは、成田が平田との差をじわじわと拡大。平田も後続との差を広げ、2番手をキープしました。

ところが、レースがちょうど後半戦に入ったころ、平田がエンジンをストールさせる痛恨のミスにより、4番手へと後退しました。そしてレースは19周でチェッカー。スタート直後から一度もトップの座を明け渡さなかった成田が優勝。平田が4位、終盤まで追い上げを続けた小方が5位、ラストラップで北居良樹(KTM)を抜いた増田が6位に入賞しました。

●IA1(450/250)ヒート2

平田が好スタートを決め、1コーナーを真っ先にクリア。これに成田が続くと、すぐに平田を抜いてトップに浮上。ヒート1に続き、Hondaがレース序盤から1-2態勢を築きました。その後方では、新井宏彰(カワサキ)を挟み、昨年のケガから復帰した深谷広一(TEAM.MOTO.SPORTS.FUKAYA)が4番手、小方が5番手で1周目をクリアしました。

しかし小方はペースが上がらず、2周目に6番手、3周目には7番手へと後退。地元大会となる深谷も、2周目に5番手へと順位を落としました。一方のトップ争いは、再び成田が平田との差をじわじわと拡大。しかし平田も意地を見せ、成田との差を4秒以内にとどめながら、田中、新井と2番手争いを繰り広げました。

ところがレース中盤、平田は4番手へと後退。その後は単独走行となり、4位でのゴールとなりました。その後方では、深谷と小方を含む5台が、レース終盤まで5番手争いを展開。これに競り勝った深谷が5位に入賞。小方は7位でゴールしました。そしてレースは、成田が再び勝利。Hondaが、タイトル奪取に向けて最高の形でスタートを切りました。

●IA2(250/125)ヒート1

今季のIA2は、25歳以上のライダーが出場できないという年齢制限を導入。これにより、新たなスター選手の誕生にも期待が集まっています。決勝ヒート1では、23歳の星野優位(SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS)がトップ、21歳の富田俊樹(T.E.SPORT)が2番手で1周目をクリア。2周目以降、これに三原拓也(カワサキ)を含めた3台が、トップ争いを展開しました。

4周目、富田は三原に抜かれて3番手に順位を落としました。その後、トップ争いが星野と三原に絞られると、スタートから17分が経過した段階で、星野と三原が接触。これにより三原が転倒し、星野が単独のトップとなりました。レース終盤、富田は山本鯨(スズキ)、再び追い上げてきた三原に抜かれて4番手に後退。星野が優勝、富田が4位入賞を果たしました。

●IA2(250/125)ヒート2

星野がホールショットを奪い、ヒート1に続きオープニングラップをトップでクリア。ヒート1では5位に入賞した18歳の小川孝平(Team ITOMO)が3番手、富田は6番手と、好位置を確保しました。富田は、4周目に5番手、6周目にも1台をパスして4番手へとポジションアップ。その前方では、星野、三原、小川の3台がトップ争いを展開しました。

レース後半まで首位の座を守った星野でしたが、残り約10分となった段階で、ついに三原の先行を許してしまい2番手へと後退。また、小川はこの2台からやや遅れました。そしてレース時間残り3分のところで、富田が小川を抜いて3番手に浮上。レースは19周でチェッカーとなり、星野が2位、富田が3位、小川が4位に入賞。星野が総合優勝に輝きました

コメント

成田亮(IA1・優勝/優勝)「新たな体制での初レースということで、ヒート1のスタート前はすごく緊張していました。しかし、運よくホールショットを奪うことができ、楽な展開で勝つことができました。またヒート2でも、再び好スタートからトップに立つことができました。本来ならコンクリート路面でのスタートは苦手なのですが、Hondaのスタッフが僕好みのマシンに仕上げてくれて、しかもよく走るエンジンなので、理想的な展開に持ち込んで両ヒートを制覇することができました。ただし、ヒート2での体力が少し足りていない感じもあったので、今後はその点もトレーニングにより強化していきたいと思います。Hondaでチャンピオンに輝き、同時に日本のモトクロスを盛り上げるというのが、自分の目標です。応援ありがとうございました」

平田優(IA1・4位/4位)「両ヒートとも、非常にいいスタートを切ることができたのですが、もったいないレースをしてしまいました。ヒート1は、自分のミスによりエンジン回転数を落としすぎてしまい、エンストさせてしまいました。しかし、残念な結果とはなりましたが、成田選手にそれほど大きく離されずに走れていたので、手応えの感じられるレースでした。ヒート2は、15分くらいまで我慢の走りを続けていたのですが、粘りが足りませんでした。ミスにより田中選手に抜かれ、これでリズムを狂わせてしまいました。自分の走りをうまくコントロールできるよう、努力を続けたいと思います。チームに成田選手が加入し、いい刺激になっています。まずは1勝。チャンスは必ずあると思うので、この目標に向けてがんばります」

小方誠(IA2・5位/7位)「シーズンオフは、アメリカ合宿に1カ月ほど行き、かなりいい状態でこの開幕戦を迎えることができました。昨年はIA2でしたが、それ以前はIA1への参戦を続けていましたし、450は好きなので、乗り替えは特に問題ありませんでした。今大会のヒート1は、スタートで遅れてしまい、しかも序盤のペースが悪く、中盤以降に調子が上がってきたのですが、5位までしか追い上げられませんでした。予選が中止となり、昨年のランキング順でグリッドを選択したので、IA2から上がった自分には不利でした。ヒート2は、何とかスタートは出たのですが、荒れたコースを攻略しきれませんでした。ただし、全体的にタイムは悪くなかったので、次戦からはもっと走りを安定させ、上位入賞を目指したいと思います」

井本敬介|TEAM HRC監督「両ヒート優勝を達成し、まずは無事に今季のスタートを切れたかなと思っています。両ヒートとも、序盤は1-2態勢を築くことができましたが、平田がヒート1でエンスト、ヒート2は荒れた路面にやや苦労し、ゴールまでこのポジションをキープできませんでした。チームとしては、今回の勝利を手放しで喜ぶことなく、問題点の改善を続けていきたいと思っています。チームとしての今季目標は、チャンピオンを含めたシリーズランキング上位の独占ですが、それぞれのライダーには個別の目標を設定しています。その中で、もちろん成田の目標はシリーズタイトルの獲得です。次戦はHRCから近い川越で開催されます。多くの応援が私たちのパワーになりますので、ぜひ会場まで足をお運びください」

星野優位(IA2・優勝/2位)「ヒート1は、スタートからゴールまで、想像していたよりも自分のペースを維持して走ることができました。中盤、接触により三原拓也選手を転ばせてしまい、レースアクシデントではあったのですが申し訳なく思っています。とはいえ、優勝できたことはうれしく思います。ヒート2も、やはり自分のペースで走れてはいたのですが、三原選手のほうが速く、抜かれてしまいました。後方から三原選手のラインを研究して、走りを修正したのですが、再逆転はできませんでした。しかし、これまで開幕戦で好成績だったことがないので、総合優勝を決められたことで自信につながりました。次戦は地元大会なので、両ヒート優勝を目指します!」

富田俊樹(IA2・4位/3位)「IAに昇格して6年目で、ようやく初表彰台に上がることができました。本心を言えば、25歳以上の実力あるライダーが出場できるうちに表彰台に上がりたかったのですが、それでもやはりうれしいです。今シーズンは、開幕前から調子がよく、6年目にして初めてケガをせず開幕を迎えることができました。さらに、Hondaのおかげでシーズンオフにアメリカでトレーニングをすることができ、体力面も向上しているという実感がありました。だから、早くレースしたいと思っていたのですが、初戦から好成績を収められたので、うれしく思っています。次は、優勝を目指してがんばります」

決勝

IA1 : ヒート1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11成田亮Honda1933:05.442
244小島庸平スズキ19+00:04.712
3331新井宏彰カワサキ19+00:06.475
46平田優Honda19+00:16.381
540小方誠Honda19+00:18.735
67増田一将Honda19+00:19.960
      
1114深谷広一Honda19+00:43.718
1813芹沢翔悟Honda18+1Lap

IA1 : ヒート2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11成田亮Honda1933:06.921
25田中教世ヤマハ19+00:04.169
3331新井宏彰カワサキ19+00:06.268
46平田優Honda19+00:24.602
514深谷広一Honda19+00:29.529
644小島庸平スズキ19+00:33.839
      
740小方誠Honda19+00:34.473
137増田一将Honda19+01:13.383
1613芹沢翔悟Honda19+01:43.023

IA2 : ヒート1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1166星野優位Honda1933:26.821
255山本鯨スズキ19+00:05.515
31三原拓也カワサキ19+00:08.407
450富田俊樹Honda19+00:25.606
558小川孝平Honda19+00:31.855
6113田中雅己Honda19+00:49.854
      
770佐藤亮Honda19+00:51.635
8 01 近藤涼太 Honda 19 +00:54.815
18 151黒澤良太Honda18+1Lap
1968馬場大貴Honda18+1Lap
2164近藤祐介Honda18+1Lap
25 03 道脇右京 Honda 18 +1Lap
26 09 江原大地 Honda 18 +1Lap
28 02 村上洸太 Honda 18 +1Lap
29 85 藤田晃也 Honda 17 +2Laps
30 08 上佐祥敬 Honda 17 +2Laps
RT92松下光Honda7DNF

IA2 : ヒート2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11三原拓也カワサキ1933:38.052
2166星野優位Honda19+00:04.319
350富田俊樹Honda19+00:16.274
458小川孝平Honda19+00:27.399
555山本鯨スズキ19+00:36.112
648池谷優太スズキ19+00:53.386
      
870佐藤亮Honda19+01:10.058
11113田中雅己Honda19+01:17.540
1364近藤祐介Honda19+01:29.283
14151黒澤良太Honda19+01:29.991
20 03 道脇右京 Honda 18 +1Lap
2168馬場大貴Honda18+1Lap
26 08 上佐祥敬 Honda 18 +1Lap
27 02 村上洸太 Honda 18 +1Lap
28 85 藤田晃也 Honda 17 +2Laps
29 09 江原大地 Honda 17 +2Laps
RT 01 近藤涼太 Honda 7 DNF

ポイントスタンディング

IA1

順位 ライダー マシン 総合ポイント
1成田亮Honda 50
2新井宏彰カワサキ 40
3小島庸平スズキ 37
4平田優Honda 36
5田中教世 ヤマハ 30
6小方誠Honda 30
    
7深谷広一Honda 26
10増田一将Honda 23
17芹沢翔悟Honda 8

IA2

順位 ライダー マシン 総合ポイント
1星野優位Honda 47
2三原拓也カワサキ 45
3富田俊樹Honda 38
4山本鯨スズキ 38
5小川孝平Honda 34
6佐藤亮Honda 27
    
7田中雅己Honda 25
12 近藤涼太 Honda 13
14黒澤良太Honda 10
18近藤祐介Honda 8
23馬場大貴Honda 2
24 道脇右京 Honda 1