MENU

HONDA

検索
IRL
モータースポーツ > IRL インディカー・シリーズ > 第10戦 ミルウォーキー 決勝
レース
アメリカ 第10戦 7月24日
ミルウォーキー
レース情報 予選 決勝 フォトギャラリー
リザルト ポイント
レース情報
Rd. Date
01 3/6 マイアミ
02 3/19 フェニックス
03 4/3 セント・ピーターズバーグ
04 4/30 ツインリンクもてぎ
05 5/29 インディアナポリス
06 6/11 テキサス
07 6/25 リッチモンド
08 7/3 カンザス
09 7/16 ナッシュビル
10 7/24 ミルウォーキー
11 7/31 ミシガン
12 8/14 ケンタッキー
13 8/21 パイクスピーク
14 8/28 インフィニオン
15 9/11 シカゴランド
16 9/25 ワトキンス・グレン
17 10/16 カリフォルニア
第10戦 ミルウォーキー
拡大する
ダリオ・フランキッティが2位でゴール。
Honda Indy V-8勢は6人がトップ10フィニッシュ
7月24日(日)・決勝
サーキット:ザ・ミルウォーキー・マイル 天候:快晴 気温:36℃

 100年を越す歴史を持つ、テクニカルな1マイル・オーバル、ザ・ミルウォーキー・マイルで行われたIndyCarシリーズ第10戦ABCサプライ・AJ・フォイト225は、太陽が照りつける暑さの中で行われた。スタート時の気温は36℃に達し、路面温度は44.5℃という高温になっていた。コーナーのバンクが9.25度と緩やかなためにマシンセッティング、そしてオーバーテイクの難しいコースでのレースは、ダリオ・フランキッティ(アンドレッティ・グリーン・レーシング/Honda・ダラーラ)が予選8位から6つのポジションアップを果たし、トップと0.3836秒差の2位でゴールした。優勝はサム・ホーニッシュJr.(マールボロ・チーム・ペンスキー)だった。

第10戦 ミルウォーキー 第10戦 ミルウォーキー
拡大する 拡大する

 フランキッティはレース中盤の130周目に行なった2度目のピットストップから、225周のゴールまでを無給油で走る作戦に出た。170周目にほとんどのマシンがピットロードへと向かう中でコース上に留まり続け、Honda Indy V-8の燃費の良さを武器に勝利を狙ったのだ。しかし、終盤の180周目過ぎにアクシデントによって出されたフルコースコーションで後続との差が縮まり、目指す勝利を掴むことはできなかった。それでもフランキッティは、先週の優勝に続く2位フィニッシュにより、ポイントスタンディングをさらにひとつ上げ、チームメイトのダン・ウェルドン(アンドレッティ・グリーン・レーシング/Honda・ダラーラ)に68ポイント差に迫る2位タイとなった。

 昨年度シリーズチャンピオンのトニー・カナーン(アンドレッティ・グリーン・レーシング/Honda・ダラーラ)は、フランキッティと同じ作戦を採用して4位でゴール。ポイントリーダーのウェルドンは、予選4位からレース中盤にはトップを走ったが、170周目にピットへと向かい、最終的に5位でフィニッシュした。

 ブライアン・ハータ(アンドレッティ・グリーン・レーシング/Honda・ダラーラ)は12位スタートから6位、ヴィットール・メイラ(レイホール・レターマン・レーシング/Honda・パノス)は11位スタートから9位、そしてスコット・シャープ(デルファイ・フェルナンデス・レーシング/Honda・パノス)は13位スタートからは10位に入り、Honda Indy V-8勢はトップ10に6人が食い込んだ。

 昨年、最後列スタートからトップ10入りを果たしている松浦孝亮(スーパーアグリ・フェルナンデス・レーシング/Honda・パノス)は、今年も予選では20位となる苦戦を強いられていたが、レースでは安定したペースを保ち続けて着実にポジションを上げ、今回のレースでもっとも多い9つのポジションアップを果たして11位でゴールした。

 予選で10位に食い込む好パフォーマンスを見せたロジャー安川(ドレイヤー&レインボールド・レーシング/Honda・ダラーラ)は、暑さの中でハンドリングが悪化したために15位でゴール。女性ルーキードライバーのダニカ・パトリック(レイホール・レターマン・レーシング/Honda・パノス)は、126周目にアクシデントによりリタイアを喫した。

第10戦 ミルウォーキー 第10戦 ミルウォーキー
拡大する 拡大する
コメント

ダリオ・フランキッティ(アンドレッティ・グリーン・レーシング) 2位
「サム・ホーニッシュJr.とチーム・ペンスキーは、僕らよりも速いマシンに仕上げていた。今日は完敗だ。彼らにおめでとうと言いたい。チームの作戦は見事で、終盤にトップに立つことができたが、燃費セーブを続けなくてはならず、逃げ切ることはできなかった。我々としては作戦も含めて、全力を出し切った。サム(・ホーニッシュJr.)が、ターン2でミスをしてトップに再び立った時には優勝も可能かと考えたが、彼は復活してきた。2位という良い結果を残し、ポイントをさらに重ねることができたので満足している」

トニー・カナーン(アンドレッティ・グリーン・レーシング) 4位
「もっと良い結果をもちろん期待していたが、今日のレースでは4位でのゴールは悪くないものだった。その時その時で、おかれた状況ごとにベストの結果を手に入れることが大事だ。今日は本当に暑くて、レースは体力的に非常に厳しいものとなっていた。今までレースをしてきた中で、もっとも過酷だったとさえ言えるかもしれない。その上、路面がとても滑りやすくなっていたことも、レースを難しくしていた。そんな状況の中、またこうしてトップ5フィニッシュを果たせたことを嬉しく思う」

ダン・ウェルドン(アンドレッティ・グリーン・レーシング) 5位
「今回もチームは素晴らしい力を安定して発揮してくれ、トップ5フィニッシュを果たすことができた。僕のマシンは優勝を狙えるレベルに仕上がっていた。それだけに、終盤に少しペースを下げてしまったのは残念だった。ミルウォーキーでは同じぐらいの速さを持っているマシンをパスするのが非常に難しく、終盤にどのポジションを走っているかが大きな意味を持っていた。今日のレースで僕は多くのラップでトップを走ることができていたし、サム(・ホーニッシュJr.)との勝負ができるものと終盤を楽しみにしていたのだが…。作戦面は自分たちのものがベストだったか、これからもう一度レースを分析し直す必要があるだろう」

松浦孝亮(スーパーアグリ・フェルナンデス・レーシング) 11位
「厳しいレースになることはわかっていましたが、その中でミスすることも、マシンを壊すこともなく最後まで走り切ることができました。非常に暑い中でのレースで、体力的にもきついものがありましたが、11位で完走できたのは決して悪い結果ではないと思います。マシンのハンドリングは最高というレベルではありませんでしたが、まずまずのものに仕上がっていました。パノス・シャシーはダラーラ・シャシーに対してショートオーバルで、特に不利が大きくなっていますが、次のミシガンは高速コースなので、自分たちとしては良いレースを戦えるものと信じています」

ロジャー安川(ドレイヤー&レインボールド・レーシング) 15位
「予選からマシンのセッティングはほとんど変えていなかったのですが、昨日から今日にかけて路面のコンディションが大きく変わったためか、レースでのマシンはオーバーステアがひどくて序盤に大きくポジションを下げざるを得ませんでした。終盤までには何とかマシンを良い方向へと持っていくことができましたが、序盤に失ったポジションを挽回するのは難しかったですね。予選で10位に食い込めたことでチームのモチベーションも上がっています。次のミシガンではいい走りを見せることができると思います」

ロバート・クラーク: HPD社長
「ダリオ・フランキッティは、フルコースコーション中の170周目にピットインを行わない作戦でトニー・カナーンともどもトップに立った。そこからのレースが最後まで燃費セーブモードで戦われていたら、我々が優勝することも可能だったと思われる。松浦孝亮は最後列からのスタートながら、苦しいハンドリングのマシンで粘り強いレースを見せ、11位フィニッシュを果たした。ロジャー安川も予選でのパフォーマンスが素晴らしく、チームの力が上昇してきていることを示した。ダニカ・パトリックはクラッシュを喫したが、それもまたひとつの経験だ。着実に成長を続け、マシンセッティング能力も高めている彼女は、シーズン終盤にさらに力を発揮してくることだろう」

ページの先頭へ
決勝リザルト:ポイントランキング
順位 No. ドライバー チーム C/E/T
1 6 S.ホーニッシュJr. Marlboro Team Penske D/T/F -
2 27 D.フランキッティ Andretti Green Racing D/H/F +0.3836
3 4 T.シェクター Panther Racing D/C/F +0.6502
4 11 T.カナーン Andretti Green Racing D/H/F +4.5174
5 26 D.ウェルドン Andretti Green Racing D/H/F +6.1270
6 7 B.ハータ Andretti Green Racing D/H/F +11.7849
7 83 P.カーパンティア Red Bull Cheever Racing D/T/F +1Lap
8 51 A.バロン Red Bull Cheever Racing D/T/F +1.7627
9 17 V.メイラ Rahal Letterman Racing P/H/F +17.5723
10 8 S.シャープ Delphi Fernandez Racing P/H/F +4Laps
11 55 松浦孝亮 Super Aguri Fernandez Racing P/H/F +5Laps
12 20 E.カーペンター Vision Racing D/T/F +6Laps
13 9 S.ディクソン Target Chip Ganassi Racing P/T/F +9.4891
14 91 J.カイト Ethanol Hemelgarn Racing D/T/F +7Laps
15 24 ロジャー安川 Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +13Laps
16 3 H.カストロネベス Marlboro Team Penske D/T/F +19Laps
17 15 B.ライス Rahal Letterman Racing P/H/F +61Laps
18 2 B.ラジアー Panther Racing D/C/F +96Laps
19 16 D.パトリック Rahal Letterman Racing P/H/F +100Laps
20 10 D.マニング Target Chip Ganassi Racing P/T/F +191Laps
21 14 A.J.フォイト4世 A.J. Foyt Enterprises D/T/F +206Laps
22 33 R.ブリスコー Target Chip Ganassi Racing P/T/F +225Laps
ドライバー
順位 ドライバー C/E/T 総合
ポイント
1 D.ウェルドン D/H/F 377
2 S.ホーニッシュJr. D/T/F 309
2 D.フランキッティ D/H/F 309
4 T.カナーン D/H/F 306
5 H.カストロネベス D/T/F 274
6 S.シャープ P/H/F 250
7 V.メイラ P/H/F 241
8 T.シェクター D/C/F 240
9 B.ハータ D/H/F 238
10 P.カーパンティア D/T/F 227
11 D.パトリック P/H/F 209
14 松浦孝亮 P/H/F 185
16 B.ライス P/H/F 161
20 ロジャー安川 D/H/F 143
ポイント一覧へ
  ドライバー:ルーキー
順位 ドライバー C/E/T 総合
ポイント
1 D.パトリック P/H/F 209
2 R.ブリスコー P/T/F 159
3 T.エンゲ D/C/F 131
4 P.ダナ D/T/F 44
ポイント一覧へ
マニュファクチャラー:エンジン
順位 マニュファクチャラー 総合
ポイント
1 Honda 86
2 トヨタ 75
3 シボレー 59
ポイント一覧へ
マニュファクチャラー:シャシー
順位 シャシー 総合
ポイント
1 ダラーラ 100
2 パノス 70
ポイント一覧へ
ページの先頭へ