インサイト試乗レポート

自動車評論家がインサイトを試乗インプレッション。
プロの視点から見た、インサイトの魅力に迫ります。

自動車評論家がインサイトを

試乗インプレッション。

プロの視点から見た、

インサイトの魅力に迫ります。

インサイトの凄さはトランクを見ればわかる!
新型ホンダ・インサイト公道試乗記

インサイト イメージ

ホンダ・インサイトが三代目に移行した。ユーザー側から見れば、なぜいま、市場が限定されたセダンを出すの?とか、ボディはシビックと共用?とか、いろいろな疑問も浮かんでいるかもしれない。ではまず、新型インサイトの成り立ちから紹介しよう。

PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)/ニューモデル速報編集部 REPORT●ニューモデル速報 森本太郎(MORIMOTO Taro)

新型(三代目)インサイトは、文字通りホンダの環境車の方向性を示すブランドとして、より具体的にいうと、ホンダ・ハイブリッド車を牽引する存在として販売されてきた。初代は2シーターに割り切ってまで燃費にこだわった先鋭的モデル。二代目はIMAシステムとともにハイブリッド車自体を普及させる目的のハッチバックボディだった。

インサイト イメージ

1999年発売の初代インサイト。“ミライのクルマ感”はハンパない。ハイブリッド車でありながら、車両重量は驚愕の820kg。

インサイト イメージ

二代目インサイトは2009年発表。プリウスのライバルとして量販ハイブリッド車の役割を担った。これまでの小型ハイブリッドカーの多くがハッチバックスタイルを採るのは、空力だけでなく、ユーティリティを確保するためにハッチバック構造を採らざるを得ないという事情もあった。

三代目インサイトは、2018年末に登場。搭載車両を拡大し続け、そのたび高評価も拡大しているスポーツハイブリッドi-MMDを満を持して新投入している。パワー感や燃費の良さもさることながら、よりリニアリティの高い上質なドライブフィールをもつi-MMD投入を機に、一気に上級上質なサルーンを目指すキャラクターとなったのだ。セダンボディが選ばれたのは、メインマーケットの北米で、従来型インサイトの小さく狭いハッチバックボディでは勝負にならないから、というのが大きな理由のひとつで、北米でもっとも多くの人が欲しいと感じる正統派のCセグメントセダンカテゴリーに投入されることになった。

インサイト イメージ

初代、二代目が積んだIMAシステムに替えて、伸張著しいスポーツハイブリッドi-MMDを積む。これまでのi-MMD車は、PHV(=クラリティ)を除いてすべて2.0Lエンジンとの組み合わせだったが、インサイトでは初めて1.5Lエンジンとの組み合わせて搭載される。1.5L i-MMDが出来たことで、さらに別車種への搭載の可能性が広がった。

インサイトは確かにシビックとの共通点も少なくないモデルだが、ハイブリッド専用車のインサイトと、コンベンショナルなエンジン車のシビックでは、ライドフィールはまったく異なる。むしろ資源の有効利用と考える方が適切で、元々、歴史上初めてタイプRまでをも初期計画に含めて開発された現行シビックのボディやプラットフォームは非常に基礎体力が高く、よりスポーティに(シビック)振るにも、上質に(インサイト)振るにもやりやすかったとメーカー開発者も認めるところだ。

インサイト イメージ

乗り心地や静粛性や、ドライバビリティ、ACCを含めたリニアリティ、などなどの面で、とにかく走りの上質感がもの凄い。

実際にドライブしてみた印象はどうなのか?NEXT
1 2

本コンテンツは、株式会社 三栄書房が運営するウェブサイト モーターファン(motor-fan.jp)2019年1月29日に掲載されたものです。