SPECIAL TIE-UP

さまざまな角度からINSIGHTの世界観にフォーカス。
各メディアとのタイアップ企画をご紹介。

#モータースポーツ
レーシングドライバーさとう たくま佐藤琢磨

佐藤琢磨 プロフィール
佐藤琢磨

#モータースポーツ
さとう たくま佐藤琢磨レーシングドライバー

F1、インディカー両方の表彰台に上がった唯一の日本人。学生時代の自転車競技から一転、20歳でレーシングスクールに入り、モータスポーツの世界へ。2002年にF1デビューし、2004年アメリカグランプリにて表彰台に上がる。2010年からはインディカー・シリーズにチャレンジし、2013年ロングビーチグランプリにて日本人初優勝を成し遂げ、世界最高峰のレースと言われるF1とインディカー両方で表彰台に上がった唯一の日本人ドライバーとなる。更に2017年は世界三大レースの1つと言われるインディ500で優勝を果たし、内閣総理大臣顕彰をはじめ多くの賞を受賞。2018年第16戦のポートランドにて3勝目を上げ、2019年も引き続きレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングからインディカー参戦を表明。

【Meister’s INSIGHT】
“アジアで唯一、インディ500のチャンピオンの鍛錬とは”

「チーム全体でお互いの相乗効果で最高のシーズンに!」

スピード感覚っていうのはやっぱり大事だと思います。道具を使うスポーツなので、やっぱりその道具を知ってその力というか、その潜在能力を10、ないし100に近づける作業するのがレーシングドライバーだと。速く走らせるためにはエンジニアと共に共同作業でセッティングを煮詰めていくので、そこでもコミュニケーション能力が必要だと思います。一方、スピードのセンスとタイヤの使い方も超重要!

佐藤琢磨

自分自身が準備できるところは100%やっていきたいと思っていますし、やっぱりレースなので、時にはチームの得意・不得意もあるし、得意じゃない分野は2018年シーズンも見えたんですけど、なんとかして押し上げようとチーム全体でモチベーションがすごく上がっているので、みんながそうなら自分も頑張らないと、とお互い相乗効果で最高のシーズンにしよう!と今、着々と準備を進めています。

SPECIAL TIE-UP トップへ