MENU

HONDA

検索

Round16アメリカポートランド

決勝

2018年9月2日(日)

会場 : Portland International Raceway

天候 : 快晴

気温 : 19~20℃

 第16戦 ポートランド 決勝

ポートランドで佐藤琢磨が予選20番手からキャリア3勝目
Hondaはシーズン10勝目を表彰台独占で飾る

インディカー・シリーズ最終2戦はアメリカ西海岸で行われます。第16戦は2007年(前身のCARTシリーズ)以来となるオレゴン州ポートランドでの開催。ワシントン州との州境を流れる大河、コロンビア・リバー沿いに造られたポートランド・インターナショナル・レースウェイは州内最大の都市であるポートランドのダウンタウンのすぐ北という絶好のロケーションで、11年ぶりに戻って来たインディカーイベントにはとても多くのファンが集まりました。

3日間とも快晴に恵まれ、全長1.964マイルのロードコースは、フラットですがチャレンジングなコーナーを多く配したテクニカルなレイアウトとされています。

スタート直後に中団グループで4台以上が絡むアクシデントがあり、ポイントリーダーのスコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)が巻き込まれ、マシンへのダメージこそ小さかったのですが、最後尾まで順位を下げました。しかし、その後すぐにチャンピオン争いをしているウィル・パワー(Team Penske)が単独アクシデントを起こすなど、レースは波乱の展開が続きました。

佐藤琢磨(Rahal Letterman Lanigan Racing)は最初のフルコースコーション中に燃料を補給し、燃費セーブを強く意識した走りで上位を目指し、105周のレースの71周目にトップに立ちました。そのままトップグループに残ることができた佐藤は、最後のピットストップを行ったあとにピットタイミングを違えた作戦のマックス・チルトン(Carlin)の後ろの2番手にいったんは下がりましたが、チルトンが給油のためにピットへと消えるとトップに戻り、その後はライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)とバトル。プッシュトゥパスを巧みに使いながらハンターレイとのリードを1秒程度に保ち、ミスなく走り続けてチェッカーフラッグを受けました。佐藤にとって今シーズン初勝利、キャリア3勝目、常設ロードコースでの初勝利が記録されたのです。

2位はハンターレイ、3位はセバスチャン・ブルデー(Dale Coyne Racing with Vasser-Sullivan)でHondaは今シーズン10勝目を1-2-3フィニッシュの表彰台独占で飾りました。

ポイントリーダーのディクソンは、レース展開も味方につけたスマートな戦いぶりで5位まで大きくポジションをばん回してフィニッシュ。ランキング2番手でポートランドを迎えていたアレクサンダー・ロッシ(Andretti Autosport)は、最多リードラップのボーナスポイント2点を稼ぎましたが、展開に作戦を合わせ切れず、持っていたスピードを活かし切れずに8位でのゴールとなりました。ディクソンのポイントリードは26点から29点に広がっています。

コメント

佐藤琢磨(優勝) 「今シーズンの私たちは非常に厳しく、難しいレースウイークエンドを2度ほど経験して来ていますが、今日のレースでは最後に出されたフルコースコーションが味方になってくれましたね。もっとも、その前に私たちが決勝に用意したマシンに競争力のあるスピードが備わっていたというのも事実でした。予選は失敗に終わりましたが、そのおかげでレース用に新品のソフトタイヤ2セットを残すことができましたし、2度のピットストップでゴールまで走り切る作戦を選んだのが正解で、それが完全にはまってトップに立ち、最後はライアン・ハンターレイとのバトルを楽しんで、彼にアタックのチャンスをほぼ与えることなくゴールまで走り切ることができました。このような勝利を、これだけたくさん集まってくれたファンの前で飾ることができるなんて、今日は自分の人生でも最高の1日になりました」

決勝リザルト

順位 No. ドライバー エンジン 周回数 タイム/差
130佐藤琢磨Honda1052:00'09.7537
228ライアン・ハンターレイHonda105+0.6084
318セバスチャン・ブルデーHonda105+1.8266
421S.ピゴットシボレー105+4.5557
59スコット・ディクソンHonda105+5.3215
622S.パジェノーシボレー105+11.4605
723C.キンボールシボレー105+12.0057
827アレクサンダー・ロッシHonda105+13.3769
919ピエトロ・フィッティパルディHonda105+18.3753
101J.ニューガーデンシボレー105+19.8044
126カルロス・ムニョスHonda105+22.7069
1660ジャック・ハーヴェイHonda105+32.4191
1926ザック・ヴィーチHonda104+1Lap
2039サンティノ・フェルッチHonda101+4Laps
225ジェームズ・ヒンチクリフHonda76+29Laps
2315グレアム・レイホールHonda4+101Laps
2410エド・ジョーンズHonda0+105Laps
2598マルコ・アンドレッティHonda0+105Laps

ポイントランキング

ドライバー

順位 ドライバー エンジン 総合ポイント
1スコット・ディクソンHonda598
2アレクサンダー・ロッシHonda569
3W.パワーシボレー511
4J.ニューガーデンシボレー511
5ライアン・ハンターレイHonda462
6S.パジェノーシボレー428
7ロバート・ウィッケンズHonda391
8グレアム・レイホールHonda378
9セバスチャン・ブルデーHonda369
10ジェームズ・ヒンチクリフHonda361
11佐藤琢磨Honda341
12マルコ・アンドレッティHonda332
 
14エド・ジョーンズHonda303
15ザック・ヴィーチHonda281
23ザカリー・クラマン・デメロHonda122
24ジャック・ハーヴェイHonda77
25カルロス・ムニョスHonda71
26ピエトロ・フィッティパルディHonda63
28コナー・デイリーHonda58
32ステファン・ウィルソンHonda31
33サンティノ・フェルッチHonda28
34オリオール・セルビアHonda27
37ジェイ・ハワードHonda12

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース